ツナさんの小部屋

団塊世代のおじさんの趣味や生活の一部を紹介します。同じ趣味を持つ人たちと交流できればうれしいと思います。

平成23年度中国地区電波適正利用推進員定例研修

2011年09月17日 11時08分54秒 | アマチュア無線
 昨日は、平成23年度中国地区電波適正利用推進員定例研修に参加するため、広島に出張しました。

 ほぼ1年ぶりでしたが、残暑厳しく汗をかきながらの研修参加となりました。

 研修の内容は、

 1 「大災害発生時の情報流通の確保について」

 2 「700・900MHz帯周波数の再編について」

 など、興味深い話を聞くことが出来て有意義でした。

 午後は、広島市の消防本部を訪問し、防災行政無線システム・消防通信指令管制システム・救急画像伝送システムなど、現役の通信設備を見学することが出来て、これまたとても興味深かったです。

 

 これは通信指令室の写真です。テレビドラマなどでおなじみの光景ですね。

 

 屋上のアンテナ群

 

 広島市と言えば中国地方最大の都市なので、さぞかし最新の機器を取りそろえ、超効率的な運用を行っていると思っていましたが、建物も決して新しいとは言えず、まだまだアナログ機器が健在で、言い方が適当でないかも知れませんが古い機材を大事に使っている印象がありました。

 どこの自治体も経費の節減には、苦労しているようですね。(^_^;)

 久しぶりの雨の中を帰ってきましたが、いい勉強をさせてもらいました。
コメント