沖縄・台湾友の会

《台湾に興味のある方》《台湾を愛する方》《不治の病・台湾病を患ってしまった方》皆んなで色々語り合いたいものです。

パキスタン航空、カブール便を暫時中断   タリバンの航空管制は「まったくの素人、危険極まりない」

2021-10-15 16:32:44 | 日記
「宮崎正弘の国際情勢解題」
令和三年(2021)10月15日(金曜日)
通巻第7083号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 パキスタン航空、カブール便を暫時中断
  タリバンの航空管制は「まったくの素人、危険極まりない」
***************************************

 パキスタン航空はタリバンのカブール制圧以後、イスラマバードとの定期便を確保し、国連職員、世銀、IMF、ジャーナリストなどおよそ3000名を運んだ。
 10月14日、同航空は「カブール空港の管制が素人、あぶない」として、「カブール ─ イスラマバード便を暫時中断する」と発表した。

 管制官が素人、英語もあまり得意でなく、遅れることも頻発している。そのうえ、パキスタン航空はこれまでにおよそ40万ドルの保険料を支払って、毎便300名を輸送してなんとか元を採ってきたが、以後はコスト割れになると説明した。

 現在、カブールに乗り入れているのはパキスタンのほかカタール航空くらいで、時折トルコ航空がチャーター便を飛ばした。

 アフガニスタンには「カム・アエ」(KAM AIR)があるが、法外な値段をふっかけているという。
 ちなみにカブールからイスラマバードへの通常運賃は1200ドル(13万2千円)だが、パキスタン航空は2700ドル(297000円)の高値もこともあった。

 「カム・エア」は、20万ルピー(パキスタンルビーは対円で0・667)。邦貨換算で133400円。これではよほどの金持ち以外、アフガニスタン国民の海外脱出は経済コスト的に無理である。
 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル (... | トップ | 立共協力 共産の筋書き通り ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事