♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

緊急事態条項は国会を閉鎖してあべちゃんが「私は立法府の長である」と言ったことらしい【あべちゃんの九条改正はツリだな】

2018-09-25 00:34:29 | 国連憲章敵国条項と九条改正のワナ
緊急事態条項は国会を閉鎖してあべちゃんが「私は立法府の長である」と言ったことらしい【あべちゃんの九条改正はツリだな】2018/09/25


 ツリ=そのネタにひっかかってしまうこと=ツラレル


憲法九条改正はツリ!なんです



あべちゃんの答弁=立法府の長!は国会議事録から削除されてしまいました



<緊急事態条項とはだましのFEMAです=強制収容所です> 焼印 全権委任法 国会閉鎖
ウイグル強制収容所=これが日本の緊急事態条項です
 これがアダム・ヴァイス・ハウプトの「氏名をいつわり職業を偽り訳のわからない話し方をせよ正体をさらしてはならない」=最大の武器は偽装!という教えであります
 FEMA入所者はただちにマイクロチップが身体に埋め込まれます 手でしょうか?それともバーコードを身体にプリント(いれずみ)されるのでしょうか?私の想像ですと=南米に侵入したスペイン人は南米土人?に奴隷の焼印も焼き入れました これは昔から額に焼印を入れることです 背中とか肩とかではありません 一目でわかる額です 昔から(大昔でしょうか?)奴隷のしるしは額に入れるのが普通の感じです 日本が腕に二本線を入れるのなんか子供っぽい?すごさ!です ナチスは腕に番号を入れ墨しました スペイン人はたぶん?肩あたりに奴隷のしるし(焼印)をいれたんでしょうね?黒人奴隷は肩に焼ごてを当てて焼印を入れてました あのグッチとかビトンとかのしるしはどうも?その焼印という話があります
 あべちゃん政権は2017年暮れまでにFEMA法案を仕上げるという公約(発表)でした そのFEMA強制収容所法案が出てきて成立するのは間近と思われます?


<オトポール革命はかれら(アメリカの)お得意の攻撃方法(手口)である>






<第五列> 民主主義
ここに資金をぶっ込む!のがジョージ・ソロスです ジョージ・ソロスはロスチャイルドの代理人です 古代エジプトが敵国との戦争などやらないで?敵国とのせんそ!なぞやらかさないで?内部崩壊したことです ヒクソスの第五列が古代エジプトの中にあったのです ヒクソスと相通じる勢力が一体となって古代エジプトを滅ぼした(内部崩壊)の?です
こんなことです→「事実、民主主義は共産主義者やその第五列シオニストが利用する破壊工作の究極の手段になっている。民主主義は、不道徳と共産主義への次の間である以外のなにものでもない。」



<フランスの緊急事態条項> フランス緊急事態条項
 フランスは緊急事態条項を発令して国会を閉鎖しました(これはきまりです) 10ヶ月間やらかしたのです そしてその間にフリードマンの新自由主義政策をガンガンやらかしたのです 子供を3歳児から義務教育化することもその一つです
日本で緊急事態条項(憲法改正で)がやらかされると・・・このような光景になります フランスの緊急事態条項(戒厳令)を続けるには3ヶ月ごとに議会の承認が必要ですが自民案では永久条項です 日本人が本当にバビロン捕囚となることです 戒厳令なんです フランスでは10ヶ月間!このこと(自衛隊の敵はわれわれ国民であること)が続きました=その間にマクロンはフランス国民があったまにくるような政策(新自由主義政策=新共産主義政策)をやりたい放題やったのです フランスの緊急事態条項は警察だけではなく、軍隊を使うことを許しています 日本の緊急事態条項が許されると自衛隊がわれわれをこのようにすることです つまり安保法制(安保法制は自衛隊の「傭兵法」です)で自衛隊(軍隊)民営化の道半ばの安保法制なんです
 マクロン(=ロスチャイルド)は、大統領ガードをフランス人ではなく、外人部隊にやらせてます よっぽどやられんのがこわい!んでしょ~ね? そういえば10何年か前にスパイの目を持つ堂本暁子が来たときのガードは朝鮮族のお面をつけてましたね?こんなもんでしょうか?
 2017年の短いネット内ニュースでブラックウォーターのような傭兵会社をつくる?として警察を辞めたお方の話がありましたが、やっと傭兵会社だとわかりました 名前は出ていませんでしたが日本でこのような傭兵会社が何百、何千、と作られるはじまりのはじまりの話だったのである すでに中国では何千という傭兵会社が中国人が移民している先(たとえばアフリカなど)で大活躍しており、人民解放軍の退役兵(かれらは若くして退役する=ま、クビだな?)が正規兵の何倍もすでにある!ということだ これはアメリカでも同様でISはこの傭兵である そしてすでに正規兵より人数が多いのだ 日本がこの方向にいくことは間違いない! 沖縄で活躍している政府側の何?はこの手のもの=手ノ者(忍者のこと)ということだ
・・・中国と韓国の国防動員法が国内の中国人、韓国人、に命令されたときはこの傭兵が尖兵(せんぺい 先兵のこと)となって日本人殺しのガイドをする!と思われる もちろん、日本国内に常駐している韓国軍(国連軍)も同じ尖兵である 私は最近(2018年8月)、日本国内の国連軍に中国軍がいる!と判断しています=これマジ!です アメリカでもソ連軍とかオーストラリア軍とかカナダ軍とか中国軍とか、同じことです



<フランスの戒厳令> フランス緊急事態条項 戒厳令 FEMA
フランスの戒厳令のことです マクロンが新自由主義政策をやらかす!ためにこんな偽旗作戦をやらかしたのです(これは10ヶ月で終わってからわかったことです) ここで重要なことは3ヶ月と期間が限定されている緊急事態条項だということです=自民案は無期限です 
フランス憲法にある緊急事態条項は期限付きです 3ヶ月間です フランスは10ヶ月間これをやらかしました!延長延長を議会に認めさせてやったのです
 どういう?ことかというと?国民の権利がなくなるのです 国会は閉鎖されます 盗聴とか集会の自由とか言論の自由とかなくなってしまいます 基本的人権がなくなります 予防拘禁オKです 日本の自民党改憲案(2012年発表)はおっそろしいです=期限なし)
 2017年10月のニュースでは戒厳令を一部恒久化(こうきゅうか 永久 とこしえ)することになった
日本は期限がないので戒厳令は永久!ということです バビロン捕囚とはこのことです 日本人は基本的人権とか、憲法上の権利である集会結社の自由とか、言論の自由とか、職業選択の自由とか、婚姻の自由とか、がなくなるのです(実はこれが近未来小説1984のことです あと30年もあればかれらは1984の世界を手に入れる!=1984はわれわれのものだ!とニヤニヤしています)
 テロ対策法?なんて?言ってますが戒厳令のことです 日本の緊急事態条項も戒厳令のことです これがマスコミのスピン(そらし情報)ということです マスコミの「真実を隠して真実を語る」ことです これが彼らの通名使いの名人たるところなのです 緊急事態条項とは戒厳令(本名)の通名なのです この緊急事態条項によってマイクロチップ人体埋め込みが義務付けられます これが決まれば我々日本人は政府に抵抗できなくなります だから日本では犬に義務付ける?みたいなニュースしか流されないのです 北海道がかれらのものになります=独立!という意味はこのことです
 日本人は通名のおっそろしさを知らないからだまされるのです 通名なんて使ったことない!学校教育されてない!会社で話したことない!会話=井戸端会議で通名のことなんか話さない!からです かれらは通名を使うことは日常なのです



<義務教育は3歳から> カナンの遺言=教育の独占と幼児教育の支配
マクロンが戒厳令(10ヶ月)の間にやらかした新自由主義政策の続きです まさしく近未来小説1984の子供の教育は親にやらせないで国(かれらが支配している国=商人国家)がやる!ということです
 まさに聖書研究家・宇野正美氏が講演会のためにアメリカから来ていただいたキリスト教会のクラウリー先生の子供が学校から帰ってきて、お父さんの考えは間違っている!と言われてショックを受けたことです
↓↓↓動画です 是非ともみてください
ーNEWSー ディール・クラウリー氏(アメリカ・ジャーナリスト)の講演「アメリカの没落、日本の選択」
https://www.youtube.com/watch?v=W-4JyMzV3os
https://www.youtube.com/watch?v=xEC-iRGYabk
ーNEWSー 母子手帳はアメリカの策略
https://www.youtube.com/watch?v=O97EHLn2CHA


<ホモ写真>
おフランス大統領がこれだもんね? LGBT=肛門性交 アナルセックス
 最近わかった!ことですが・・・フランスはドイツの奴隷となっています!ドイツの言うがままです マクロンがメルケルにゴマすってる写真を最近(2017年9月)見ました メルケルが女王様です しかし?メルケルも男?ではないか?という疑惑があります? オバマの奥様の例?から?かれらのやりそうな?ことですね? しかしホントかどうかはわかりません パパは若い女性のキスさえ受け付けなかったんですから・・・
カナンの呪い<邪淫を愛せ!(好んで淫らなことをせよ!)> 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« キノの旅【城壁都市 独立国... | トップ | 山本五十六は戦後にニューヨ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国連憲章敵国条項と九条改正のワナ」カテゴリの最新記事