J備忘録

パソコンを使っていて困った時に調べたことを書き残していきます.PC(主にDebian)に関する備忘録です.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

xorg.confファイルを生成

2008年06月25日 | Linux全般
前日まで問題なく使えていたXが突然起動しなくなってしましました
xorg.confファイルが破損するとXが起動しなくなることがあるようです

xorg.confファイルを作り直してXを起動させます


1.シングルユーザモードで起動します

2.rootでログインし,以下のコマンドを実行します

# Xorg -configure

実行後に「/root」に「xorg.conf.new(←うろ覚え)」という名前で新しいxorg.confファイルが生成されます

3.新たに生成されたxorg.confファイルを「/etc/X11」に移動させます

# mv -f /root/xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf


4.再起動してXが起動すればOK


※これでXが起動しなければ別の問題があるのかも?
※ホントなら新しいxorg.confファイルのテストとかもしなきゃいけないはず
※その場でとっさにやってしまったので何が原因でエラーになったのか分かりません
コメント   この記事についてブログを書く
« SCIMの日本語入力問題 | トップ | VBoxManage(旧ヴァージョン) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Linux全般」カテゴリの最新記事