JA4VNE ☆ Log Book

YG : 山口県 山口市





★PHOTO @沖縄県竹富島

大分県東国東郡姫島村 移動

2020年11月01日 | 旅と無線

大分県東国東郡姫島村( JCG#44010/A  IOTA AS-012 Kyushu's Coastal Islands _ Hime)で無線運用をするため山口から国道2号線を車で西下、関門トンネルを抜けて九州本土までやって来ました. 9月末から1ヶ月ぶりの 6エリア、北九州から大分県北部へ10号線→212号線経由での移動となります.(下道を通ります・・・)


10月30日金曜日夕方、先ずは国東半島の山中にある「夷谷(えびすだに)温泉」(豊後高田市)に直行し、旅の汗を流しました. この温泉は別府や湯布院に比べるとやや地味な存在ですが、さすが " 温泉県おおいた " だけあって泉質はバツグン!です.

 

30日金曜日、国東市国見町の「 道の駅くにみ 」で前回と同様の " 車中泊 " です. 他にもキャンピングカーを含めた5台ほどが泊っており、何となく安心感があります. 31日土曜日の運用なのですが、国東市伊美港から姫島行きの第一便に乗船するためにはここで待機(車中泊)するのがベターです.


10月31日土曜日、車は九州本土側の 姫島村営フェリー 伊美港(国東市国見町)村外者無料駐車場に置き、人間(私)と無線機材だけでのフェリー&徒歩移動です.出航前の06:00過ぎ、 待機中の車内からスマホ→EcoLink→WIRES経由で 山口市内モービル移動中のローカル局 FTYサンとのんびりラグチュー.実はこの時、 姫島行き第一便が 06:40発だと思い込んでいました.しかし他の乗客や船員の気配で出航が近いことに気付き、FTYサンに慌ててファイナルを送った後、重い機材を引きずりダッシュ~! 伊美港 06:20発 の フェリー出航1分前になんとか間に合いました!!(次の便は 1時間10分も後の07:30発です) そして船上で日の出を迎え、ダッシュで乱れた心を落ち着かせたあと 無事、姫島に上陸できました! 

大分県東国東郡姫島村です. 村内での移動先は前回と同様の「姫島港フェリー広場」.下船後、徒歩で重たい機材をかかえての徒歩移動は、この場所がベストでしょう. 港の前なので売店が利用できるし、広場内には きれいなトイレ(なんとシャワー式!)もあります.アンテナを張るための樹木や、適当な木陰も確保できます.ただし村のイベント会場にも使われるようなので、事前に村役場のホームページ等で確認しておく必要があります .

 

今回の移動運用の無線機材は、Elecraft KX2、東京ハイパワー50Wリニア HL-50B、MFJトラベルチューナー MFJ-902Bです.KX2にはオートアンテナチューナーが内臓されていますが、リニアを接続するため念のため入れています. そして aserネットPCはKX2に接続してあり、周波数が連動するのでとても便利です. アンテナは 7/10/14MHz ギボシ切替式アンテナ(自作)を6m長のDAIWA玉網柄を使って上げました. 電源はKX2用が専用リチュウム電池2個、HL-50B用は 新津ビジネスクリエーション(NBC)の153Whリチュウム電池 BTL-50TXS を使いました.


運用は 08:20より 7MHz帯で開始.この季節は国内が広く開けており、09:30の1時間で78局とQSOできました. 09:50からは10MHzにQSYし、8~2エリアまで54局とQSO. 昼前休憩を挟んで、11:45から再度7MHzにQSYして20局とQSO. モービルホイップ+カメラ脚立につなげていたハンディ機 FT-2XDから山口県周南市移動中の山口ローカル局BWJサンのCQが聞こえたのでコールし、144MHz FMでしばらくラグチュー.1000ⅿの山頂からとのことで、青空に映えた紅葉が絶景とのうらやましいお話でした!

 

FMラグチュー続きで12:40より7MHz SSBにオンエア. 前回の移動時は大パイルになってしまいましたが、今回は呼びにまわり各局とのんびりQSOし、場所代のかわりに全国の各局へ「 姫島村 」をPRしました.毎月1回、東京から大分に出張していたというOM(今はコロナで和歌山からリモート勤務)も、『 大分県の瀬戸内海沖にそんな島があるとは知らなかった ・・・』と言われていました.

 

 ▽ J-Cluster レポートありがとうございます!(OYD/OUWサン)

14:30からは再度7MHz CWにオンエア. 14MHzのコンデションも気になってたまにワッチしたのですが、当局が聞く限りでは国内が開けていませんでした. 

14:40 リニアHL-50B用電源 BTL-50TXSの容量が少なくなってきたので、これにてQRT、撤収します. 50W運用で、休憩中も電源をOFFしなかったので、リニア用電源が早く減ってしまったようです.LEDランプは最後の1個点灯してパワーも出ていたのですが、途中で切れるといけないので早めに止めました. 全QSO数は174局でした.


姫島港 15:20発 のフェリーで九州本土側の伊美港へ戻りました. お相手いただいた各局、姫島村のみなさん(勝手に広場を使わせてもらいました)、道の駅くにみ のスタッフさん(勝手に車中泊しました)、大変ありがとうございました!

  JA4VNE-9 (自家用車)のAPRS軌跡           は姫島です

山口から大分へ行くにはスオーナダフェリー 徳山港(周南市)ー 竹田津港(国東市)に乗船すると、海上を 2時間で直接 国東半島まで行けて 安くて早くて楽チンなのですが、(車がないと)下船した竹田津港から伊美港までの4Km の間の交通の便が悪く不便です.かといって、徳山港から車を乗せると車両航送代がベラボウに高い(当局の車両= 5mまで 12,950円)ので、当局は予算節約のため大回りの陸路、しかも下道を4時間以上かけて移動しました.高速道路を利用しても3時間以上かかります.

 

DE  JA4VNE/6

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 大分県東国東郡姫島村 移動準... | トップ | QRPコンテスト »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (JH4BWJ)
2020-11-06 21:11:39
姫島移動、お疲れさまでした。
島根県境の山、莇ヶ岳からのQSOありがとうございました。
姫島のVNEさんや秋吉台のISQさんと山口ローカル各局とQSOできるとは思ってなかったのでFBでした。ただ、山口市内の固定局とはつながりませんでした。
いずれにしても、いつも山から眺めている姫島へ電波で上陸できたことは、個人的には感動ものでした!
QSOありがとうございます! (JA4VNE)
2020-11-06 22:03:01
姫島移動でBWJサンとQSOでき、VUをセッティングした甲斐がありました。
VUはアンテナがショボいので、高い山でないと本州方面へ富んでい行きません。
デュアルバンド八木(3/5エレ)を持って行こうと準備したのですが、フェリーで運ぶのが大変で止めました。
島なのでホイップくらいでもVUは飛ぶと思ったのですが、甘かったです・・・  

コメントを投稿

旅と無線」カテゴリの最新記事