JA4VNE ☆ Log Book

アマチュア無線局 JA4VNE

山口県山口市

広島WASコンテストは6局・・・

2020年03月02日 | コンテスト

2月29日(土) 21:00 ~ 3月1日(日) 17:00JSTに 「 第28回 広島WASコンテスト 」が開催されました. このコンテストはルールにより運用時間とバンドが決められています.主催者 JARL広島県支部サイトによると下記区分になっているので、3月1日 9:00から3時間ほど運用ができる 14MHzと50MHz を覗いてみるとにしました.

JARL広島県支部サイトから

9:00JST、7エレ八木を東方面に向け50MHzをワッチすると、広島?方面の局がSSBで辛うじて聞こえてます.一方14MHzの方は、当局のアンテナ(ロータリーDP)ではまったく入感しておらず、先ずはコンディションが上がるまで50MHzをパトロールすることにします. 

このコンテストは同一バンドで電話、電信、デジタルの各々が得点として有効なので、50MHzでは各局 SSB優先?で出ているようです.わずかに聞こえるCWもランニングしている局が少なく、かつ東向けビームなのか?なかなか呼ぶタイミングが合いません.3エリア大阪の固定らしきCW局も聞こえましたが、結局、SSB3局のみ(防府市移動1、大竹市移動1、福山市固定1=有名なコンテスター)でした.

△JARL広島県支部サイトから

10:00JSTころから14MHzのコンディションが少し上がってきました.この時間帯はWJ6J局(オレゴン州ポートランド)のCWが強力な信号でランしていましたが、他はSSB、CWとも(当局のプアなアンテナでは)まったく聞こえません・・・ 11:00ころになって、ようやく8エリアのCWが入感するようになりました. 結局、14MHz の方はCWしか聞こえず3局のみ(オレゴン州1、北海道2)に終わりました. 

 

このコンテストは、3月1日 13:00から17:00JSTまでの 7MHz が " ハイライト " だと思いますが、用事があったので出られませんでした.もっともエントリーした種目が既に終了していると、その後のコンディションを気にする必要もなく精神衛生上GOODですね! なお、50、14MHz ともFT8と思われる信号が複数、強力に入感していましたが、スキルのない当局は解読不能でした・・・

2バンド合計の全QSO数は6局でした.シングルバンドは2種目にログ提出できるのですが、この数字なので14MHzバンドのみとしました. 各局、お相手ありがとうございました.

 

DE  JA4VNE

コメント   この記事についてブログを書く
« 防府市 (JCC#3306) 富海海水... | トップ | 八重山諸島 移動計画 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

コンテスト」カテゴリの最新記事