♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

今回の台風19号(2019年10月12日。)で日米FTAはともかく?教員の会社員化?が決まったらしい。【これがショック・ドクトリンです。】

2019-10-21 19:42:51 | 歴史
今回の台風19号(2019年10月12日。)で日米FTAはともかく?教員の会社員化?が決まったらしい。【これがショック・ドクトリンです。】 2019-10-19


ヒトラーと同じヴィルヘルム二世の血流らしい(白人研究者)。
ヒトラーは女王様のいとこ(ベンジャミン情報。)。






RK。






宇野正美氏の知人が東北地方の無い地図を311東北大震災の1ヶ月前に
マッソン=ユダヤ人の手ノ者(忍者のこと)集会会場で見たことです(YouTube。)。
彼ら
あくまでも東北地方を狙ってんです。福島の死者数が一番多いのです。


日本を滅ぼす=日米FTA
日経新聞夕刊(2019年10月8日夕刊。)
日欧EPAおよびTPP
4年間。国民に知らせない。という条項があるそうです。
安倍晋三政権
修正もなにもしないで、一連の売国法を成立させたのは、
このEPAとTPPを隠すためです。=これには少し修行が必要です。

産経新聞(2019年10月12日。)



私は、ジョン・タイター(彼らがアニメでつくった人物。)
は、
1984のビッグブラザーの変名だと判断しています。
ジョン・タイターの2020年未来地図。




中国の日本分割地図(2050年。)









  ーーー 馬ドロボー ーーー
だまされると負けです。だまさんないように賢くならなければなりません。
 彼らは馬ドロボーです。
アメリカでは馬ドロボーは子供でも知ってます。薬を売って効かないとわかった頃に、馬を盗んで逃げ去る後の祭りのことを言います(白人研究者)。
 馬ドロボーで検索してみてください。彼らが馬ドロボーを隠していることがわかります。

日本の支配層
かれら
同期
していることを知らなければならないのです。
これ?重要?なことですが。=右翼も左翼も同期してんです。
 実は右翼左翼なんて言ってる連中は右翼でも左翼でもなく彼らの仲間です。
証拠は=大企業が金儲けすることに絶対!絶対!抗議しないことだ。
 具体的には、
刺青?見せて、右翼のデモに参加し、次の日には刺青?隠して左翼のデモに参加する。
 右翼の書き込みをして、別アカウントで、その書き込みに抗議する左翼の書き込みをすることです。
一般人は仕事に忙しくてそんなことやってられません。⬅︎これを知ってください。
どういうこと?
かれらの仲間
だということです。
 馬ドロボーの仲間です。
殺さんないように注意してください。
そういうことです。



マイノリティー支配をしているのもそういうことです。=不幸をもたらすことです。


 テレビでアメリカの軍事関係をたくさんやっていたなんとかいうお方が、
冷戦時代、留学先の教授
に、
アメリカとソ連は核戦争するんですか?と聞いたら?
 白人同士が殺し合いするわけないじゃん?と簡単に答えたそうだ。


これがトランプとプーチンの関係である。そういうことです。簡単な話です。



だまされると負けです。賢くならないとやられます。



 こいつらは馬ドロボーです。
アメリカでは馬ドロボーは子供でも知ってます。薬を売って効かないとわかった頃に、馬を盗んで逃げ去る後の祭りのことを言います(白人研究者)。
 馬ドロボーで検索してみてください。彼らが馬ドロボーを隠していることがわかります。


かれら
この長期アジェンダは、
電気の60と50のサイクルだかなんだかが違うことが証拠です。
長期アジェンダ(超長期アジェンダではない。超長期アジェンダは何百年、何千年のもの。)
彼ら
日本に背乗りしようとしていることは車は左側通行のことだ。






憲法学者。宮澤俊義がーーー 敗戦革命だ〜!! ーーーと言って一晩で自己の主張を変えた(八月共産主義革命。)ことです。
 つまり、
アメリカの支配層と日本の支配層はグルで先の戦争で=日本が負けることをグルっていたのです。
 宮澤俊義はショック・ドクトリンであることを一晩でさとったのです。



⬇︎⬇︎⬇︎先の戦争は日本人虐殺であったことです。
魔女裁判を一挙にやったのです。
 かれらに不都合な日本人をホロコーストしたのです。






アメリカの支配層と日本の支配層はグルで先の戦争で=日本が負けることをグルっていたのです。
どういうこと?
日本人を殺しまくったことです。
魔女裁判はかれらに都合の悪い土人を殺しまくることだったのです。
 土人のリーダーたるべき方々だったのです。



日本人は先の戦争で
一挙に
300万人殺されました。
アメリカの支配層と日本の支配層はグルで先の戦争で=日本が負けることをグルっていたのです。




  ーーー 台風19号のショック・ドクトリンでやらかしたこと。 ーーー
台風19号(=これぞ!ショック・ドクトリンです。)の翌日か?翌々日?あたりに決まったこと。
(1)教員に変形労働制を導入 働き方改革で改正案決定 - 共同通信
・・・たぶん?教師が公務員ではなく民間人(会社員。)になる?という話?と?私は判断します。
=ブッシュの例をみてもこれは明らか?です?
(2)外国法事務弁護士 活動範囲広げる法改正案 閣議決定 - NHKニュース
(3)社外取締役を上場企業などに義務づけ 会社法改正案を閣議決定 - NHKニュース
なお、
三菱電機(安倍晋三の兄貴。)が気象兵器コントロールの特許出願を出したそうです。
・・・私は台風19号の結果が良好?で?特許を認められる?とふんだ?と判断しています。
(4)電子マネー脱税をやり放題にしたこと(電子マネー政治献金やり放題。)。





プーチン閣下が言ったことは=気象兵器はあります。ということです。
 あの?小保方晴子博士がSTAP細胞はあります。と言ったことと同じです。
STAP細胞はアメリカに馬ドロボー。されましたがね?








2015年8月
タイフーン・カトリーナ(ショック・ドクトリン)
ブッシュがやらかしたことは
(1)FEMA部隊を出動させて米国人(ほとんど黒人。)を強制収容所にガンガン!ぶち込んだことです。
これは、有色人種の強制収容所ぶち込み。を意味します(白人研究者)。
 日本は石破なにがしが言っているように、防災省(これぞFEMAです。)を創設することになります。
(2)英国のサッチャーの教育改革(サッチャーがやらかした新自由主義政策。)をやり、公立学校を私立学校(民営化。)したことです。
 現在の日本は、ブッシュがやったハリケーン・カトリーナの実験結果をそのまま日本に当てはめている?と私は判断します。
これが、
アメリカがやったことは10年後に日本にやってくる?という話が本当だ!という証拠です。



連続しての ーーー ショック・ドクトリンでやられたこと。 ーーー
台風19号は2019年10月12日でした。
 自民党は創価学会と同じように完全に!!乗っ取られました。
完全な福音派です。



ーーー 【黙示録】最後の審判。 ーーー
最後の審判とはハルマゲドンのことです。
 異教徒はすべて死に絶え、信徒だけが生き残ることです。
福音派(日本では統一教会という変名です。)
【黙示録】「最後の審判」を待望するウンマ(宗派。)であることがなんとなく理解できる感じが私には感じられます。
最後の審判で信徒は生き残り、異教徒は全滅することが?
福音派
(1)ユダヤ人をおがむこと。
(2)イスラエルをおがむこと。
(3)核戦争(最後の審判。)を待望すること。
刷り込みます。
福音派とは【心のふるさとイスラエル】=「核戦争を待望するウンマ(宗派)」です。
【黙示録】「最後の審判。」で信徒は生き残り、異教徒は全滅します。

「心のふるさとイスラエル」の山谷えり子。




<福音派動画> ジーザス・キャンプ



 福音派(日本では統一教会という変名を使っています。)
は、
かれらが150年前につくった(白人研究者)のです。新興宗教です。
 ちょうど。
明治維新の時期です。
 日本が多数の新興宗教の設立でにぎわいました。
現在の大宗教になって有りて在るものです。=かれらにバックアップされているのです。かれらにそのように誘導されたのです。
 私は、福音派は通貨発行権を隠すために創設された?と判断しています。








(1)

(2)

(3)





ブッシュ家はアメリカに渡った時点ですでにロスチャイルド家だった(白人研究者)。
小泉純一郎はロックフェラーの子孫であるらしい(白人研究者)。
両者ともジョージ1世血流なのだ(ラプト。)。
安倍晋三もジョージ1世の血流である(白人研究者)。ヴィルヘルム二世のタレ目が似ている?(白人研究者)。


ブッシュ先人

ロックフェラー1世



⬇︎⬇︎⬇︎小泉進次郎の日本人ホロコースト



⬇︎⬇︎⬇︎先の戦争は日本人ホロコーストだった




コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 日本人のアメリカ歴史認識が... | トップ | ブッシュは小泉純一郎に40... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教師のいじめ (土佐のしろうさぎ)
2019-10-20 18:46:04
在日教師のいじめ これは日本人教師締め出して 教育かいの解体を狙っているそう公言した人がいた この逆らえない若い教師にしたことがこれ マスコミも日教組には面と向かって 自治労組の

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事