J備忘録

パソコンを使っていて困った時に調べたことを書き残していきます.PC(主にDebian)に関する備忘録です.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

VirtualBoxの共有フォルダ

2008年01月13日 | VirtualBox関連
VirtualBoxの共有フォルダを自動マウントさせます.

ホストOS側で「share」という名の共有フォルダを用意し,それをゲスト側でマウントします.
共有フォルダを用意すること以外は全てゲスト側で作業を行います.


for Linux

共有フォルダ「share」(ホストOS)を「/mnt/share」(ゲストOS)にマウントします.

「/etc/rc.local」に以下を追加しますが,「exit 0」より前に書きます.
mount -t vboxsf share /mnt/share

書式:
mount -t vboxsf マウント対象 マウントポイント
mount -t vboxsf -o OPTIONS マウント対象 マウントポイント

これで次回以降の起動後には共有フォルダがマウントされているはずです.


※起動時に自動的にマウントさせたいので「/etc/fstab」に書きたいのですが,/etc/fstabの読み込み時にはまだ「vboxsf」が使えないらしく,マウントに失敗してしまいます.なので,起動直後にマウントされるように「/etc/rc.local」に書いてやります.
※vboxsfで使えるオプションはuid,gid,modeなど.


for windows

共有フォルダ「share」(ホストOS)を「ネットワークドライブのXドライブ」(ゲストOS)にマウントします.

コマンドプロンプトで
net use x: ¥¥vboxsvr¥share

書式:
net use ドライブレター: ¥¥vboxsvr¥共有フォルダ名


コマンドは正常に終了しました。

と表示されれば成功です.直後から利用できます.


※一度,実行してしまえば再起動後もマウントし続けるようです.
※Windowsにはオプションは無いようです.
※半角の¥が表示されないので全角で表示してあります.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 最新OpenOfficeのインストール | トップ | 「apt-get update」の失敗 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

VirtualBox関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事