長野県の棚田

長野県の棚田の写真を載せてあります。
見てください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「限界集落」は今・・・・・(美麻村・二重・大藤)

2007-11-13 08:24:27 | 棚田
ここは美麻村・二重・大藤です。(現:大町市)



秋に使い終えた「はざ木」がありました。
「はざ木」これから冬、そして来秋まで北アルプスと向かい合います。



大藤集落から見た池ノ平集落です。
「限界集落」は今真っ盛りの秋です。
白馬三山が真っ白です。

限界集落:65歳以上の高齢者が自治体総人口の過半数を占める状態を「限界集落」と名付けました。

中山間地を中心に、過疎化・高齢化の進行で急速に増えて来ています。
このような状態となった集落では、集落の自治、生活道路の管理、冠婚葬祭など、共同体としての機能が急速に衰えてしまい、やがて消滅に向かうとされています。
共同体として生きてゆくための「限界」として表現されています。

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 月が天高く・・・・(美麻村... | トップ | 小春日和の棚田(八坂村・笹尾) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

棚田」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

? (美麻Wiki (PukiWiki/TrackBack 0.3))
藤/お祭り/藤井神社 藤/観音堂 藤/魚の京を水源とする用水 藤/史跡 [ 前のページへ戻る ] 藤の沿革 ▲ ▼藤の誕生  藤のルーツははっきりしないが、興味のある地名がある。  「城(じょう)、城の峰(じょうのみね)、城の下(じょうのした)」は大藤の...
限界集落 (岳山に吹く風は!)
このごろ出来た言葉?のようだが 『65歳以上の高齢者が地域集落人口の過半数を占める状態をいい、中山間地を中心に、過疎化・高齢化の進行で急速に増え、このような集落では、自治...