♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

​​生殖器にダメージを与える(政府は徹底的な不妊化を計画してます)イベルメクチンの病院使用になるらしい。2021/08/31

2021-09-25 20:40:44 | 静かなる戦争(人口削減)
生殖器にダメージを与える(政府は徹底的な不妊化を計画してます)イベルメクチンの病院使用になるらしい。2021/08/31

下記のコメント欄を開いて見てください。
 参考になります。

イベルメクチンは、
 ふるいつきたくなる梅毒女です。
みんな?ふるいついたんです‼️ちゃんちゃん。


彼らにうっかりとか見落としは絶対、無いんです(コメントさま)。
     我々は、彼らを見くびってはなりません。

取りこぼしの無いように念入り!を入れた!!のがイベルメクチンだと分かりました。


発想の根源は「黄禍論」(白人研究者)だと私は思ってます。
寄生虫🪱(彼ら支配者のことです)の生物学的行動です(白人研究者)。


彼らは今まで一神教で民をコントロールしてきました。
しかし、
彼らは極小マイクロチップを開発し、
 一神教と同じ人民コントロールを可能にしました。
より、人民コントロールがやりやすくなったんです。








最後の方の書き込みに生殖器ダメージ(子宮が発達しないこと)が書いてあります。
イベルメクチンは人口削減に最適のモノです。なにしろ?牛や馬の虫下しですけんね。
 子宮頚がんワクチンは、アメリカで愛犬が調子悪くなる避妊薬(ま、ワクチンと言ってますがね)なんで、愛犬家から嫌がられ(多分クチコミ)、余ったのを人間に子宮頚がんワクチンだとだまして売ったようです。今現在でも盛んに売り込みをやってます。コロナワクチンのspin(目そらし)だとネットでは言われています。

 産婦人科医院の医師が接種した10人のうち3人が医院の中で昏倒(こんとう)するのに不審を抱いた医師が調べると、犬の避妊薬を薄めたものだと分かったそうです。これは女子中学生の母親を渋谷駅前地下街で私がインタビューしたことです。

9月9日の首相記者会見で全国の病院で外来処方されていることが明らかにされました。尾身茂医師会長は”対策パッケージ”と述べて他の薬との併用使用(抗体カクテル療法)を言いました。

ーーー 東京都医師会長のイベルメクチン礼賛 ーーー
礼賛=らいさん。れいさんと読んではなりません。

↓↓↓一目でな?
  子供がな、ウソついてる顔だわな。
 こいつ!子供だわ。

akiatoji @akiatoji 12時間
当のMerckは「寄生虫薬のイベルメクチンにはCOVID19に対してなんの効能も認められてない」って発表してる。6ヶ月も前に。

https://www.merck.com/news/merck-statement-on-ivermectin-use-during-the-covid-19-pandemic/

↓↓↓アメリカ医師会が
ロックフェラー財団(=ロスチャイルドです)と連携していることと同じ事です(白人研究者)。
たぶん?79円のイベルメクチンを1万円にすんだろな。
イベルメクチン
1. こいつ代理店だから 2021年08月31日 12:54
イベルメクチンもう医師会が買っているから。利権だぞ。北里大学、メルク社、興和繋がっているから。


イベルメクチンです。

副作用?いくらでもそんな情報は隠せる‼️
                       polio見てみろよな。
Unknown (宇宙人)
2021-09-01 05:40:56
ひでせろ @SG駐在中 @hideaki5000
イベルメクチン投与国とコロナ志望者の奇妙な相関関係を示すグラフ。 検証は必ず必要だが仮に効果がある場合、ワクチン製薬会社にとっては儲からないので不都合となる。 イベルメクチンは河川盲目症に効果のあるヒト向け抗寄生虫薬としてしられる。アフリカ大陸で広く使われ副作用も比較的少ない。
Robert W Malone, MD @RWMaloneMD 8月30日
Well, what a strange coincidence...
https://twitter.com/RWMaloneMD/status/1432165647463718912



政府は、1974年にローマクラブが推進する人口削減計画に同意して、
 その方向(人口削減)を決定しました。←日本人は知りません。
1974年に、日本ははっきりと人口問題審議会が主催し、厚生省と外務省が後援した会議では、「子供は2人まで」という趣旨の大会宣言を採択しました。政府は1974年に人口抑制策を進めた。

 電通が「子供作らず2人で海外旅行」のキャッチフレーズが広まり、若夫婦は子供を作らなくなりました。
“少子化対策担当大臣”とは、我々が抱いているイメージとは真逆の意味があります。


「抗体カクテル療法」の外来診療での投与を認める方向で調整へ
2021年8月25日 6時46分
 新型コロナウイルスに感染した入院患者などに行われている「抗体カクテル療法」をめぐり、厚生労働省は、自宅療養者への対応を進めるため、一定の条件を満たした医療機関では、外来診療による日帰りでの投与も認める方向で調整を進めることになりました。

  ーーー レプリコン ーーー
私の感じでは、生殖器だけを狙った、
    M16の5.56mm弾の感じがします。
 人間の生存全体を殺すAK47の7.62mm弾ではなくです。
   ↑↑↑これがコロナワクチンです。
 5.56mmは、殺すのではなく、
兵士にダメージを与えて軍全体を弱らせる目的です。
 ↓↓↓レプリコンは原点に帰った毒処方だと、
     私は感じます。


Unknown (宇宙人)
2021-08-31 15:11:03
今までさんざん、ファイザーやアストラゼネカやモデルナで重症化や異物混入の報道は国産なら安全だと思わせる為の時間稼ぎだったのでは…。


オオカミおばさん
羊🐏🐑ちゃんたちは、何も考えずに
あとについて行きます。


「最も古い詐欺のワクチン(ユースタス・マリンズ)」
  ↑↑↑130年前からやられてんから、現代の我々は知らんわな。
      洗脳方法は、”ワクチンは救世主”と刷り込むこと。
       メディカルコンスピラシーあるいは、ワクチンコンスピラシーです。
    刻々と変異するデルタ株(コロナ風邪)
             に対処するワクチンなんて?夢見てんだな。
彼らは、失敗したジェンナーの種痘実験を見て、これは?「商売」になる‼️と大喜びしたんです。
「安全なワクチンがあるとしたら、
  それは唯一、
  実際に使用されないワクチンである」
     (ジェームス・R・シャノン)
日本で種痘ワクチンを接種したところ、逆に天然痘が大発生し、
1892年(明治25年)には16万人が天然痘にかかり、3万人が亡くなりました。


Unknown (白ネコ)
2020-03-29 02:23:12
RKさん動画の、BCGがコロナに効くというのはちょっと納得できませんね。
ワクチンの抗原抗体反応は、鍵と鍵穴の関係ですから、何となく効果があるかもっていうのはないはずです。ワクチンを見直させようとしているような。
ワクチンの説明書に、チャンと副反応で死亡する場合があると書いてあります。予防の為に命を落とすなんてばかげてる。ワクチンは調べれば調べるほど思いますが、打たないにこしたことありません。

↓↓↓残念ながら、全て出鱈目(でたらめ)です。
  日本人は、このように思い込んで(洗脳。催眠術😵‍💫)います。


塩野義ちゃんは、
 飲むワクチンを発売するみたいでんねん。
 毒を調合するだけなんで、
技術者?程度なら出来るんですね。
日々、変異する風邪菌に対処する固定した抗体を与える。なんて〜のは、無理なんです。
 自然の摂理に挑戦すりぱかものです。
ワクチンが救世主だとする幻想なんです。


空にイエスさま 
         ーーー ブルービーム作戦 ーーー
彼らは、キリスト教で、
 ブタどもに幻想を与えることに慣れてんです。
慣れてるというより自分の息子だという幻想を与える詐欺手法(オレオレ詐欺)なんで、幻想(催眠術😵‍💫)技術を使わざるを得ないんです。
  ワクチンが救世主だとね。
具体的には、
130年前から医学徒たちへの幻想(催眠術😵‍💫です)。
「ワクチンは治療薬」だという幻想です(白人研究者)。
医者の幻想は、
 患者の我々にもうつります。
ワクチン打てば?たいじょうひ‼️だという幻想です。
8月に入って、イスラエルでは、
 この幻想は半年になりました。
半年過ぎれば、2回うった人も非接種者になってしまう魔法です。
 ま、彼らは魔法使いハリーポッターですけんね。



異族に子供が出来ない‼️ようにすること。
400年前の
ユダヤ70人法院(サンヘドリン)
  の命令がウススの手紙です。
子供たちを商売人にして、異族の財物を奪うこと。
息子や娘を医者や薬剤師にして異族の命を奪うこと。


彼らの目的は、
 あくまでも異族の不妊です。


そーは言っても?
 あくまでも「商売」です。
バースの領域の独占です。
 不妊科外来は来客数がデパート並みです。


↓↓↓イベルメクチンは人口削減に最適です。
   ばっきゃろ〜〜ゥ〜〜‼️
Unknown (佐藤 武)
2021-08-24 13:05:45
イベルメクチンについて、必ず、『 知っていた方がいい 』と思われる事が、次のURLに書かれています。
https://ameblo.jp/nomadodiet/entry-12684624813.html

上のリンクに、次のような事が書かれています。
このイベルメクチンの作用は、寄生虫感染(ワンちゃんの抗フィラリア剤として使用)には有効かもしれませんが、ウイルスに対してはさらに別の重要な作用があることが報告されています。
その作用とは、私たちの細胞の遺伝子が格納されている核内にタンパク質を運ぶ機能をストップさせることです。
イベルメクチンを予防の為に、飲んでいる人がいるようなので、この情報を拡散させる事をお勧めします。
イベルメクチンを予防の為に飲んでいる人は、上記のURLの記事を必ず読んで下さい。
おそらく、イベルメクチンは、かかった時に服用すべきもので、予防の為に飲み続けるのは良くないのだと思います。
遺伝子操作してこの輸送システムをなくしたマウスでは、メスでは卵巣や子宮が発達せず、プロゲステロン(新型コロナ感染に最も有効なホルモン)産生量が著明に低下しました(
Targeted disruption of one of the importin α family members leads to female functional incompetence in delivery. FEBS J. 2011 May; 278(9):1561-72)。その結果、不妊および受精したとしても死産します(Novel importin-alpha family member Kpna7 is required for normal fertility and fecundity in the mouse. J Biol Chem. 2010 Oct 22; 285(43):33113-33122)(Importin α7 is essential for zygotic genome activation and early mouse development. PLoS One. 2011 Mar 29; 6(3):e18310)。


マハティール首相
ーーー ユダヤ人は各国トップに座るユダヤ人たちで世界を支配しています ーーー
全世界で同じ作戦をやれるのは、
 各国に大昔から支配者に居座っているユダヤ人がネットワークを組んでいるからです。
昔から、それぞれの国の国民になっているから黒人風・白人風・アラブ人風・黄色人種風、なんです。

 マハティール首相

 各国ユダヤ人支配者集合写真


 各国国旗と支配者ユダヤ人集合写真



 ーーー 世界連邦運動 ーーー
プラザ合意前後から霞ヶ関のお役人さま方の総入れ替えが行われました(中丸薫)。
 霞ヶ関の課長以上はFreemasonです(中丸薫)。
世界連邦運動員となったお役人さま方です。
↓↓↓日本や外国や宇宙の動向さまからお借りしました。2021年9月17日記事。
アライアンスからの情報は心理作戦のために流していると思います。どこにでもDSが浸透していますから。ワシントンからのメッセージもそうです。みんなに希望を持たせて大人しくさせておいて彼等のアジェンダを押し進めているだけです。それにトランプは救世主でもなんでもありません。日本人は米国のトランプに頼ることはできません。日本人が日本を良くするには日本人自身が戦わないと。希望的観測の情報に騙されるのはワクチンの嘘に騙されるのと同じメンタリティですね。
大量逮捕はまだできていませんね。日本の政治家も世界中の政治家も殆どがホンモノです。私たちが立ち上がらないと彼等の独裁者ぶりは益々ひどくなります。彼等はゴムではありません。



Unknown (宇宙人)
2021-08-31 05:33:26
政府が決して言わない、進化生物学的に見て危険な「日本のワクチン接種計画」の"あるリスク"
害虫駆除の「不妊化」という方法
害虫の駆除法に話を戻そう。
環境に優しい害虫防除法が最近ではつぎつぎと開発されている。その1つに、虫のオスを大量に増やして不妊にし、野外に放す「不妊化法」と呼ばれる駆逐法が流行はやっている。
ブラジルや中国では、伝染性の病気を媒介する蚊を根絶するために、不妊化した蚊を大量に野に放つプロジェクトが展開されている。
不妊化したオスは野生のメスと交尾するが、不妊オスと交尾したメスは子供を残せない。毎世代、たくさんの不妊オスを放つと、ついには根絶に至るという害虫の根絶方法で、その原理は1950年代にアメリカで生まれた。
世界初の大規模成功例は「日本」
主に海外で展開されているこの不妊化法であるが、世界で初めて大規模スケールで害虫の根絶に成功したのは、実は日本である。
みなさんは、沖縄産のゴーヤー(ニガウリ)やマンゴーを食べたことがあるだろう。こうした沖縄産の野菜や果物を、東京や大阪で食べることができるようになったのは、比較的最近で1993年以後である。1993年は野菜と熱帯果樹の大害虫であるウリミバエが、不妊化法によって南西諸島から根絶された年となる。
この根絶プロジェクトは、農林水産省と沖縄と鹿児島の両県が莫大な予算を投じて害虫であるウリミバエを増やし、コバルト60を照射して不妊にしたオスを野に放ったもので、野に放たれたオスは野生メスをひたすら探し出して交尾をせんとする。
不妊オスと交尾できた野生メスは卵を産むが、不妊オスの異常精子を授精しても卵は孵かえらず、子を残せない。圧倒的な数の不妊オスを撒き散らすと、野生メスは数世代で野生のオスと出会う機会がなくなり、その種は根絶にいたる。南西諸島でヘリコプターから地上に撒き散らかされた不妊オスの数は、毎週1億匹であり、根絶までにはのべ530億匹の不妊オスが放たれた。
この巨大プロジェクトの成功によって、1993年には南西諸島のすべてからウリミバエは一匹残らず駆逐された。そして、沖縄や奄美で栽培された野菜や果物は日本全国に流通するようになった。
抵抗性を持ったメスが登場
ウリミバエの根絶は薬剤抵抗性のような駆除する側と駆除されるものとの果てしない戦いである「鼬ごっこ」が生じない完璧な駆逐法だと、誰もが考えた。そして不妊化法は、環境にやさしい害虫防除法として、一躍有名になり、世界中に広まった。
しかし、その華やかな表舞台の裏で、不妊オスに対する抵抗性をもった野生メスが進化していたことを示唆しさするデータがあることはほとんど知られていない。不妊オス抵抗性をもったメスの出現である。
不妊化されたオスと野生オスを見分けることのできる野生メスが出現したことを当時のデータは示している)。先述したとおり、あらゆる生物には変異がある。オスを見分けるメスの能力にだって、個体による差があるのは当然だ。


Unknown (宇宙人)
2021-08-31 05:34:05
政府が決して言わない、進化生物学的に見て危険な「日本のワクチン接種計画」の"あるリスク"
https://president.jp/articles/-/45215?page=2


コメント (20)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする