♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

黒い王家10人の名前【黒い貴族】

2018-10-21 10:32:59 | OWOオールドワールドオーダー
黒い王家10人の名前【黒い貴族】2018-08-03

<オリンピアンズ>
我々を苦しめているのはオリンピアンズ(神々)です ローマ以来の血流と一般的には言われていますがそうではなく、もっと前からの血流だと(白人研究者)
 そして政略結婚を繰り返していますので、その団結はわれわれの想像をはるかに超えます だっからわれわれの団結をいやがって、対立論(二元論)を使ってわれわれの団結をいくら砂漠の砂が多くとも砂が固まることのないように常に邪魔してんです 教育を使って個人主義をすり込んで「かんけ〜!ね〜〜!!」なんて若者に言わせていたり、あの覚せい剤のおっちゃんに突然!「自己責任だ〜〜!お前?それ〜っ?自己責任じゃ〜?ね〜〜か?」なんて言わせて利己主義をあおってんです 共産主義のソ連型共産主義だかなんだかわかりませんが、あのソ連邦の郵便局では衣類を小包で送るのに郵便局員の若い女の職員に中身を見せてああだ?こうだ?と文句言われて2時間もかかった事例があるそうです こんなことやられて断られることもあったのです 勤務時間内で規則通りに勤務していればいい?という道徳もなくなり、やる気がなくなる、ということです 共産主義とはユダヤ教の教義がそのまま共産主義の教義となったのです これは日本人学者が当時のソ連邦で経験したことで間違いありません 共産主義はユダヤ教だったんです マルクスはかれら(オリンピアンズ)のキャンペーンガールだったのです 確かにマルクスはラビの血流ですがユダヤ人を馬鹿にしていました=マルクスはオリンピアンズ血流だった!と私は判断しています 英国に渡って王様血流の女性と結婚し(これだけでもオリンピアンズ血流です)、一生のうち一度も労働したことがなく、貴族階級のなかで過ごしたのです マルクスの共産党宣言はヒトラーのマインカンプとかと同じ!かれらの渾身の作品だ!と私は、判断しています かれらみんなでわれわれをだますために書いた作品という意味です


<壮大なだましとはこのことです>
 壮大(そうだい さかんで大きい りっぱ)
「ユダヤの嘘は、すぐ底の割れる単純な嘘ではない。それは嘘というよりも、「偽造」である。しかもその「偽造」の規模は非常に大きい。そしてそれは極めて深刻である。」
 通貨発行権・民主主義のだまし・資本主義共産主義のだまし・カントなどのだまし?ホッブスのだまし?マルクスのだまし?聖書のだまし?と共通する壮大なものだからです そして現在はフリードマンとか新古典主義のだましで人類は苦しんでいます われわれは先の戦争でだましの真珠湾攻撃、だましのミッドウェー海戦をやられたのです
 つまり=われわれが一生かかってもその手品のタネを解けない?という話です しかし、白人研究者とかが30年前くらいからだんだん解き明かしており、われわれ日本人も大学に悪魔教学部を作って(実現はむずかしい?)、歴史学部を創設してかれらに対抗しなくてはなりません 日本には歴史学部はなく、歴史学博士もいません=宮脇淳子博士でさえ歴史学博士ではありません 英国は歴史学部が一番の権威でオックスフォード大だけでも100人の歴史学部教授がおり、1,500人の学生と院生は500人と言われます 日本人に地理と歴史を教えないことがこのことです 代わりにアメリカでは植民地人各国超エリート(その国の支配層となる方々)留学生に「国際関係学」を教えています 国際関係学とはエセ地政学です あのマッキンダーの地政学(以前からある考え=戦略(以前からある考え=戦略(ロシア=ハートランドを手中にする、支配する、ことが世界を支配するという戦略をマッキンダーがまとめた?と私は判断しています=知識人もそのように言ってます=ブレジンスキードクトリンです)を教えないのです 彼らはマッキンダーの地政学を基本的発想としています しかし国際関係学はアメリカをマスターとすること(催眠術)を超エリート留学生にすり込むことです メスチソに白人父親から剣を与えられて支配層(トップとかそのとりまきをメスチソで固めること)となって白人父親を守ることなんです=アメリカを守ることを催眠術される超エリートへの国際関係学です あのハゲ〜!のお方も国際関係学科卒業です 今でもGHQとして日本に居座っているCSIS(実はCSISはイエスズ会の下部組織です(白人研究者))が日本の支配層をきっちり監視していることなんです あべちゃも知らず知らずにこんな感じを、空気を、頭に入ってんです これからの日本の指導者と言われるロックフェラー二世のメスチソ小泉進次郎がCSISで緑ちゃんとなにを交換してにきっちりそのように教育されました



<ヴェネチア英国(ハザールユダヤ人の陰に隠れるオリンピアンズ(神々))>
 背乗り悪魔教英国はシュメールから続く、バビロン、ローマ帝国、そして現在となるものらしい?その民をあやつる政治の秘訣はだんち!なのである
 かれらは自(みずか)らをオリンピアンズ(神々)と称している ローマ血流と言われているがそうではないらしい もっともっと大昔からの血流らしい
 そして子供生贄儀式をやらかすユダヤ人に紛(まぎ)れ込んで、ユダヤ人の中に入り込んで、自らを、オリンピアンズ(神々)を、隠している?と私は判断します
 このオリンピアンズ(神々)という名称は白人研究者の書籍(しょせき)にあります
トランプが3回も破産したが、そのたんびにロスチャイルドが助けた?ということは、トランプはこのオリンピアンズ(神々)の血流ではないか?と私はにらんでいます トランプの先人(先祖)はスコットランドに移住してその後にアメリカに移住しました その前は、私はフランスのノルマンディーあたりから来た?(移住した?)のではないかと?・・・そしてトランプの子供達が結婚したのはすべてユダヤ人です トランプの孫8人はすべてユダヤ人であることです 選挙期間中に私の孫はユダヤ人だ!と言って投票をユダヤ人にお願いしたのはこのことです
 ある面で?トランプはレーガン、ニクソン、クリントン、ケネディ、リンカーン、など、彼らと戦った先人大統領の後継(あとつぎ)だ?と私は判断しています かれらはトランプをかつてのピーナツ牧場主ちゃん?(ジミー・カーター)と同じように使いたい?の?で?しょうが?どうなることやら?
 こんなことをやってる間にも、かれらは英国から日本への移住の前準備を着々と進行していまっす!ので・・・日本を破壊して(野っ原にして)彼らが住みよい日本にしてんのです


<オリンピアンズ(神々)>
ここで言っているのが最近(2018年9月)、私が、気づいたハザールユダヤはだましでヴェネチア英国(オリンピアンズ(神々))という話です そして2018年10月のネット情報では英国から日本に移住する?という話がある かつてのオランダからかれらが英国に移り住んだことである ブレグジット(EU離脱)でぐえ~悪いから日本にすんべ?という話なのか?どうかですが? あらゆる指標がこのことを示しているらしい と?すると?あべちゃんはクロムウェルの役目?だよな?
背乗り悪魔教英国のすごさを日本人は知らない?そう、今でも徳川幕府が彼らの正体を知らない日本の状態なのだ
 福沢が表面的な西洋の近代化を見てこれだ!となって日本の伝統文化を捨てて西洋一本!と日本をすること!そう、西洋かぶれになったのが福沢である!福沢は西洋の方々を見て来てこのような結論に至った!福沢は西洋の本体を知らずして表面的な西洋文明しか見ていなかった!ということになる!かれらが福沢に彼らの本体を!正体を!明かすわけはないからだ!よそもんに日本の家制度の家がその家の根源を話すわけはない!子供にさえ長男にさえ家のまずい歴史は伝えないことが証拠である
 明治明治元勲(げんくん 国家に尽くした大功ある老臣)はしょうがないから西洋文化を?西洋文明を?入れようか?そして追いついたら日本文化に戻るか??と考えていた!しかし世代を経るごとに西洋かぶれがこうじて明治元勲(げんくん 国家に尽くした大功ある老臣)の初期共通認識(共認)などどこ吹く風になって現在に至っている!
 現在の有名な者、名の知れた者、すべてマッソンなのだ!この意味を知らなければならない!マッソンでなければ有名にもなれないし金持ちにもなれない!地位さえ得られない!あなたがなぜ?呻吟(しんぎん うめくこと)する生活を送っているのか?マッソンでないからだ!マッソンとは手ノ者(忍者のこと)のことだ 私が一回だけ講演会を聞いたお方の女房どのはマッソンらしい?学会で確固たる地位を築いている!しかしその講演会の夫は見向きもされtない短期大教授である これがマッソンかどうかの差だ! マッソンでない者は地方選挙にも勝てないことになっている 地方議員は必ずライオンズクラブなどに入っている

<ヴェネチア英国の正体>
 ヴェネチアはもともとフェニキア・カルタゴである
かれらは自らをオリンピアンズ(神々)と言っている マルクスがユダヤ人をバカにしていたことが証拠である マルクスはオリンピアンズ血流だったのだ だからかれらの共産党宣言のフロントとなったのである
 たしかにユダヤ人は子供生贄儀式をやらかしているので憎まれる要素がある オリンピアンズはこのハザールユダヤ人に背乗り(はいのり ハザールユダヤ人を利用すること)しているらしい これがオリンピアンズの寄生虫としての寄生体の生き様(いきざま その人が生きていく態度・ありさま。生き方)なのだ
国際情勢の分析と予測さんからお借りしました
文字と文章のコピー

<世界統一政府> BF世界統一政府 2018年テレビ出演画像 おちゃらけ番組?ですが?
と?いうことは=BF氏はオリンピアンズ血流だと?・・・OWO(オールド・ワールド・オーダー)サイドだと?まさか?



1694年にイングランド銀行を設立して通貨発行権を得たかれらはOWOの連中だ 下記の連中らしい?ロスチャイルドが出るのはナポレオン戦争の後のことで100年もあとのことだ これらがオリンピアンズと自らを称しているらしい それはローマ以来の血流ということだ ロスチャイルドはこの仲間には入れなかったので何?した?らしい(背乗り) ロスチャイルドとロックフェラーはあくまでも現場要員(白人研究者)だという?
 かれらはただ一人の王とすることが信条だ それがロックフェラーだったらしい ロックフェラー(唯一神)がすべてを管理していてその当人が死亡したので混乱しているという話がある=この話はロスチャイルドを隠す話だと?私は判断しています どの言説もロックフェラーを出すことは許されているらしいがロスチャイルドをヘビの頭!だ!と言うことは命を狙われることだ
 管理とはCFRとか三極委員会とかビルダーバーグとかダボスとか300人委員会とかの話だという ロックフェラーは唯一神だったのだ かれらは王の名をアジェンダとしてウィリアムとしているらしい(白人研究者) すでに第3神殿の調度品は完成している あとは、残っている仕事は、第3神殿の建設である 現在(2018年3月)かれらは盛んにゴグマゴグをやろうとしている


「トップ10」と呼ばれる人々(1997年か?1998年?の時点)らしい?
フィリップ殿下(英国)、ベルンハルト殿下(オランダ)、ホアン・カルロス国王(スペイン)、ヘンリック殿下(デンマーク)、アルバート二世(ベルギー)、カール16世(スウェーデン)、ハラルド国王(ノルウェー)、オットー・フォン・ハプスブルク大公(オーストリア)、教皇ジョン・パウロ二世(イタリア)、エドモンド・ロスチャイルド男爵(フランス)
フランスはブルボン王朝が断頭台の露と消えたため、ロスチャイルドが入れ替わっている

スペインのカルロス国王が彼らの麻薬の総元締めという役割(トップ)があったが?なんらかの理由でやめた(自分は知らない)らしい?この話は去年あたりの話だった 彼らは会社と同じように部課がある そして世界地図の担当者(アジア担当とか?)もあるらしい? 彼らは常に世界地図を前にしているのだ 麻薬はインターポール(ドイツナチスの諜報機関そのままで出発した)で新規参入者を排除し、麻薬のコントロールをしている もちろん彼らの持ち物であるCIA、モサド、そしてMI6である MI6はその諜報機関の上に君臨していることを知らなければならない 女王様の007のアイゼンバーグがCIAを作り、モサドの初代長官となっている イスラエルさえ作ったアイゼンバーグである 永野重雄の娘を嫁にもらって日本国籍を有していた 彼の作った会社のアイゼンバーグ?とかなんとか?言う会社は今では巨大企業らしい?(311をやったマグナBSPである) このアイゼンバーグの先輩が明治維新のグラバーである グラバーは女王様の007だったのである グラバーは訓練された、優秀な、英国諜報員だったのだ 彼が絶対、表に出なかったことが証拠である グラバーが武器業者としているのはスピン(そらし情報)であるので注意することが必要だ 学者はまくらことばに必ず武器商人とつけることをぎむづけられているらしい? グラバーはロスチャイルド血流だと私は推測している アイゼンバーグの種付け結果はどこにも見当たらないのだ! 明治天皇陛下の母上がカメラマンの女性でハプスブルグ家血流ということである(ベンジャミン情報=ローマ以来の黒い貴族) 現在の皇室の一部が中国背乗り?朝鮮背乗り?という話がある?(2017年6月時点)
 昭和天皇陛下は今上天皇陛下を子供にすること?をいやがった?という日本人研究者の書き記しがある これが今上天皇がロスチャイルドの息子だというコメント(2018年7月)を私はみて=これだな?と判断しました 今上天皇がなんとか夫人という「教師であり母であり妻」だったのである(これが日本人研究者の書き記していることです)1949年6月27日に第一生命ビルで初対面である これを実現したのは今上天皇15歳当時、昭和天皇陛下の皇后陛下のシーボルトへの何とのこと このヴァイニング夫人のキリスト教会派(名称は思い出せません?)が絶対戦争反対であることを注目しなければならない 私はこれが生前退位(スペイン国王も生前退位 なんとか教皇も生前退位)の何?かな?という判断です 今上天皇陛下が皇族のなかで英語がいちばんネイティヴのワケがこのことです BF氏が北朝鮮の方が正当だ!と言ったことがこれかもしれません? しかし日本の天皇制度は3勢力ある?との話もありますので・・・


ペスト(黒死病)欧州領主 フランスの地方領主 フランス領主
かれらは正体がばれそうになったのでペストをやらかしたのです ペストをやらかしたのは彼らなのです 彼らはエジプトか?なんかの?秘薬を手に入れてペストにかからないようにして(もしかしたら民と接触しない遠方とか孤島に身を寄せたかもしれない?)、ペストで欧州の3分の二の人口を処分しました 人口が3分の一になってしまいました
 この正体がばれそうになった?ということは正確ではないことがわかりました それは、ルネッサンスで輝く世になったことを潰すためにかれらが作ったローマ教会を手下のルターを使って分裂(カトリックとプロテスタント)にし、次のカルヴァンが利子を許可したことです ルネッサンスはルターがそのようにした?とわれわれが学校教育されていることはウソ!だったのです このルネッサンスを破壊するためのもので、黒死病(ペスト)はその仕上げでした たしかにかれらはエジプトの秘薬(薬草)で一人も死ななかったといいます(白人研究者)
そしてスペインフルー(スペイン風邪)ではたまた民を殺しました ワクチン接種です これは戦争関連でやらかしました 日本でも450,000人が死亡しました この45万人が死んだ!という情報は伏せられています 日本も明治期からワクチン接種するようになったのです 明治天皇陛下の腕にははこのあとがありました
この45万人死亡は1918年から1919年にかけて日本人がやられてしまいました ネットでも見ることはできません 記録もないのです 多分、売国奴=森鴎外あたりの東大医学関係かも?しれません? 1918年と言えば「「日支闘争計画」(第二次世界大戦遂行計画書)」がアジェンダされた年です
 311では3万人やられました
かれらがパンデミックをあおっているのはこの経験(実験結果)に基づいています エイズとかなんとかです
かれらにかかるとすべてがわれわれを攻撃する武器に変わります 食糧、空気、土壌、薬、水、すべてです 集団ストーカーを国家がやっていることを民は知りません ケムトレイルを国家がやっていることを民は知りません うつ病薬を国家がやっていることを民は知りません 麻薬を国家がやっていることを民は知らないのです もちろん子宮頸がんワクチンで子供を産めなくすることもです・・・
 しかし、こんなことは序の口です 自由移民という原爆より恐ろしいことを政府はやっています 自由移民は米国で1965年、欧州で1991年(EUの国境の壁取っ払い)、日本では2015年4月1日です かれらが中国人移民を大量に入れろ!と命令したのです=日本にある米国商工会議所のホームページに載っています 中国人(漢人)の侵略方法は人口侵略で漢人の中に異族を溶け込ませてしまうことです 満洲人が1,800人しかいない?と言われていますが満洲人は漢人の名前などを使って漢人に溶け込んでしまったのです 日本が満洲帝国を建国する前にもう、漢人は政治をつかさどってはいませんでしたが(政治権力はなかったが)人口で経済などを握っていた=これは西尾幹二氏がYouTubeの中で語っています 東大はすでに2,000人の学生がおり、霞が関を目指しています 有名高校であるラサールとかの高校でも中国人が大勢いる!ということです

<かれらはエジプト産の薬草を使って感染を防いだ>
このようなことだと→「1348年、クリミヤ、Sicily、ジェノア、ヴェツィアを根拠地として、全ヨーロッパに黒死病が広められ、全人口の三分の一がそのために死んだ。しかし、ヴェツィアの黒い貴族はほとんどまったく無傷のまま生き残ったという。ガブリエル・デ・ムシ(Gabriel De Mussi)は、ヴェツィアとジェノアの富裕な商人たちの貿易船が、彼らの基地クリミヤから西に向け悪疫(あくえき)を広めたと述べている。」
「ゲーリー・グラム博士の書籍=全面開示(フル・ディスクロージャー1994年)によれば、数十億人の人類を殺処分(デストロイ)する能力を持つ生物兵器エイズが、一九七八年に米国の軍事基地フォート・デトリックで完成、ただちに極秘のうちに作戦が実施に移された。」
「一四世紀には、地中海(黒海を含む)の覇者(はしゃ はたがしら 天下を治める者)ヴェツィアが黒死病作戦の主体であったが、二○世紀末葉には、大西洋をはさむ英米両国の国家機関がヴェツィアの寡頭勢力(かとうせいりょく わずかの人の独裁的な勢力)に簒奪(さんだつ 帝位をうばいとること)され、彼らが自由自在に操作する国際連合機関の各種国際組織が、全地球的規模の生物兵器による作戦の主体である。」

ペスト拡散地図





世界分割地図



アメリカ国内の国連軍として入っているロシア軍 日本は刀狩りで丸裸の民である


アメリカの道路標識にはこの国連軍を導くための暗号が記載されているという? 日本でも駅の標識、道路標識などに中国語、ハングルが記載されていることが同じようなことである 中国では「総動員法」が日本に住む中国人に戦うことを義務化している これは帰化して日本国籍となった二重国籍の中国人も同様である 中国人は二重国籍なのだ アメリカのユダヤ人(二重国籍)と同じなのだ 韓国人同じ 国民が知らないだけである 蓮舫の二重国籍を言っているが彼女は中国国籍を有している可能性がある 以前に台湾人(30代ぐらいの台湾人女性 だいぶ裕福な感じだった 170ぐらいあり足も長かった その身長から中国系だと感じた)の無国籍者の講演会に行ったことがあるが、蓮舫が同じことだとすると中国国籍をもらっている可能性がある もちろん二重国籍となる 台湾人の無国籍者はだいぶ多いのだ


彼らは日本の電子マネーをジャンプ台にして世界を支配し続けることをアジェンダしている三菱銀行仮想通貨キャッシュレス社会


日本は2016年6月3日に彼らに電子マネー通貨発行権を認めてしまったのだ!「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法の一部を改正する法律」
銀行法なんて大詐欺そのものである(通貨発行権のサギはパウロの贖罪詐欺(キリスト教徒を二千年間騙している)以来の大詐欺である シオニズム(ネオコン)も同じ)


<彼らが作った戦争国家イスラエルと日本安倍首相ネタニヤフ> 鉄砲玉ニッポン
 戦争マシンとしての日本 明治維新からだかんね 傭兵なんだよ 彼らの命令で動く傭兵! 戦争できる安保法制は真逆です=かれらの命令がなくては戦争できなくなったのが安保法制です 戦争できない安保法制です 無線で応戦するな!とかれらの命令があれば応戦できないのです
 英国とイスラエルが彼らの本拠である スイスは彼らの蔵(くら)なのだ 日本はイスラエルと同じで彼らの傭兵として作られた ガンガン戦争して彼らに大儲けさせる傭兵国である イスラエルも同じ 日本は日清戦争で彼らの清国侵入を可能にし、日露戦争でロシア革命(ロシアをソ連にして手に入れた)を可能にした 第二次世界大戦で日本は彼らに大儲けさせたのである これが戦争国家としての日本の出自だ 彼らはこれから日中戦争をやらせようとしている 日本の出自からして当然のことである もしかしたら?留学五人組は一番強いロスチャイルド=イルミナティのユダヤ教徒になって割礼して帰国したとしたら?どうだろう?考えられないことではない?現政権のやっていることがタルムード<ひとをだますこと>だらけだからだ?キリスト教徒を装うことなど平気の平左!考えられないことをやっている 鬼塚英昭氏が隠したかったことはこれかもしれない? 皇族男子は割礼している話があることを日本人は知らない 国会議員が割礼しているという話はないが?わからない? 魔素(まそん フリーメーソンのこと)だらけなことはたしかだ キリスト教はユダヤタルムードが入っている 異族は獣だ!という考えだ これはキリスト教は選民だ!という話でごまかされている イスラム教徒は8歳で割礼する ユダヤ教徒は8日目に割礼した者となる イスラム教はバチカンが作った人工宗教だ 日本は傭兵として使われたのだ そしてその破壊力をでもって「ほのめかし」されてシナ大陸まで突っ込んでしまった 「日支闘争計画」(第二次世界大戦遂行計画書)でシナ大陸に突っ込み、英米との戦争に突っ込み、ソ連との戦争に突っ込むことは彼らの日支闘争計画だったのだ 日本人は洗脳されている あなたも自分もだ! アメリカ人はもっと洗脳されているという? 日本とイスラエルはブラザーだ!というとんでもない!ヤツがいるそうだ?しかしこの言葉を発する人物には地位と名誉が与えられる 日ユ同祖論=日本侵略を言っているのだが気をつけたほうがいい ケツの毛まで抜かれる!という先人が言っていたことはホントなのだ! 街中の看板を見てほしい 日本語の看板はもうない!!
 明治時代の明治元勲(げんくん 国家に尽くした大功ある老臣)は確信犯だった 欧米列強のように強くなるにはだまされることにしておこう!ということ しかしかれらがいなくなるとその騙しが本物になって現在のどうしようもない状況(政府はだまされることを強制されているし騙されていることも自覚しない)になっている これはどの国でも同じである
 イスラエル(イスラエル=ロスチャイルドという構図を知らなけらばすべてわからない)の話を出すと必ず陰謀論!(陰謀論(アンビリーバブルとして否定すること)はCIA(=タヴィストック=かれら)が発明した陰謀を否定することば)と叫ぶ声が聞こえるのが証拠である イスラエルがかれらそのものであること(CIAも彼らそのものだけんね)なのだ



かれらは今回も罪をアメリカになすりつけて逃げようとしている?【日本とドイツへの戦争犯罪非難】
かれらは裏に回って隠れる 実行者は・・・罪をかぶるヤツだ!! 日本とドイツは戦争犯罪国として今でも醜悪な彼らの持ち物である国連の敵国条項なのだ!!
彼らの奴隷国家(「英国イスラエル世界連盟」「ブリティシュ・イスラエリズム」)であるアメリカに罪をなすりつけて逃げようとしているのだ
かれらとは黒い貴族であり、ロスチャイルド=イルミナティであり、この世を支配しているグループだ 非難されるのは銃をとって直接殺した者だ モラーク・スレイブなのだ レーガン暗殺(未遂)の時のモラーク・スレイブはブッシュのモラーク・プログラミング・チルドレン(多重人格)だったのだ
我々はこのマトリックス(幻想世界)にだまされてはならない
これが女王様諜報員007アイゼンバーグである 初代モサド長官 経団連永野重雄殿の娘を妻にして日本国籍を持っていた 現在の彼の会社はアイゼンバーグ?とかいう会社で巨大グローバル企業である CIAを作りモサドを作った イスラエルさえ作った MI6はCIA、モサドの上にある 911とか311とかでかいオペレーションは連携してやる
アイゼンバーグはこの麻薬も満洲で岸信介、里見甫らとやっていたのだ アイゼンバーグは平家筋南朝側永野重雄の娘と一緒になり日本国籍を有していたが怪しまれ中国に渡ったのである 中国工作をやり、FRB設立、CIA設立、モサド設立、に関わりモサドの初代長官となった まさしく現代の天才ウィリアム・ペティであるのがアイゼンバーグなのだ 女王様007MI6諜報員である
英国陸軍元帥さま昭和天皇陛下が種違い?の弟に御前会議情報をもらしたのはこのアイゼンバーグに伝えることだったと推測される
 グラバーがこの女王様007英国陸軍諜報員(スパイ)であることを日本人は知らなければなりません グラバーは武器商人ではなかったのです スパイだったのです その情報屋が坂本龍馬ということ・・・
アイゼンバーグは中国で活動しており、ヒラリーもそのこと(アイゼンバーグを介して麻薬、原爆部品と原爆製造ノウハウ)でアメリカのひなびた空港(アーカンソー)からクリントンが大統領になる前より引き続いて武器商人、麻薬密売、をやっている 北朝鮮ともアイゼンバーグを介してやっている 全米に麻薬を流通させたのもヒラリーとアイゼンバーグ(イスラエル)である これが女王様の静かなる戦争(1946年にタヴィストックに命令)攻撃である もちろん植民地国家である日本も同様なのだ 黒貴族の奴隷国家アメリカのヒラリーが喜んでやったこと 女がこんな風になるのは一途な女の性格を利用しているとしか思えない これがタヴィストック洗脳研究所の成果である アイゼンバーグ法は日本の宗教法人非課税特権を示している これがブタどもと区別するかれら黒貴族のやり方だ アイゼンバーグは50年間もアジアで活動した 創価学会を作ったと言われている 統一教会(=世界統一政府NWO)もつくったのだろう? キッシンジャー同様の(同時期の)女王様黒貴族たち直属スパイである(RIIA) 古くはタクシス家につながる
アイゼンバーグはロスチャイルド上に君臨する貴族らしい? タクシス家血流らしい? こいつが彼らのスパイとして日本に潜入し、戦争中も日本に滞在した なにしろ日本の上流娘を妻として日本国籍を有していた 弟様からなんとか会議の情報を得ていたと思われる 種付けの成果はネットにはない? 文字としても残されていない? すべて口伝え?だろう? この種付けの成果が問題だ? 知っているお方だけが知っている情報だろう? 推測として皇室に深く入り込んでいる?の?では?ないか?と推測される?

<アイゼンバーグ>


<黒い貴族>
支配勢力金による支配黒い貴族黒貴族カルタゴ遺民 mammon教=カネだけ宗教

<黒い貴族> 支配勢力の実態


彼らはある法律を成立させようとするときに、反対運動をするのです? なぜ?こんなことをするのでしょうか? 日本人には考えられません?し?そんな発想もありません しかしこれがタルムード<ひとをだますこと>であることです Talmudは何千年も前からのかれらの言い伝えで子供のときから彼らは読誦(どくしょう)しています 小さい時はなんのことか?わかりませんが?大人になってから分かってくるのです 異族、異教徒、を殺すことはどうしたら?いいか?の言い伝えなのです 戦前の日本人は教育勅語を読誦していました これが彼らの真逆ということです
日本のヘイトスピーチ規制法成立には10年間の期間をみていたらしい? 在特会を立ち上げ、しばき隊を立ち上げ、シールズを立ち上げ、ついに成功しました これらの団体で彼らはアジェンダを成し遂げたのです これらの団体には在日団体から資金が提供されています 戦前に三菱とかを介してかれらの資金を与え、軍人を宴会などの接待漬けにしたことです 高級将校はこの接待漬けにやられたこと そして指導軍人達は魔素(まそん フリーメーソンのこと)であったことです 在特会の指導層は魔素(まそん フリーメーソンのこと)であることです
スターリンは反ユダヤ主義を死刑としました しかし、マスコミが一度たりとも報道しないカナダでこのスターリン同様の反ユダヤ主義のヘイト法がある?らしいのです? それは・・・英連邦(英連邦から独立する動きを見せること)を口の端(くちのは ことばのはし 口先 うわさ 話題)に上ることをすると問答無用の監獄行きとなること これは彼らの人の肉食らい!とか少女レイプ!などを悪魔降霊儀式としてやっていることを隠す目的もある?の?だ?そうです ニュージーランドでは英国を連想させる現在の国旗を変更しようとしていますが同様に弾圧されています ニュージーランドにはヘイトスピーチ法はカナダのようなものはないことがこれでわかります ヘイトスピーチ法はかれらが己の防衛と異族・異教徒への攻撃道具なのです これが彼らのprotocol戦略(ユダヤ戦略)です ヘイトスピーチ法は攻撃の刀であるのです それは侵略するときに使う刀であり住み続けるための刀です
 自分が5年以上前に100名以上の人権団体主催の集会に行った時、右側に居る男の人物はよりワシ鼻の一目で、一瞬で、直感で、それとわかる国連人権委員会のトップクラスのお方でした(もしかしたらトップ?) そして左の女性(モロに、明らかに、侮蔑する目、侮辱する目、の、剣を与えられたメスチソ メスチソとは白人と土人の間に生まれた混血のこと)ではなく、18歳になったか?ならないか?の?一目でMKウルトラ?か?な?と?わかる?女子高校生でした 自分が録音した集会の音声テープは消去することを強制され、その場で録音データを消さなくてはならなくなった残念無念な話があります かれらがあの集会でやっていたのは日本を、日本人を、TARGETとするピザゲートなのです?
 かれらはこうやって日本の現状を常に見張り続けているのです それも研究所のペーパーによる報告書ではなく、実際に目で見るために来日を欠かさないのです かれらの(国連人権委員会の)ターゲットは日本(及び日本人)であることは間違いありません! 我々日本人は彼らを研究対象(研究動物としてその生態を研究すること)としなくてはならないのです 大学に悪魔教学部を作るべきなのです



日本が1965年アメリカ自由移民法と同様、自由移民法を施行したのは2015年4月1日である あと10年でめちゃくちゃになる!
2016年10月17日移民無制限受け入れ【岸田外相】大臣彼らに命令されたにしても政府は抵抗すらしていない  彼らはこういう連中こそ一番侮蔑するのだ!
メルケルの100万人難民受け入れ(移民無制限)は三百人員会の命令である もちろん日本政府の移民無制限受け入れも三百人委員会の命令なのだ 昔のGHQ命令である 戦後からGHQ命令は続いている
ひとつひとつの息もつかせぬ攻撃が続くのは指揮者がいるのだ! 三百人委員会である これがオーケストラの指揮者となってオーケストレーションである すべてのことがらはつながっている ひとつのアジェンダに基づいておこなわれているのだ



大量移民による侵略スイス民間防衛侵略最終段階






かれらの基本的発想は二元論(聖なるものとそうでないもの)である 相争わせてそこに入り込む(侵入)のだ パレスチナ
これがかれらのユダヤ戦略正反合なのだ? 詳(くわ)しいことはわからないが・・・
かれらは異族同士(仲間同士)を戦わせて生き残る戦略である 家族同士さえ争わせる クシュナーとイヴァンカである
 トランプが大統領に当選した直後に娘夫婦にはトランプを攻めるよう要請があった(これはネットに書いてあった)という周到(しゅうとう)さである
 古代エジプトが内部崩壊したのはこのことである 現在の日本も古代エジプトと同じ手口なのだ
移民を入れることは秩序が破壊される これがかれらの大儲けのチャンスである そう、戦争が大儲けのチャンスであると同じこと
 かれらは通貨発行権を有し、数年ごとに景気の好不況を作り出している かれらが儲けるのはわれわれには信じられないが不況の時なのだ
 かれらはこうやってカナン人の遺言<既成秩序の破壊>で大儲けしているのだ
なぜ?国境があるのか?文化習慣を同じくする民族が平和に暮らすためにある 大儲けのためにこの国境を壊(こわ)したいかれらである
移民を入れると殺し合いになる にくしみの連鎖(れんさ)である 移民を入れることは秩序が破壊される これがかれらの大儲けのチャンスである そう、戦争が大儲けのチャンスであると同じこと
 なぜ?国境をつくるか? それは同じ習慣、文化、を持っている方々が平和に暮らしたいからだ 国境を無くしてどうなる? 異民族同士の殺し合いになる ここに武器を入れて殺し合いを助長するのが彼らである 軍事産業が大儲けする これがかれらが1694年以前から、そして1694年以降激しくやってきたことである 1694年とはかれらが通貨発行権をイングランド銀行で得た年である


<反日ユダヤ人学者ジャック・アタリ>
 オリンピアンズの敵は日本・ドイツ・ロシア
マクロンを大統領にするに大活躍したロスチャイルドらの使徒


<ロスチャイルド血流田布施マフィア> 倉場富三郎は岸信介の実父(←これ重要)
佐藤愛之助(ハポン?)はハポン(仙台藩関連)かも?しれない?が?スパイマスターだったのだ!
 グラバーの子供
かれらの混血ぶり安倍晋三岸信介グラバー 土人をだまして財物を根こそぎ奪う(海賊行為)ことなのだ 
田布施マフィアはロスチャイルド血流と推測される 女王様007スパイグラバー
岸信介、佐藤なんとかは、グラバーの私生児といううわさがある 死んだはずだよお富さんという歌はどんな?こと?か?は?わからない?
グラバーは学者さまがたは武器商人と限定的に言ってわれわれをだましているが?女王様007スパイだったのだ安倍晋三岸信介 そして写真で見る限りパッと見で子孫かな~?なんて・・・
だから?こんなに長くやってられるんだ~?なんて・・・ すべて国民のためじゃなくて?メスチソ(白人と土人の混血子供)が剣を与えられてその剣を使ってパパに奉仕している?パパを守っている?なんて・・・ 
かれらの混血ぶり安倍晋三岸信介グラバー 安倍晋三を見てみろ 日本人ではない!と直感でわかる? 日本の支配階級が欧州の貴族の感じになっていることがこれでわかる? 本物黒酒 岸信介は一目でアジア系と白人の混血だと香港あたりのお方は判断するという
 岸信介はアジア系の顔だが白人の血が入っていると判断されるらしい? 今問題になっている森友とか加計学園とか国際医療福祉大学は田布施麻薬マフィアのとっかかりで本命はそのグローバル麻薬ネットワークの一員だということだ! しかしこれはいまのところわれわれには知らされることはない 田布施マフィアとは麻薬マフィアのことである(これは日本人が知らないことだ←これ重要=試験に出ます)
 グラバーは学者連中(=東大史学=東大史学とは「長州幕末歴史検定試験」につながるペテン史学のこと)が必ず頭に(枕詞 まくらことば)「武器商人」とつけなければいけないらしい?とんでもない!英国陸軍情報部員である つまり・・・ス!パ!イ! フリーメーソン・ロッジがあのグラバー邸の屋根裏部屋である グラバー邸はフリーメーソン・ロッジなのだ グラバーは日本のフリーメーソンのトップであった
 グラバーは武器商人などの小者ではなかったのだ
 アーネスト・サトウ(佐藤愛之助)は完全にスパイマスターである 金沢あたりに行った時に2名のなんとか藩士をスパイに仕立て上げたと書籍にある 各地でスパイを作っているのだ
田布施マフィアはロスチャイルド血流と推測される 女王様007がスパイグラバーの正体です 東大史学(「長州幕末歴史検定試験」から続くペテン史学)が必ず枕詞(まくらことば)に武器商人とつけるが武器商人などという小者ではない! 英国陸軍情報部員だったのです 機関員です スパイということです そして佐藤愛之助=アーネスト・サトウはスパイマスターでした この佐藤愛之助がスパイマスターだということは日本人の研究者が書き記しています これは重要な話です 田布施マフィアはグラバーの庶子だったのです 私生児です だから岸信介は一目でアジア系人種と白人の混血だと判断されます 日本人ではなくアジア系の方、香港あたりのお方が見ればそうだということ・・・


<東京都>
道州制によって東京都は壁ができて独立する 東京に入るのにパスポートが必要になる 東京都は移民特区であることを知らなければならない
 移民兵器でこれらは実現するのだ
 「道州制・連邦制」2004年発行 田村秀(著)P.138 文字と文章 ブック
裏でうごいてんのがアメリカそしてその裏が白人研究者によると=「英国イスラエル世界連盟」「ブリティシュ・イスラエリズム」
 2001年のアメリカ=インサイド・ジョブ911によって彼らはロスチャイルドのブッシュ(ブッシュ家はロスチャイルド背乗り)によってロスチャイルドの考え(かれらそのものの考え=ヒクソスの考え)を実行に移さんと日本支配層(ロスチャイルドのパシリ)に命令したものと思われる この2004年田村秀はロスチャイルドらの考えがすこしまとまって理解された段階である その前の1989年大前研一の平成維新に示されていることがはじまりのはじまりだ=かれらがこの時期にソ連崩壊をやらかすことがアジェンダされていたことはこの年月にあらわれている これがかれらが神はいない!われわれが神だ!としてこの世をつくりかえる神の力を有していると自らをオリンピアンズと称していることがわかる 自らの考えを世に実施すること=欧州の城で見られるいかにも人工的な城の庭と同じようなものだ
 旧ソ連に代わって同じ共産主義システムのEU創設を明確に示すものだ ソ連システムの実験で実行し学んだ結果を新自由主義(世襲とコネとインサイダー)という新しい共産主義(新自由主義は共産主義の通名)でEUという共産主義システムのなかで実施するためである 日本政府がやっていることはこの新自由主義である
 日本はアメリカと秘密協定を結んでいる=それは・・・米国債と兵器を買ってだぶついたペトロダラーをアメリカに還流する!というものだ これが簡単に、躊躇なく、兵器と米国債を購入する源(沖縄密約みたいなもの)である(これは間違いない=歴代内閣がやってきたことだ) これは1971年に株式会社アメリカが左前になって1972年にニクソンがなにしたあたりからのことらしい そして日銀株式会社の異次元緩和で彼らを助けることがこれに入る?(入るかどうかは私にはわかりません)
 日本はアメリカと秘密協定を結んでいる=それは・・・米国債と兵器を買ってだぶついたペトロダラーをアメリカに還流する!というものだ これが簡単に、躊躇なく、兵器と米国債を購入する源(沖縄密約みたいなもの)である(これは間違いない=歴代内閣がやってきたことだ) これは1971年に株式会社アメリカが左前になって1972年にニクソンがなにしたあたりからのことらしい そして日銀株式会社の異次元緩和で彼らを助けることがこれに入る?(入るかどうかは私にはわかりません)
彼らの発想の奥底にはヒクソスの発想がある 日本人を主語として考える(日本人の発想でかれらを見ること)と徳川幕府がかれらを見定めることのできなかった誤謬(ごびゅう あやまり まちがい)におちいることになり徳川慶喜が騙された原因でもある=徳川慶喜の例はパーレビをフセインをガダフィを排除した手法である
 私は白人と中国人の気が合うのもDNAの共通性があることだと推測している=殷(いん)がヒクソスだったのだ 証拠として中国の苦力(クーリー)である
ーーーかれらがこのことを実現するためにやってきたことーーー
(1)明治維新 フリーメーソン五人組(マセソン・ボーイズはトロイの木馬・スパイなのだ)に日本を支配させて日清戦争ー日露戦争ー日中戦争ー大東亜戦争をやらせた
(2)戦後は昭和天皇を使って日本人を大人しくさせて日本を支配した
(3)かれらはアメリカ(米軍)を使ってJAL123を撃墜し500人殺して日本に大人しくカネを出すよう脅した
(3)昭和天皇が不要で邪魔になったので暗殺してソ連から同じシステムのEUを創設し次のアジェンダとした
(4)日本人を3万人殺して(311)日本人から更にカネを簡単に取れるようにした
(5)311の次は東京だ!と彼らは言っている(帝国ホテルの会合)そしてイルミナティカードにもそう描かれている
(6)彼らの手下である自民党とか野党(日本の政党は共産党から自民党まで彼らの手下)を使って日中戦争をぶちかまそう!(かつての大日本帝國と同じ)としている

<壁で区切る国土>
この絵は伊達にあるのではない!ホントのことを描いている 一番内側は支配層が住むエリアだ=商人国家の商人たちがすむところ1%99%の1%がすむところだ なんで?塀があんの?それは・・・99%が攻め込んで殺されないためだ ここに住むのは経済人だ=今では経済人(財界人)は世界でネットワークを組んでいて世界の国を商人国家としている=日本も例外ではなく経団連なんかがそうだ!ヴェネチア商人国家だ 数人の大商人が国家のすべてを決める商人国家!日本では民間議員と言われる連中だよ 竹中平蔵・宮内義彦・孫正義・渡邉美樹・稲盛和夫・三木谷浩史・フェルドマンなどだね その支配層が住む外側はブロイラーのエリア(羊たちのエリア 奴隷たちのエリア)だ

<ブロイラー>

<進撃の巨人>
 巨人が人間を食べて生きているのです 巨人とは彼らを意味します 世界の経済人はネットワークでつながっています=日本の経団連であり経済人です=これがヴェネチア商人国家の正体です=世界の国々は日本を含めて数人の大商人が国家の全てを決めるヴェネチア商人国家となっています 日本の民間議員です 竹中平蔵・宮内義彦・孫正義・渡邉美樹・稲盛和夫・三木谷浩史・フェルドマンなどです
カラー 特区(国家戦略特別区域法)の壁を破り人間を食べに来る巨人

かれらから奴隷として扱われている人類

 塀で囲まれて生活することが人類に強制されること

頑丈な塀 巨人に食われないため、巨人に攻め込まれないための塀

<進撃の巨人>
 かれらが出現して以来、人類は一度も勝ったことがないのだ!
巨人が出現して以来、人類が巨人に勝ったことは一度もない



黒い貴族の名前は下記の通りです。

Prince Pio Lucchesi-Palli of Campofranco
Prince Stefano Lucchesi-Palli of Campofranco
Count Carlo Lucchesi-Palli of Campofranco
Prince Pietro Pio Lucchesi-Palli of Campofranco
Count Umberto Antonio Lucchesi-Palli of Campofranco
Countess Stefania Lucchesi-Palli of Campofranco
Count Ferrante Emanuele Lucchesi-Palli of Campofranco
Count Ludovico Roberto Lucchesi-Palli of Campofranco
Count Michel Lucchesi-Palli of Campofranco
Countess Maria Beatrice Lucchesi-Palli of Campofranco
Countess Eva Lucchesi-Palli of Campofranco
Countess Bernadette Lucchesi-Palli of Campofranco
Countess Charlotte Lucchesi-Palli of Campofranco
Count Adinolfo Lucchesi-Palli of Campofranco
Count Enrico Lucchesi-Palli of Campofranco
Prince Fabrizio Massimo-Brancaccio
Princess Barbara Massimo-Brancaccio and Borghese
Prince (???) Massimo-Brancaccio (Father of Giacomo)
Prince Giacomo Leone Massimo-Brancaccio
Prince Stefano Massimo of Roccasecca
Prince Cesare Massimo of Roccasecca
Prince Valerio Massimo of Roccasecca
Prince Tancredi Rara Massimo of Roccasecca
Prince Ferdinado Massimo
Prince Ascanio Massimo
Princess Lavinia Massimo
Princess Maria Eleonora Massimo
Prince Carlo Massimo
Princess Elisa Massimo
Prince Filippo Massimo-Lancellotti
Prince Ludovico Massimo-Lancellotti
Prince Ascanio Massimo-Lancellotti
Count Stefano Massa of Sorrento
Count Sergio Massa of Sorrento
Countess Beatrice Del Bono Venezze of Giustiniani-Venice
Count Vittorio Del Bono Venezze of Giustiniani-Venice
Count Matteo Giustiniani of Sardi
Count Jacopo Giustiniani of Sardi
Prince Niccolo Giustiniani
Prince Roffredo Gaetani-D’Aragona-Lovatelli
Prince Gelasio Gaetani-D’Aragona-Lovatelli
Prince Bonifacio Gaetani-Dell’Aquilla-D’Aragona
Prince Andrea Cattaneo-Della Volta
Prince Carlo Gregorio Cattaneo of Sant Elia
Count Leone Contini-Bonacossi
Prince Vitaliano XI Borromeo
Countess Beatrice Borromeo
Countess Matilde Borromeo
Count Carlo Fernando Borromeo
Count Carlo Borromeo II
Count Alberto Passi de Preposulo
Count Gian Luca Passi de Preposulo
Countess Fulvia Filangeris
Princess Isabella Collalto de Croy
Prince Nicolo Boncompagni-Ludovisi (dead)
Prince Luigi Boncompagni-Ludovisi
Prince Alessandro Jacopo Boncompagni-Ludovisi
Prince Roberto Vergara-Cafarelli
Prince Corrado Vergara-Caffarelli
Princess Daniela Vergara-Caffarelli
Prince Francesco Vergara-Caffarelli
Prince Giovanni Maria Vergara-Caffarelli
Prince Filippo Vergara-Caffarelli
Prince Riccardo Vergara-Caffarelli
Princess Manuela Vergara-Caffarelli
Baron Emilio Galli-Zugaro
Baron Fabrizio Galli-Zugaro
Baron Umberto Galli-Zugaro
Marqius Riccardo Imperiali
Prince Rosario Imperiali
Marquis Andrea Imperiali di Francavilla
Princess Margherita Imperiali di Francavilla
Marchesa Federica Imperiali di Francavilla
Prince Camillo Aldobrandini
Prince Clemente Aldobrandini
Prince (???) Aldobrandini, Duke of Brindisi (Brother of Camillo)
Princess Olimpia Aldobrandini-Rothschild
Countess Cristiania Agnelli Condesa Brandolini di Adda
Count Brandino Brandolini di Adda
Count Ruy Brandolini di Adda
Count Guido Brandolini di Adda
Prince Bosio Sforza-Cesarini
Count Ascanio Sforza-Cesarini
Count Muzio Sforza-Cesarini
Prince Annibale Brivio Sforza
Princess Marta Brivio Sforza
Duke Giangaleazzo Visconti di Modrone
Duchess Osanna Visconti di Modrone
Count Luchino Visconti di Modrone
Count Raimondo Visconti di Modrone
Countess Madina Visconti di Modrone
Prince Giberto di Arrivabene-Valenti-Gonzaga
Countess Bianca di Arrivabene-Valenti-Gonzaga
Duke Benigno Melzi D’Eril
Prince Francesco Melzi D’Eril
Prince Giovanni Angelo Theodoli-Braschi
Princess Cosi Theodoli-Braschi
Princess Ines Theodoli-Torlonia
Prince Guglielmo Giovanelli-Marconi
Prince Giovanni Torlonia
Prince Marino Torlonia
Prince Guido Torlonia
Prince Giulio Torlonia
Count Alessandro Lequio-Torlonia
Count Alex Lequio-Torlonia
Duke Leopoldo Torlonia
Marquis Ferdinando Filippo del Drago
Prince Marcantonio del Drago
Princess Noelle del Drago
Prince Filippo del Drago-Marescotti
Princess Alessandra del Drago-Marescotti
Count Manfredo Paulucci de Calboli
Prince Piero Antinori
Prince-Pastor Piero Visconti
Prince-Pastor Alessandro Paradisi
Count Massimo Pierleoni
Princess Maria Camilla Pallavicini
Prince Moroello Diaz della Vittoria Pallavicini
Prince Sigieri Diaz della Vittoria Pallavicini
Prince Filippo Rospigliosi
Prince Michele Odescalchi
Prince Mark Odescalchi
Prince Carlo Odescalchi
Prince Baldassare Odescalchi
Princess Lucia Odescalchi
Princess Sofia Odescalchi
Prince Vittorio Emanuele IV of Savoy and Prince of Naples
Prince Emanuele Filiberto of Savoy and Prince of Venice
Princess Clotilde of Savoy and Princess of Venice
Princess Maria Gabriella of Savoy
Princess Maria Beatrice of Savoy
Princess Maria Isabella of Savoy-Genoa
Prince Amedeo of Savoy-Aosta
Prince Aimone of Savoy-Aosta
Princess Maria Cristina of Savoy-Aosta
Prince Lilio Sforza Ruspoli
Princess Maria Pia Ruspoli
Prince Costantino Mario Ruspoli, Prince of Poggio Suasa
Prince Franceso Ruspoli
Princess Giacinta Ruspoli
Princess Giorgia Pacelli
Prince Francesco Pacelli
Prince Filippo Pacelli
Prince Jonathan Doria-Pamphilj-Landi
Don Gianpaolo Landi di Chiavenna
Don Ludovico Landi di Chiavenna
Don Manfredi Landi di Chiavenna
Prince Prospero Colonna di Stigliano
Princess Vittoria Colonna di Stigliano
Princess Lucrezia Colonna di Stigliano
Prince Stefano Colonna di Stigliano
Princess Catherine Colonna de Stigliano
Prince Prospero Colonna di Paliano
Prince Marcantonio Colonna di Paliano
Prince Ascanio Colonna di Paliano
Prince Piero Colonna di Paliano
Princess Olimpia Colonna di Paliano
Prince Urbano Riario Sforza-Barberini-Colonna di Sciarra
Prince Oddone Colonna
Prince Raimondo Orsini
Prince Domenico Napoleon Orsini
Prince Girolamo Strozzi
Prince Maurizio Ferrante Gonzaga
Prince Corrado Gonzaga
Prince Filippo Corsini
Prince Duccio Corsini
Prince Lorenzo de Medici-Tornaquinci-Foscari
Prince Ottaviano de Medici
Prince Giuliano de Medici
Prince Lorenzo de Medici
Princess Alessandra Borghese
Prince Lorenzo Borghese
Prince Scipione Borghese
Count Antonio di Carpegna Falconieri Gabrielle
Count Giovanni di Carpegna Falconieri Gabrielle
Count Tommaso Carpegna Falconieri Gabrielle
Countess Caterina di Carpegna Falconieri Gabrielle
Prince Urbano Sacchetti
Marquis Giuseppe Gustavo Ricci Paracciani-Bergamini
Prince Aurelio Di Rella Tomasi of Lampedusa
Duke Gioacchino Lanza Tomasi of Palma
Duke Fulco Ruffo of Calabria, 8th Duke of Guardia Lombardi
Prince Francesco Luca Costa Sanseverino of Bisignano
Prince Pietro Lanza di Scalea
Prince Giuseppe Lanza di Scalea
Baron Francesco Adragna
Prince Gian Carlo di Rocco of Torrepadula
Princess Michela di Rocco of Torrepadula
Count Rocky Agusta (dead)
Baron Ottavio Serena di Lapigio
Prince Carlo of Bourbon-Two Sicilies
Princess Beatrice of Bourbon-Two Sicilies
Prince Antoine of Bourbon-Two Sicilies
Prince Francois of Bourbon-Two Sicilies
Prince Casimiro of Bourbon-Two Sicilies
Prince Luigi Alfonso Maria of Bourbon-Two Sicilies
Prince Alessandro Enrico Maria of Bourbon-Two Sicilies
Prince Gennaro of Bourbon-Two Sicilies
Princess Maria Annunziata of Bourbon-Two Sicilies
Prince Pedro of Bourbon-Two Sicilies, Duke of Calabria
Prince Carlos of Bourbon-Parma
Princess Maria Pia of Savoy-Bourbon-Parma
Prince Mario Chigi-Albani-della Rovere
Prince Flavio Chigi-Albani-della Rovere
Prince Marcantonio del Lante-della Rovere
Prince Antonio del Lante-della Rovere
Prince Luigi Borgia
Marquis Gaetano Sersale
Count Neri Capponi
Count Sebastiano Capponi
Count Niccolo Capponi
Marchese Niccolo Rosselli del Turco
Count Lando Cerretani-Bandinelli-Paparoni
Marquis Andrea Serlupi d’Ongran
Prince Domenico Serlupi-Crescenzi-Ottoboni
Marchioness Eva Serlupi-Crescenzi-Ottoboni-Pasquini
Prince Ettore d’Alessandro di Pescolanciano


Published by izrealzeus
MARCH 24, 2018 AT 10:54 AM
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 小林よしのりもパワー?なく... | トップ | 与党も野党もマスコミも彼ら... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-09-25 19:59:52
なるほど!繋がりますね。分かりやすいです。

コメントを投稿

OWOオールドワールドオーダー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事