♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

​ワクチンは毒の集合体です。最悪❗️死亡です。【ワクチンは最も古い詐欺です。】2021/10/15

2021-10-22 08:44:05 | 「ワクチン詐欺」は3年で死ぬ集団ストーカーなんだわさ‼️
ワクチンは毒の集合体です。最悪❗️死亡です。【ワクチンは最も古い詐欺です。】2021/10/15

このスレは削除される可能性があります。魚拓願います。
同じ内容のスレが削除されました(2021/10/15)。



JK Trump Supporter Japan
https://twitter.com/jktrump11


嘘をつけ!騙せ!盗め!
      もっと嘘をつけ!
騙される奴は頭?悪いと言ってます。



ワクチン公式「ジェンナーの種痘実験は失敗だった」
ワクチン公式「ワクチンは最も古い詐欺」
ワクチン公式「ワクチンは猛毒の集合体」
            ↑↑↑これは基本ですので覚えておいて下さい。
               みんな?この公式を知らないから方程式を解けないんです。


副反応は”だまし言葉”です。
我々は副作用だと思わされています。


ーーー ワクチン毒主作用 ーーー
「副反応」は薬に💊使う用語です。
  「副反応」は薬💊の副作用だと
            我々をだます”新開発だまし用語”です。
     副反応はオレオレ詐欺ですね。
副反応ではなく主作用です。
  ワクチン毒主作用にやられたんです。ワクチン被害者はね。
みんな?テレビで言ってる副反応を使ってます。悲しい😭ことです。

↓↓↓わかってる医者さまでも副反応を使ってる
    ので余計に騙されています。
      が、、、命に関わりますんでやむを得ません。


泣いて生まれてきたけれど



ーーー 毒の集合体 ーーー
きゃつら‼️猛毒(青酸カリみたいなもの)を薬💊だと騙してんです。
ワクチンは毒の集合体です。

血が🩸ドロドロ
↓↓↓ラプト氏のサイトです。
http://rapt-plusalpha.com/health/post-20881/




奇形児◀︎消されました。




不妊ワクチンの開発

DSは不妊ワクチンの開発に成功しました。
 ま、毒の開発なんでラクチンですたい。





ーーー ワクチン成分表 ーーー
ワクチンの中身。内海聡ブック



↓↓↓騙しのイベルメクチン
 イベルメクチンは不妊になります。



下記のコメント欄を開いて見てください。
 重要な情報があります。


「現在わかっている限りにおいて、
すべての生物病原体は天然に存在するものである。
…われわれの体を感染性の疾患から守っている免疫系の機能を、
この微生物は損なってしまうという点にある。」
P.118医療殺戮

vaccination(ワクチン)の寄生虫
世界的に著名な臨床科学者ロバート・ヤング博士が新型コロナワクチン4社の成分を分析すると、酸化グラフェン以外にファイザー製ワクチンには、「寄生虫」を確認しました。寄生虫のクルーズトリパノソーマなど、さまざまな種類のワクチンに含まれるものを確認しました。
 博士によると、ファイザーのワクチンにはトリパノソーマというエイズやアフリカ睡眠病の原因にもなる寄生虫が確認されました。これは世界一危険な寄生虫ランキングのTOP2にランクインされるほど危険であり、他の生物組織を破壊し、血液やリンパを吸う極めて致死率が高い寄生虫です。この原虫は、通常は、感染者やヒト病原性寄生虫を保菌する通称ゾンビ蠅と呼ばれるツェツェバエに刺されて人に伝播します。
ところがゾンビ蠅のパワーが最初からファイザーワクチンにちゃんと入っていると、世界権威の臨床科学者が指摘したのです。このゾンビ蠅の持つトリパノソーマが人の免疫システムを騙して、宿主の脳や脊髄まで感染が進み、人の免疫システムが抗体を作る前に別の1000個の遺伝子を使ってアイデンティティを変化させ、新しい抗体を作らせる方法で免疫システムを錯乱させるそうです。
 ワクチン接種でゾンビになるとは、このゾンビ蠅が発想の起源なのでしょうか。
さて、この眼中に宿り、患者を失明させた
ハリガネムシもどきの新種はまさか遺伝子操作によって人間向けに作られた改造種であり、ワクチンからの混入目的は、カマキリやコオロギ同様、マインドコントロール!人間ゾンビ化実験。人口削減かもしれません。
 寄生虫のように狂った闇組織の連中は、もともと、そこを切望しているのだから。
であれば、ワクチン接種により、寄生虫体内混入、脳に作用する神経伝達物質によって、マインドコントロール、そして寄生虫が成虫した時・・・はた目には集団自殺!?まさか!  
こんなグロテスクな話!と私も思いますが、似た事例の疑惑もあります。これも私が気付いただけで、誰かに聞いた訳もない証拠なき話なのですが、可能性大いにありと思います。   
と言いますのは、ロックフェラー財団傘下のモンサント社が、他社の発明を買い取りました。
それは
自死因子という遺伝子組み換え技術の一環であり、これを遺伝子組み換え作物に挿入すると、種が子孫を残さず、収穫後に最初から組み込まれていた自死因子の働きで一代で自殺したかのように種だけ死にます。ゆえに種を新たに来年分にとれないから農家は毎年、新たにモンサント社から種を買わされ企業は儲かります。
この自死因子のことを別名
ターミネーター技術
と言います。意図的と思われますが、フリーメイソンのアーノルド・シュワルツェネッガーの主演映画ターミネーターが、1984年からシリーズ化されヒットしましたが、遺伝子組み換え作物に自死因子、ターミネーター技術が導入されたのもちょうど同じ時期です。その時期からアメリカでは遺伝子組み換え作物が解禁となり、各種の病気も急増しています。映画では、未来技術の殺人ロボット・ターミネーターが人間に戦争を仕掛けて人口削減しますが、ターミネーターは、昔の農業にはなかった未来技術の遺伝子組み換え作物を象徴します。


20代の男性が親(両親?)の運転する車🚙のドア(自ら)を開けて道路に投げ出され、
 後続車に轢(ひ)かれて死亡したのは自殺だったそうです。


   ーーー F1  ーーー
私は、ロックフェラーが買い取った会社は、
精子を殺す因子?を見つけた会社だということ(白人研究者)
            を思い出しました。
そして、
F1種を開発した。と記憶しています。
F1は子供を作りません。
ただ?優秀な種が(たまに)出るといいます。
混血が優秀な人物がいることは確かです。
あの?都立大教授だった東大理3を追い出された人物はそうかな、と私は考えています。
しかし、F1は代を経るごとにろくでもない種になるとも言われます(白人研究者)。



コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 彼ら(ロスチャイルド)は、す... | トップ | 急性心筋炎は風邪🤧気味・不整... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (宇宙人)
2021-10-15 11:39:57
Sukuna @SukunaBikona7

イベルメクチン、いよいよ怪しげな方向に向かいだしつつあるな…。

https://twitter.com/SukunaBikona7/status/1448615430445158419


はまじわらじ @RlVVyMBinmwzdxE 12時間

もうここまでくると、飲んでも無いのに面白がってアレコレ書いてる気がします。
Unknown (宇宙人)
2021-10-20 09:30:49
47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

https://rapt-plusalpha.com/health/post-16398/

ネット上では、かねてより「コロナウイルスの存在を証明する科学的エビデンスはない」と指摘されてきました。

実際、各都道府県で「感染者が新型コロナウイルスだというエビデンス」「死亡者が新型コロナウイルスだというエビデンス」の開示請求を行った結果、どの県からも「不開示回答書」が発行され、コロナウイルスの存在を証明できる資料が一つもなく、開示できなかったことが明らかになっています。
Unknown (宇宙人)
2021-10-20 09:35:38
ワクチンで集団自殺 接種者の眼球に寄生虫が見える!製造業者直撃!酸化グラフェンは本当に動くのか?

https://ameblo.jp/jesus39god/entry-12704634361.html

まさか!あまりに恐ろしいホラーみたいな話      

まずは勇気ある方、クリックしてください。短い衝撃動画です。    

https://twitter.com/dori1713/status/1449772457141968911?s=29

この動画は、凄過ぎです。閲覧注意です。コロナワクチンを受けた人が失明しました。

しかも、その眼球の中に寄生虫が元気に動いているのが、はっきり見えます!

眼球の中を勢いよく泳いでいるこの寄生虫は、私が見たところ水中でも強く生きるハリガネムシに非常によく似ています。ハリガネムシはカマキリを酔っ払いのようにあちこち歩かせ、最終的に水場へと導いて溺れさせる寄生虫です。

寄生されたカマキリの脳はある種の神経伝達物質のカクテルに冒されています。このカクテルをつくったものこそ、ハリガネムシという寄生虫です。

ハリガネムシは、線形動物から進化して分岐した類線形動物に属する生き物で、成虫は長さ数十センチ、直径数ミリほどの細長い糸状の体をしており、体の表面がクチクラという硬い膜におおわれ、体節はなく、ミミズなどのように伸び縮みはしないが、グネグネとよく動きます。その見た目がまるで「針金」のようだというのが名前の由来です。

現在までに世界で326種、日本で14種が見つかっていますが、種によって、カマキリやカマドウマ、コオロギ、キリギリスといった特定の昆虫を宿主とし、宿主の体内では体表から栄養を吸収して成長。寄生しているのは幼虫で、成熟すると宿主の体からニュルニュルと脱出して、水中で自由生活を送るようになります。集団入水自殺したかに見えるこの行為は、その体内に寄生しているハリガネムシによってそう仕向けられたものです。

科学者が成熟したハリガネムシの寄生している宿主の脳を調べたところ、行動量や場所認識、視覚に関わるいくつかの神経伝達物質が、異常に発現していたそうです。

この寄生虫はカマキリの脳に作用する神経伝達物質によって、彼らを活発に動きまわらせながら、水面の光を好むように仕向け、太陽や月の光を反射して輝く水面に集団で身を投じさせます。同じことはカマドウマに寄生する種でも行われ、コオロギに寄生する種では、コオロギを操って鳴かなくさせます。宿主のエネルギー浪費を防ぐと同時に、鳴き音で捕食者に見つかって一緒に食べられてしまわないようにしていると考えられています。ハリガネムシがなぜわざわざ手間暇かけてカマキリの神経伝達物質をつくり、その行動をマインドコントロールで操って入水させているかというと、水中に脱出してパートナーとめぐり逢い、交尾をするためです。しかし、はた目には、カマキリやコオロギの集団入水自殺にしか見えません。  

世界的に著名な臨床科学者ロバート・ヤング博士が新型コロナワクチン4社の成分を分析すると、酸化グラフェン以外にファイザー製ワクチンには、「寄生虫」を確認しました。寄生虫のクルーズトリパノソーマなど、さまざまな種類のワクチンに含まれるものを確認しました。博士によると、ファイザーのワクチンにはトリパノソーマというエイズやアフリカ睡眠病の原因にもなる寄生虫が確認されました。これは世界一危険な寄生虫ランキングのTOP2にランクインされるほど危険であり、他の生物組織を破壊し、血液やリンパを吸う極めて致死率が高い寄生虫です。この原虫は、通常は、感染者やヒト病原性寄生虫を保菌する通称ゾンビ蠅と呼ばれるツェツェバエに刺されて人に伝播します。

ところがゾンビ蠅のパワーが最初からファイザーワクチンにちゃんと入っていると、世界権威の臨床科学者が指摘したのです。このゾンビ蠅の持つトリパノソーマが人の免疫システムを騙して、宿主の脳や脊髄まで感染が進み、人の免疫システムが抗体を作る前に別の1000個の遺伝子を使ってアイデンティティを変化させ、新しい抗体を作らせる方法で免疫システムを錯乱させるそうです。

ワクチン接種でゾンビになるとは、このゾンビ蠅が発想の起源なのでしょうか。

さて、この眼中に宿り、患者を失明させたハリガネムシもどきの新種はまさか遺伝子操作によって人間向けに作られた改造種であり、ワクチンからの混入目的は、カマキリやコオロギ同様、マインドコントロール!人間ゾンビ化実験。人口削減かもしれません。寄生虫のように狂った闇組織の連中は、もともと、そこを切望しているのだから。

であれば、ワクチン接種により、寄生虫体内混入、脳に作用する神経伝達物質によって、マインドコントロール、そして寄生虫が成虫した時・・・はた目には集団自殺!?まさか!  

こんなグロテスクな話!と私も思いますが、似た事例の疑惑もあります。これも私が気付いただけで、誰かに聞いた訳もない証拠なき話なのですが、可能性大いにありと思います。   

と言いますのは、ロックフェラー財団傘下のモンサント社が、他社の発明を買い取りました。

それは自死因子という遺伝子組み換え技術の一環であり、これを遺伝子組み換え作物に挿入すると、種が子孫を残さず、収穫後に最初から組み込まれていた自死因子の働きで一代で自殺したかのように種だけ死にます。ゆえに種を新たに来年分にとれないから農家は毎年、新たにモンサント社から種を買わされ企業は儲かります。

この自死因子のことを別名ターミネーター技術と言います。意図的と思われますが、フリーメイソンのアーノルド・シュワルツェネッガーの主演映画ターミネーターが、1984年からシリーズ化されヒットしましたが、遺伝子組み換え作物に自死因子、ターミネーター技術が導入されたのもちょうど同じ時期です。その時期からアメリカでは遺伝子組み換え作物が解禁となり、各種の病気も急増しています。映画では、未来技術の殺人ロボット・ターミネーターが人間に戦争を仕掛けて人口削減しますが、ターミネーターは、昔の農業にはなかった未来技術の遺伝子組み換え作物を象徴します。
Unknown (宇宙人)
2021-10-20 11:14:00
まさ @sambadouro 10月16日

コロナワクチンのヒト胎児腎細胞(HEK293)使用の内幕が一気にわかる恐ろしい文書。今まで言われていた「中絶胎児」ではなかった

https://twitter.com/sambadouro/status/1449238240934776832

タマホイ複数の音符 @Tamama0306 10月14日

ピッツバーグ大学が、ファイザー社がコロナワクチンの実験で使用したHEK293細胞株が中絶された胎児ではなく
「帝王切開で取り出された、生きた赤ん坊の腎臓を切り取って採取したもの」であると告白

https://www.thegatewaypundit.com/2021/10/exclusive-pfizers-nervousness-covid-vaccines-origins-conceals-horror-story/

記事内のファイザー社員によるリーク動画

https://twitter.com/tamama0306/status/1446048940051156993?s=21


まさ @sambadouro 13時間

>アストラゼネカ社はHEK293T細胞を使用して自社のワクチンを開発し、他にもワクチンが承認されたカンシノBiologics社とGamaleya Research Institute社(スプートニクVワクチン)の2社が使用しました。


まさ @sambadouro 13時間
>胎児のDNAとタンパク質はCovid-19ワクチンにも含まれています。遺伝子工学者のテレサ・ダイシャー博士は、抗原を培養液から完全に分離することは不可能であると説明しています。

ダイシャー博士:ワクチンの製造に使用された細胞株からの汚染物質を含め、これらすべてが最終製品に含まれています。


まさ @sambadouro 13時間

>一次培養には生きた組織が必要なので、これらの中絶は、妊娠2〜4ヶ月の胎児を生きたまま届ける「ウォーターバッグ」法で行われることが多い。(中絶された胎児の手足や臓器、組織は、現代の医学研究の柱にもなっています)。


まさ @sambadouro 13時間

>はしか、おたふくかぜ、風疹、水ぼうそう、帯状疱疹、ロタウイルス、アデノウイルス、狂犬病などのワクチンには、ヒトのDNA断片が含まれている。


まさ @sambadouro 13時間

>生きたまま出産されるだけでなく、恐ろしいことに、生きたまま臓器が取り出されることも多い。 ワクチンの製造に使われるHEK293腎細胞はこうして手に入れられ、ファイザー社が秘密にしておきたかった理由もここにある。


まさ @sambadouro 13時間

>約半世紀にわたる虚偽の説明と難読化に反して、HEK293の誕生は、一般の人々が理解するような「中絶」から生じたものではありません。


まさ @sambadouro 13時間

>胎児の腎臓を採取するには...腎臓が十分に発達した健康な年齢の子供を、生きたまま、通常は帝王切開で子宮から取り出し、腎臓を切り取らなければならない。これは、臓器の生存率を下げてしまう子供に麻酔をかけずに行われなければならない。


まさ @sambadouro 13時間

>ワクチンは最も残酷な方法で命を奪って作られたものであり、これらのワクチンを使用することで、そのように認識されていなくても、ワクチンを受けた多くの人々に深刻な損害を与えています。


まさ @sambadouro 13時間

>プロジェクト・ヴェリタスはプランド・ペアレントフッドが堕胎された赤ん坊のパーツを売買していることを暴露した(ビルゲイツの父親はプランド・ペアレントフッドのトップだった)


まさ @sambadouro 13時間

>が、それでも堕胎された胎児は商品として医学研究に使われ、化粧品にも使われ、さらには食品業界では新しい食品を開発する際の味覚テストの目的で使われている。(ここまで)

コメントを投稿

「ワクチン詐欺」は3年で死ぬ集団ストーカーなんだわさ‼️」カテゴリの最新記事