わっきぃブログ

娘&息子とサックスと映画と海と出張その他日常で気がついたことをぶらぶらと書きつづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

とりあえず、ストは無し。

2004-09-23 20:54:40 | Weblog
プロ野球スト中止…球団と選手会の交渉妥結

とりあえず、今週末のストは回避されたようです。
NPBが来期新球団参入に対して前向きに検討するとし、
それを選手会側が了承するという決着のようです。
良かったですね。

さて。
NPB、選手会側は決着付いたようですが、
参入しようとしているIT軍の方はどうなんでしょう?

”ライブドア”が先鞭を付けたモノに対し、
”楽天”が乗っかり、漁夫の利を得ようとしている。
どちらも仙台なんて・・・。
勢いはあるのかもしれないけど・・・ねぇ。


う~む。
まともな審査になるんだろうか?
審査の結果やっぱりダメ。
な~んて結果にならないのかな?

審査する方もされる方も、真剣に頼みますよ!
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« バックアップは大事。 | トップ | 羽田国内線も施設使用料徴収! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新チーム名 (giants-55)
2004-09-27 02:18:53
書き込み有難うございました。



オリックス(個人的には、チームの呼称を親会社名にするのは抵抗が有るのですが、話の都合上、此処ではブルーウェーブではなく、オリックスと書きます。)って、結局はチーム名というものを重要視してないんでしょうね。オリックスが、旧名称のブレーブスを変更した際、神戸の蒼い海をイメージして「ブルーウェーブ」と名付けましたとか言っていましたが、こうもあっさり外してしまうのでは、そう思わざるを得ません。チーム名って”顔”だと思うし、ファンも愛着を感じるのはその部分も有ると思うんですけどね。大阪にフランチャイズを移すって事も有るんでしょうが、阪神・淡路大震災の際に、あれだけ「頑張ろうKOBE」とかやってたのは何だったんだろう?とも思ってしまいます。



思うに、オリックスの球団経営熱が冷めて来たのは、イチロー選手がメジャーに移籍した頃から始まっていたのでしょうね。皆さんが書かれている様に、恐らく数年でバファローズの名前も変えちゃう可能性大だと思います。それならば、小手先の懐柔策を弄する様な事をせずに、心機一転、全く違うチーム名にした方が、ファンは余程スッキリするのでは?仰木氏を監督に据えるというのも、バファローズ&ブルーウェーブ両方の監督を経験しているので、ファンも抵抗なく受け入れるだろうし、着いて来てくれるだろうという計算が見えてしまいます。(個人的に、監督としての仰木氏の手腕は評価していますが。)何か、全てに於いてファン不在って感じですね。



P.S. 「新チーム名をどう思うか?」をファンに尋ねたら、圧倒的多数で否決されそうな気がしますね(笑)。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

古田選手会長決断!プロ野球ストライキ中止! (三日坊主の雑記帳)
プロ野球界の救世主!革命戦士! 古田敦也
イチローが4安打でスト回避 (青い空は大嫌いだ水色の空は大好きだ)
イチローが昨日に続いて大当たり。 確変連チャンモード入りました。 これだけ打たれてしまうと相手投手はどう思うのか 知りたいところです。  第1打席の中前打で20日の第3打席から1四球を挟み、  球団記録に並ぶ8打数連続安打。  二回の投ゴロで記録は途切
イチローすごいね。スト回避だってさ。 (産廃デリシャス)
米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は22日、アナハイム(米カリフォルニア州)でのエンゼルス戦に「一番・右翼」で出場し、4安打(6打数)を放って今季安打数が歴代8位の247となった。残り10試合で、メジャーの年間最多記録257安打まであと「10」。
来季もパ6案!古田スト回避へ (魚の足の裏)
日本プロ野球組織(NPB)と労組・日本プロ野球選手会(古田敦也会長=ヤクルト)の団体交渉となる「協議・交渉委員会」が22日、名古屋市内のホテルで開催され、NPB側は新規参入球団について「審査を通れば、来季の参入は可能」とする見解を提示。来シーズン、セ6、
ストライキ回避だってさ (オフィス金木犀)
イチローが昨日に続いて絶好調。 4安打めった打ち。打率が凄まじい。 ライブドアVS楽天の仙台ウォーズ。 楽天の社長さんは球団オーナーと仲がいいのよと さりげなくアピール。 勝算アリアリ。
祝・スト回避&労使妥結! (スポーツメンタルトレーナーの小噺)
 良かった…。本当に良かった。それぞれの立場から可能な限りの妥結点を見つけ、このような結果に到ったことを本当に嬉しく思います。一番取り入れられたのは、球界を支えるファンの声でしょう。選手会側も、まあ交渉当初からわかっていたとは言え、オリックスと近鉄の合併
ストライキは回避された (OWL-611-Silent)
球界再編をめぐる労働組合・日本プロ野球選手会(古田敦也選手会長=ヤクルト)と日本プロ野球組織(NPB)の労使交渉が名古屋市内のホテルで開かれ、12球団制維持に向けて来季からの新規球団参入などで合意に達した。6月13日にオリックスと近鉄の合併公表から約10
Major: ICHIRO Exciting! (Nantokanarusa)
イチローがヤバ過ぎる。今日も4安打だ。 誰かヤツを止めろ。あの出塁率は犯罪だ。 このまま記録の大幅更新を強く希望。 http://www.nikkansports.com/ns/baseball/mlb/f-bb-tp2-040923-0030.html 前回を参考にして、てっきり2日間にわたると思っていた交渉が終了。 ス
ストは回避はされたけど… (ざわ と~く)
「合併反対」「合併撤回」を旗印にしていた活動をしてきた身としては、はっきりと敗戦という文字が見えてきてしまっている。 これはこの記事の礒部の表情を見ても明らかである。
古田の涙 磯部の涙 (旅は人生の道標)
迷走したプロ野球の再編問題は、昨日のスト回避で一応の決着 楽天かライブドアの新規参入が認められれば、来期12球団を 維持出来そうだ しかし、最近めっきり報道されなくなった構造的な改革が 成されなければ、また同じような問題は確実に起こりうる 放映権料、複数年契約や
新規参入、楽天が当確 (頭がスッキリするコラム)
まず、選手会が、なぜあのような機構側の空手形同然の文書で合意し たかは不可解だが、次回、見えてきた選手会の亀裂とともに、合意書を 検証していきたいと思う。 今回は、タイムリーな新規参入の審査に焦点を絞り話を進めたい。 合意書によると、 2、審査は、実行委員会
プロ野球・交渉妥結でスト回避へ (北海道はどうでしょう!?)
今週末にも予定されていたプロ野球の「ストライキ」が、労使交渉の妥結により回避される事になりました。 プロ野球スト中止 新規参入促進などで合意=差替 (共同通信) - goo ニュース 2度目となるストライキが回避されての感想は「この際もう一度ストを打って、もっとハッ
オリックス・バファローズというチーム名 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
ブルーウェーブとバファローズが合併したが、新チーム名は「オリックス・バファローズ」に決定した。両チームのファンとしては、この名称はどんな感じなんだろうか? 両チームのファンの反感を出来るだけ少なくし、すんなりと新チームへの移行を図る為に、両チーム名を盛り
労使交渉妥結→スト回避 (FUKUHIROのブログ)
労働組合・日本プロ野球選手会と日本プロ野球組織(NPB) の労使交渉が23日に行われ、近鉄とオリックスの合併凍結 はできなかったが、早期の新規参入を進めてもらうことを 認めさせ、労使交渉の妥結→25日・26日のストライキ 回避となった。 古田会長をはじめとした
IT球団 勝算なし! (頭がスッキリするコラム)
前回、“選手会内部の亀裂”と“合意書”について書くと予告したが、選手会 については、憶測の域をすぎないこと。合意書については、かなりの方がそ れぞれ検証されているため、内容を変更することをお詫びする。 「朝生」で田原が触れていた、「楽天はネット中継で1人3