Credo, quia absurdum.

旧「Mani_Mani」。ちょっと改名気分でしたので。主に映画、音楽、本について。ときどき日記。

実相寺昭雄「姑獲鳥の夏」

2006-12-15 23:56:25 | cinema
姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


2005日本
監督:実相寺昭雄
原作:京極夏彦
脚本:猪爪慎一
音楽:池辺晋一郎
出演:堤真一、永瀬正敏、阿部寛、原田知世、田中麗奈
清水美砂、篠原涼子 、松尾スズキ、いしだあゆみ


産院の異様な建築!
これだけで私は満足した。
実相寺は異様な建築フェチであることは間違いなく(笑)、
「曼陀羅」での表現主義的/ダダイズム的モーテルといい、これは実相寺的な世界と言っていいのでは。
なにしろハイライトがまさにこの病院の炎上だったではないですか。
ここにこだわりの深さを勝手に観た私である。

(いや、異様な建築フェチは私か・・(汗))

そう、それと、
あの、墓場に挟まれた土塀の坂道!
あの風情も、十分に個性的なたたずまいだった。
陰湿というのとは違って、妙に安っぽいくせになんだか禍々しいという、独特のたたずまい。あの坂道にはまるかどうかがこの映画のリトマス試験紙だという気がしてならない。
このはまり具合はどこから来るのだろう・・・と問えば、やはり往年のウルトラセブン的?・・・(と毎回のように書いてしまうのもどうかとは思うが・・・)



思うに、前回観た「悪徳の栄え」でもそうだったけれど、実相寺監督は、昭和初期という時代を取り上げながらも、必ずしもその時代臭を出すことには腐心していない。
時代のアイテムもまだ実相寺ワールドを作り出すための手持ちのコマなんだろう。
だから、時代考証や人物の髪型とか原田知世の顔が現代っぽすぎるとか田中麗菜のメイクがありえないとか言い出しても、たぶんそんなことは痛くも痒くもないのだ。

ここはむしろ、暗い室内にありえないスポットライトがゆらめく演出とか、大概水平に対して斜めになっているカメラアングルとか、窓の向こうで怪しくゆらぐ人影とか、いかにも作り物の胎児のホルマリン漬けとか、障子の向こうから移される産女の絵とかを、そういう映像的世界をせいぜい楽しめばいいのだ。

***

原田知世がどう撮られているか楽しみであったけれど、悪くなかったな。
おそらく涼子の清楚な一面を出したくてのキャスティングなのだろう。正面から撮るときの謎めいた落ち着いた涼子はなかなかよかった。
けれど、一瞬のカットで見られる「久遠寺の母」の厳しい表情の知世さんは、まさに実相寺的女性という感じがした。
いささかその表情は一本調子なところはあったにせよ、ラストでの、久遠寺の母から涼子への=姑獲鳥から産女への移り変わりが、表情の移り変わりで表現できていたところはさすがと思った。

ついでにそのあと、温室へ落ちていくカットの美しさはこれまたよかったし、そのあとのサブリミナル寸前のフラッシュバックの応酬も、私的にはなんだか音楽のようで心に響いた。きっと劇場で観たらかなり刺激的なのだろうけれど。


永瀬正敏は好きな俳優さんだけれど、この役ではちょっと力が出せなかったかなあ。彼が力が出ないなんて、相当な現場だったんだろうか?(笑)

池辺晋一郎の、ちょっと時代がかった現代音楽風(笑)音楽も、実相寺以外には使いこなせないだろう的響きだったし。


というわけで、
これは、普通に原作の民俗伝承似非科学的ミステリーとしての謎解きや、市川金田一的陰湿を求めて観ると相当に物足りない映画と察せられるが、あくまで実相寺的映像世界の探求として観るならば十分に面白みのある作品だったのではないでしょうかね~
いきなり、現実は脳が作り出したバーチャルリアリティである!とか上段に構えられても、それは2005年のいまどき、どこか本気じゃないだろうよ~。
本筋こそがサイドストーリーと思って、心して楽しむべし。


好き度:

人気blogランキングへ
↑ぼちっとオネガイします。


↑お買い物はこちらで

コメント (8)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 実相寺昭雄「悪徳の栄え」 | トップ | 実相寺昭雄「あさき夢みし」 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画での (st/ST)
2006-12-16 02:03:09
時代考証的な側面は映っているモノにあるようです。

風景とかははなっから無理なので
「細部にこそ神が宿る」という心構えだったそうです。
(監督のコメンタリーの発言からです。
 残念ながらレンタル版だと未収録ですが...。)
爆撃機の種類や、
ドイツ帰りの医者なのでドイツ産の医療器具を揃えたとか、
古書も由緒ある古書店からホンモノを借りたとか...。

そう言えば、原作者自らが演じた役や
あの紙芝居の絵はサービスとして楽しかったです。

また、
原田知世のやつれた顔が好きな者(笑)としては
かなり良かったのですが、
原作を読んでいるので、後半、もう少し、
エロティックな方向に踏み出した姿も見てみたかった気がします。

この映画については随分前に某所で書きましたが、
思い返せば昨年の夏のことでした。時が経つのは...。
某所で (manimani)
2006-12-16 02:58:22
☆st/STさま☆
なるほど、そういうことですか。
エンドで映る、本筋とは関係ない古い事物を写したモノクロ映像のシークエンスなんかは、その時代への思い入れを強く代弁していて好きでしたが。

某所で原田知世と篠原涼子をいれかえたらよかったという評を読みましたが、それだと「エロティック」はもしかしたら実現したかもしれないけど「清楚な」という部分は表現できなかったかなと思いますね。
ここはやはり原田知世にもうワンステップがんばってほしかったところでしょうか。

原作者と紙芝居はご愛嬌だったですね。
クレジットに役名まで入ってましたしね。
女性の役柄を (st/ST)
2006-12-18 03:23:16
入れ替えてしまうと、
ちょっと雰囲気が変わってきますね。
女性陣はいしだあゆみの怪演含めて皆ハマっていたと思います。

原田知世の役は、
少女性と、誘惑者としての側面、
恐ろしさを含めた母性といったものが入り混じっているので
原作を読んでいた者として、
また実相寺監督のファンとして
大きな期待を予め抱いてしまっていたので
結局、原田知世は映画の中で良かったと思ってはいますが、
『屋根裏の散歩者』での宮崎ますみのような危うさも
観てみたかったという思いも残ります。

監督自身は、
原田知世の清楚さのおかげで
あまりエロな方向に振れなかったのが
自分としては逆に良かったと発言してました。
屋根裏 (manimani)
2006-12-18 12:47:05
☆st/STさま☆
原田知世がああだったからこそあの映画はああだったんだなと思いますね。確かにかなり難しい役柄で、まあまあの好演だったですけどね。

「屋根裏・・」は未見ですけど、レンタルはもしかしたらア○ルトコーナーにあったりするんでしょうかね?こんど観てみよう。
アダルトにあると思われる (st/ST)
2006-12-18 15:50:57
実相寺作品は
『アリエッタ』、『ラ・ヴァルス』、『堕落』の3本だと思います。
『屋根裏...』と『D坂..』は一般作のコーナーかと。
どうも (manimani)
2006-12-18 17:58:58
☆st/STさま☆
示唆ありがたく。
「屋根裏・・」は「アダルト指定版」があるとどこかで読んだと思ったのです。
探してみます。
それは、そうです。 (st/ST)
2006-12-19 01:26:59
DVDは1種類しかありませんが、
ビデオ版だと、インターナショナル版=オトナ向け、
国内版=プチ・アダルト版(笑)という感じだったかと。

田中登監督の日活ロマンポルノ版もありますけど...。
あ、そうそう (manimani)
2006-12-19 04:02:24
☆st/STどの☆
あ、そうそう、インターナショナル版!
ビデオ版なんですね。
allcinemaによるとレンタルありと・・う~む
観たい(笑

コメントを投稿

cinema」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション (1-kakaku.com)
昭和20年代末の東京。雑司が谷にある大病院に奇妙な噂が。なんと院長の娘が20ケ月もの間妊娠、しかも娘の夫が忽然と姿を消したという。さらにこの病院で新生児が姿を消したり、元看護婦が謎の死を遂げたりも。これらすべての事件を古本屋の店主であり陰陽師でも ...
「姑獲鳥の夏」 伝わってくる現実への不安定感 (はらやんの映画徒然草)
あまり評判は宜しくないようですが、実相寺昭雄監督の「姑獲鳥の夏」は京極夏彦作品の
姑獲鳥の夏 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「姑獲鳥の夏」は、京極夏彦さんの大人気シリーズ"京極堂シリーズ"の1作目にして、デビュー作である同名小説を無謀にも映画化してしまった妖怪ミステリーです。  監督は、「無常」の実相寺昭雄監督ですので、昭和20年代の怪しげな雰囲気は非常に出ていたと...