♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

まーてる先生は、ワクチンの毒の主作用を我々に説明下さってます。2021/08/01

2021-08-01 16:55:00 | 「ワクチン詐欺」は3年で死ぬ集団ストーカーなんだわさ‼️
まーてる先生は、ワクチンの毒の主作用を我々に説明下さってます。2021/08/01




ーーー 毒の主作用 ーーー
みなさん?まーてる先生は、毒の主作用を説明してます。
中日木下雄介投手の件(まーてる先生)
https://www.youtube.com/watch?v=cV3lDlr8A1E



↓↓↓医者がだまして、毒薬を注射したんだ。
 そのぐれ〜?気付けよな‼️
あら?あら?なんて、馬鹿ズラ下げてね〜でよな。
MMRワクチン
被害者の声 ⑤
https://www.youtube.com/watch?v=8aIVDftSGKY




これよ?完全に毒‼️注射されたんだ。
 ネットでは有名な画像だからわかるよな。



きゃつら!さ〜?注射すんのめんどくせ〜ってんで、毒薬に💊変更したんだべさ。
 最近は、毒薬スプレーがい〜?なんていってんな。
 この文章は女性が書いたみて〜だけんどな?
顔?見てみたくなるような、バガボンぶりだな。
 こんな文章書いて?私?あったまい〜‼️なんて思ってんだろな。
 毒薬はな?スポイトの一滴💧で十分や。



彼らNazisは、
 130年前から、
  アクエリアン・コンスピラシーを使い、
 猛毒そのもののワクチン(全てのワクチンですぞ)
 を「治療薬」と、
       「大衆の常識の書き換え」
     ↑↑↑パラダイムシフトと言います。
を、やらかして来ています。
 ま、こんな事書いても、
    戦後から70年間やられてる日本人には理解は無理だろな?
藤枝梅安



こうゆ〜よ〜?
 虫酸が走るヤツを見るとな?
 思わずな?
かっくらしてやりたくなんだよな。
Unknown (Unknown)
2021-07-31 12:00:30
陰謀論界隈では新型コロナワクチンは人減らしの為の毒薬と云われていて
ワクチンを打った者は死んで、打たなかった者は生き残るという事らしいけど
それを信じている人には何を言っても取り付く島も無い。
この世界を牛耳る闇の勢力は人民にワクチンを打つように促しても
一定数の者が拒否するだろう事は織り込み済みで、そういうワクチン接種に否定的な
いわば反権力志向の人達を実はいぶり出して、消去するのが目的でコロナ騒動を意図的に起こした可能性は無いのかね。
つまり新型コロナで、ワクチンを打った権力に従順な者は生き残り、打たなかった権力に反抗的な者は死ぬのである。
闇の勢力の方が何枚も上手で、連中を出し抜いたと思っているワクチンを打たなかった方が
実は掌で踊らされているというオチだった、という事でない事を祈る。




笑っちゃうよね。
  催眠術😵‍💫に引っかかるとこれだもんね?



日本語の「ぼぼ食べてらっしゃい」の気分が良く出てます。
 生命保険条項に違反してんだから、払う筈ないんだよっ‼️
 その点では、先の戦争の遺族年金二人分と一人生還の恩給を得ていた家庭は豊かだったな。



南出喜久治弁護士が出て来ましたが、
 途中で中折れが相場だとネットの評価です。つまり、無駄。



コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« フランクフルトの二世帯住宅... | トップ | 「ユダヤにやられた!ユダヤ... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (宇宙人)
2021-08-01 14:47:41
KAICO(カイコ):九州大学、鹿児島大学と「経口ワクチン」の特許を出願

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000054891.html

KAICO株式会社は九州大学と鹿児島大学と共同で「経口ワクチン」に関する特許を出願しました。両大学のリソースを最大限活用し、新型コロナウイルス等に対する経口摂取可能なワクチンの開発加速化を目指します。

今回の「経口ワクチン」特許を用いてヒト用に先行して家畜用の経口ワクチンの事業化を目指します。
また現在開発されているワクチンの多くは、医療機関における注射で接種するものが主流であり、医療従事者の人材確保や接種する場所の設置が課題として挙げられています。「経口ワクチン」の開発により、サプリメントのように自宅等で誰でも簡単に接種できるようになることで、人材や場所に関する課題が解決されます。また、多くのワクチンは温度管理の条件で輸送・保管も課題としてあるものの、カイコでは常温で保管可能なワクチンの開発を目指しています。

植物による経口ワクチンの生産に関する研究

http://gm-edu.sakura.ne.jp/labo/vaccin

遺伝子組換えトマト果実における経口ワクチンの生産
食べるワクチンとは、植物で様々な病気に対するワクチンを生産し、それを食べることによって、病気を予防しようというものである。食べるワクチンでは、食物に含まれている免疫誘導物質が腸管粘膜に直接届くため、現行の注射型ワクチンでは誘導できなかった粘膜免疫を誘導することが期待される。また、食べるワクチンは、抗原部位のみを生産するため、弱毒化ワクチンや不活性化ワクチンでまれに発生する感染事故を防ぐことが可能である。問題点としては、ワクチンが人の体内で消化されずに、腸管粘膜まで届く必要がある。そこで、本研究では、ワクチンの運び屋(キャリアー)として腸管粘膜まで消化されずに届くことが知られているHEV-VLP(E 型肝炎ウィルス)(Virus-like Particle)遺伝子を用い、新型インフルエンザのM2抗原部位のみを連結した遺伝子をトマト果実で特異的に発現するE8プロモーターを用いて発現させるベクターを構築し、トマト(Solanum lycopersicum)品種マイクロトムに導入した。トマトは生食が可能であるため、生産したワクチンが加熱処理によって分解されることなく、腸管粘膜へ届くことが期待される。また、現行のインフルエンザワクチンは新型インフルエンザには効果が無いが、インフルエンザの亜型に共通しているM2抗原を用いることにより、将来流行が予想される新型インフルエンザに対しても効果があるワクチン開発が可能であると予想される。
Unknown (宇宙人)
2021-08-01 14:57:19
幽玄亭 在家 @caritasinvera94

神以外の権力を認めないキリスト教が、伝統的に貧しく博打を好み、さらに反体制派の多い九州で広まるのは当然のことです。 九州でも特に長崎と鹿児島に多いのですが、この両県はともに水産県でもあり、隠れキリシタンの里は大抵離島の漁村です。

チャロ15:30東京MER再#4 @charoroomcharo

#イクトゥス #イクトゥスの魚 知らんかった…隠れキリシタンが周囲にバレずお互い認識できる方法。 1人が半弧を描き、もう1人が反対側から半弧を描くと、魚の様に。 それにならい同じ作品のキーホルダーを付けアピール! #イクトゥス作戦 会社カラオケ大会シーン #サカナクション 知らぬ主人公🐟️


ぽの🦦 @ciel_fau

イクトゥス -

Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%B9

そういえばギリシャ語の魚ってキリスト教か何か関係のシンボルマークかなにかになってたなって思って、「ギリシャ語 魚」で検索したら出てきた、これだ~~~~~~~~~~~~
Unknown (宇宙人)
2021-08-01 15:14:03
隣人 @sumisumirinjin

https://twitter.com/sumisumirinjin/status/1420775759396761600

生理用ナプキンで、電球が点く💡 💡 💡 💡 💡 💡 💉接種者の電球が点いたのは、やっぱりグラフェンが関係してそう🤔

Ping, Pang, Pong プロフ読んでからフォローして下さい。 @salome8326 7月30日

警告グラフェンオキサイド入り生理用ナプキン!!マーク

生理痛和らげ
PHバランス整え
有害バクテリア減少
臭い防止
疲れ緩和
メタボリズム強化
免疫アップ

しかしFDAで未チェック
どんな病気の診断、予防、治療にもならない
波動エネルギーの強さを示す為、グラフェンのある部分に水を含ませると電球に灯りが!!マーク

この分だと…食べる、飲む、着る、貼る、塗るワクチンの登場の予感…。

ようこそ医薬・バイオ室へ:食べるワクチン、実用化なるか

https://news.nissyoku.co.jp/hyakusai/hgs-86-0007

いま話題の新しい機能性食品として「食べるワクチン」がある。今年の8月に大阪医科大学と協同乳業が、胃がんや胃潰瘍の原因といわれるピロリ菌に効くタマゴの開発に成功したと発表し、同時に埼玉のイセ食品からそのタマゴが発売された。

そもそも、ピロリ菌が胃の中の強い酸性下でも生きられるのは、自身がウレアーゼという酵素を出して、その酵素で生産されるアンモニアによって胃酸を中和しているためである。今回開発されたタマゴは、卵黄の中にウレアーゼの反応を阻害してアンモニアを発生させない抗体が入っているという。その生産方法は、ピロリ菌の抗原物質を「エサ」として混合、鶏に与え、卵黄に抗原物質に対する抗体を集めるというもの。ただエサに抗原を混ぜただけなので、遺伝子組み換えした鶏やタマゴではないところがミソである。

ところで、発展地上国の二〇%の子供が予防接種を受けないために、ジフテリア、百日咳、小児麻痺、破傷風、結核などによって年間二〇〇万人も死亡しているといわれる。そこで、一九九〇年代の初めに、米国テキサス大学のアーンツェン博士が、開発途上国の子供に高価なワクチンを行き渡らせるにはどうしたらよいかと考えていた時に、シンガポールで、子供にバナナを与えている母親を見て「食べるワクチン」を思いついたという。

つまり、植物を遺伝子組み換えで改造し、食用部分にワクチンを作らせれば安価で、それぞれの地域にあった食べ物なら輸送の必要もなく、しかも食べることによって接種できるので注射器なども不要になる。大変高尚な目的のもと、それ以降、世界中の科学者がバナナやジャガイモなどに、はしかや病原性大腸菌などの病原菌の一部の抗原遺伝子を遺伝子組み換えで入れて、そのバナナなどを食べるとその病原菌に対する抗体ができて感染しにくくなるという「食べるワクチン」を開発し始めた。

先のアーンツェン博士は、急性胃腸炎のウイルスと大腸菌の抗原をつくるジャガイモを開発し、そのイモを生のままで被験者に食べさせたところ、免疫反応を刺激することに成功した。生のままで食べさせたのは、加熱調理して抗原がダメージを受ける可能性を恐れたためだったが、ボランティアはさぞ食べにくかったことだろう。しかし、この実験により、ワクチンは効力を保ったまま消化器を経由して血液中に入ることが分かった。

また、米コーネル大ボイス・トンプソン研究所(ニューヨーク州)の温室では、B型肝炎ウイルスや病原性大腸菌のワクチンが含まれているバナナが育てられている。ただし、食べた抗原の多くは胃の中で消化されるため、食品中の抗原の量がさらに二〇~五〇倍は必要だという。バナナと並行して、生育が早く育種の歴史もあるポテトやトマトで研究が続けられている。

しかしながら、これらは前述の「タマゴ」と違って遺伝子組み換え食品(GM作物)であるため、消費者からの反対は非常に根強い。家畜向けの「食べるワクチン」を開発しているプロディジーン社(米)では、ベンチャーキャピタルの出資がピタリと止まり、アクシス・ジェネティックス社(英)の場合は、B型肝炎の「食べるワクチン」であるジャガイモを開発したものの、臨床実験の費用を調達できず、経営が破綻した。欧州の激しいGM作物への反対運動に、投資家がすっかりおじけづいてしまったためである。

「食べるワクチン」の実用化に向けた技術的な障害はまだ数多く存在するが、最大の関門はGM食品全般に対する消費者の不信感のようである。

((株)ジャパンエナジー医薬・バイオ事業部 高橋清)

コメントを投稿

「ワクチン詐欺」は3年で死ぬ集団ストーカーなんだわさ‼️」カテゴリの最新記事