♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

明治憲法第一条が国家神道を生んだ

2015-01-06 00:34:55 | 歴史
フルベッキら(グラバー=フルベッキ仲間でありサッスーン支社長でありメーソン日本の頭目)は明治憲法第一条に絶対君主を刻印した 伊藤博文らがドイツ制度を選択したからである この第一条こそ一神教である ユダヤ教は本家でキリスト教は分家 偉大なるキリストさまは最後までユダヤ教徒としてあった

日本人は神様といつも対話する やり過ぎたと叱られた時は懸命に神様をなだめる 日本人は神様を人間の役に立つお人だと思っている たまに神様が怒って殺されもする 神様は一人だとは絶対に思わない 花にさえ神様が宿っていると思っている

植物にも人間の霊気が伝わる 水の結晶が人間から発した霊気でその姿を変える 小保方晴子女史が細胞に霊気を吹き込んだのだ 唯物の者達には理解出来ないことである


日本では神道が世間様の役目を果たし、個々人の内実を安らかしめるのが仏教 それぞれ受け持ち分野が分かれている 廃仏毀釈はキリスト教を日本人に侵入させようとするアジェンダである 国家神道はinculturationという植民地支配に侵入する初期段階のカトリックの手口であります 明治憲法第一条に刻印した天皇陛下を絶対君主とし、国家神道で神格化が実現しました 皇室にキリスト教(ユダヤ教は本家、キリスト教は分家)を浸透させるなんちゃってユダヤの両建て戦略です

2.26事件は八百長!! 高橋是清など戦争(支那大陸に突っ込む!!)に反対する勢力をリセット(消去)した 彼ら▲ピラミッドのアジェンダ(行動計画)は、第一次世界大戦後にドイツをハイパーインフレに落とし込み、ドイツ人でないヒトラー(ロスチャイルドの孫)というトロイの木馬を送り込んで第二次大戦を成就させた 日本は明治維新(ウクライナ革命と同じオトポール革命)で完全に▲の持ち物となった 伊藤博文、大久保利通、天皇を利用した 日本はかつてのドイツ同様のアジェンダ(ハイパーインフレ)があることを知らなければならない(=「日支闘争計画書」のアジェンダ) 通貨発行権でこのような恐ろしいことが現実に可能である
コメント   この記事についてブログを書く
« 2.26事件は八百長だった | トップ | アメリカは徹底的に破壊進行... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事