♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

渡部悌治「ユダヤは日本に何をしたか」

2015-01-11 21:54:26 | 歴史
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今、渡部悌治「ユダヤは日本に何をしたか」を読んでいます。
フリーメーソンは「地上に楽園を築いて人間を改造する」ことを目指す団体として1717年に近代フリーメーソンとして発足した」
そして「君主は単なる機関、道具にすぎないとして、各国の瓦解を狙って国家の解体を策したのである。また1782年には、ヨーロッパ中の高給メイソンたちがドイツに集まって、フランス革命の計画とルイ十六世の処刑とを決議している」(P64-P65)
とあります。
美濃部達吉の「天皇機関説」もユダヤに教授されたものです。またその反対意見の東大のお方が居ましたが、これもそうではないのか?今のところわかりません。両刀(両建て)ということがありますから。
美濃部都知事が「ゼロ歳児保育」を推進したのも<児童教育の支配><家族と道徳の廃止>を目途としたユダヤ戦略と言えます。両者とも彼ら▲に操られたコンプラドール(おもちゃ)そのもの。
 明治維新は完全に彼らのワナにはまった状態で、現在の日本の姿は明治初期に作り替えられていました。たいへんなことです。
彼らは主権の重要な「通貨発行権」を利用して日本を自由自在に操っていることがわかりました。
是非、この本をおすすめします。

平成27年1月11日 20:24発信

 明治維新は通貨発行権を手に入れるためのフリーメーソン革命であった そして英国にオランダが攻め入ったのも通貨発行権を手に入れるためであった 通貨発行権で世の中を制圧できることは聖書に書かれてある イスラエルの通貨(なんという名称か?忘れた)と同じ名前の通貨で聖職者が儲けていたらしい? だから通貨発行権で世界を支配するのは聖書の時代からあったことである 南北戦争もその通貨発行権を手に入れるためであったわけだ 戦争はこのことをめぐるものが多い?というより通貨発行権そのものであろう? 人類が知らないだけだ この通貨発行権をわれわれ人類の意識下にしたのはかれらである つまり彼らは通貨発行権をわれわれの意識から消し去る作業を昔からそう、英国の1694年からやってきている これをオーケストレーション(総合的な仕掛け)というらしい? 哲学、歴史、音楽、教育、マスコミ、会社、などすべての分野で通貨発行権を消し去るorchestrationが行なわれているので人類は通貨発行権について分からないのだ これがニーチェ以来の大衆操作?か?なんか?しらないが?こんなもので、そしてマルクスと一体となって、人類はやられているのである かれらはギリシャの神々なんて自らを称しているらしい? なんという名称か?は忘れた? そしてかれらは聖書発想の民をよりマインドコントロール(洗脳)するためにその記述に添って事を行っている 星の運行に合わせて事を行なうことも念入りにやっている オリンピアンズにふさわしいことをやっているのだ ギリシャの神々となるために・・・ だからピザゲートなのである(平成28年12月31日 09:02)

 この書籍は自分は全部読んでない どうしてか?つまりスパイ活動の記録であるからだ そして一ページ読むのもだいぶ時間がかかる それだけ凝縮されているということ
 それは別世界(スパイの世界)であるからである 日本人はスパイを意識下にするオーケストレーション(総合的な仕掛け)をやられている スパイを知らないのだ 映画007がその仕掛けであったのだ これがタヴィストックのサイオプス(心理操作)である この文章を読んでもすぐには理解できないはずだ それは軍人と研究所の研究者だけがわかる世界である そして戦前の子供達でさえ知っている世界なのだ 現代人(戦後の)には理解できない世界であるからだ 日本人以外の中国人とか西洋人はわかる世界である それだけ日本人はガラケーである だから現在のような悲惨な現状になっているのだ
 すべてかれらのオーケストレーション(総合的な仕掛け)である 女王様が1946年に命令した静かな戦争、音の出ない兵器ということだ
 これに人類が気づいたのが1%99%という名称を示されてからだ 共産主義社会を示す言葉である かれらは共産主義者なのだ かれらの複雑脳を理解するのは人類には困難を伴う 早期に大学に悪魔教学部を設置しなければならない 現在の研究所はすべてわれわれ人類をターゲットとする研究である だから教育とアカデミズム、マスコミを支配してスムーズな侵略が出来るのだ 研究所の名刺を持っている者は敵!と認識しなければならない 気をつけろ!研究所の名刺を持っている者に・・・ ニューエイジであるのだ この短い文章を理解できるお方はたいしたお方である 自分が部落を理解できなかったことと同じくらい時間がかかる文章なのだ ひとつひとつの事象が関連がまったくない!と見えるがつながっているということ かれらがわれわれの社会の隅々まで連絡員を配置しているのだ お茶がどこにあるか?までわかっている どこにホクロがあるかまでわかっているからだ かれらはわれわれの人物像を詳細に知っている(なんという名称か?わすれた?) ま、FACEブックだ? われわれは彼らを知らない どうしてか? 寄生体は己の存在を隠す習性に満ち溢れているからだ 人間のからだには100種のどうしても排除不可能の寄生体がいるそうだ? サナダムシなら排除できるがこれらは不可能だという? この寄生の者達が彼ら(三百人委員会=ロスチャイルド=イルミナティ 各国の首脳は彼らを「魔術師」と呼んでいます ハリーポッターなのです)であるということ だから通名を使ったり職業をいつわったりするのだ これはイルミナティ綱領に書かれてある 己の存在を消せ!という命令だ そしてテレビに出てくる学者連中はすべて魔素(まそん フリーメーソンのこと)であること かれらは魔素であることを公にすることは許されていない
コメント   この記事についてブログを書く
« リチャード・ヴェルナー「銀... | トップ | 日銀はユダヤの私立銀行なり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事