JA4VNE ☆ Log Book

YG : 山口県 山口市







PHOTO: 沖縄県竹富島 コンドイ浜

UKRAINIAN DX CONTEST

2021年11月08日 | コンテスト

11月6日(土)21:00 ―11月7日(日)21:00(JST)に開催された Ukrainian DX Contest (ウクライナDXコンテスト)、当局は日曜日午後から21MHzバンド CWで参戦しました.現在サイクル25が動き始めていて、ハイバンドのコンデションがとてもFBです.昨年もこの時期はよかったのですが、今年はさらにサイクル25がパワーを増した感じです!


21MHzバンドでは13:00過ぎからUkrainaやAsiatic Russia、EU Russiaのビッグ・ステーションが聞こえ始めました.そして16:00ころからはDLやF、EAといったEUの西方面まで開けてきました.このコンデションは日没後も続いていましたが、応答率が下がったので当局は19:00過ぎにコンテスト参戦を終了しました.

結果は下の通り.100局超えた程度でしたが、当局のpoor-System(200W+10mH 2el Yagi)としては上出来です!

       


ちなみに昨年の結果が⤵ こちら

           


UKRAINIAN DX CONTESTはEU方面の参加が多く、JAからCQを出すと結構呼ばれて楽しいです.またJA局同士も有効なのですが、国内が開けていなかったこともあり1局(ローカル局)のみでした.昨年も3バンドに出ましたが、JAとのQSOは0局でした. WPXやIOTAコンテストではJA局同士のQSOも盛んですが、Ukraina のコンテストは(JAでは)ちょっとマイナーですかねぇ・・・

クリミヤ半島併合やドネツク州独立問題など、Russiaとの問題を抱えるUkraina.日本からは遠い国ですがアマチュア無線は大変アクティブで、HFハイバンドでEU方面が開けている時間帯にCQを出すと、高い確率でUkraina-UR局からコールがあります.QSOの機会が多い分、現地の状況を伝える国際ニュースも気になります.

 

DE  JA4VNE

コメント   この記事についてブログを書く
« QRPコンテスト | トップ | 50MHz Eスポ出てますね! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

コンテスト」カテゴリの最新記事