Credo, quia absurdum.

旧「Mani_Mani」。ちょっと改名気分でしたので。主に映画、音楽、本について。ときどき日記。

「2001年宇宙の旅」スタンリー・キューブリック

2008-10-02 00:45:40 | cinema
2001年宇宙の旅 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る


2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る



2001年宇宙の旅
1968アメリカ/イギリス
監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック、アーサー・C・クラーク
出演:ケア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド


劇場以外でこれを観るのははじめてであるが・・・さすがに20インチとはいえパソコンでは画面が小さい^^;
冒頭の星の直列とか、宇宙ステーションとかの迫力はスクリーンとはまるで違う。という当たり前のことをひしひしと感じる。

しかし、たとえこれが47型液晶TVであったとしても大きさは足りんだろう。もともとシネラマ作品なので。シネラマでの上映はもはやかなわぬ夢であるが、せめて70mm比率再現版てヤツで劇場で観たい。


というのも、これは本筋が謎めいてなんだか哲学的なので、そこにメッセージがあるように思えるが、それはそれとして、大技から小技からあらゆる瞬間に映像の冒険と快楽が炸裂しっぱなしの、映像で魅せることにはるかな重きを置いた作品なのだ~と思うからだ。

なにしろいまだに「これいったいどうやって撮ったんだ?」という素朴な驚きを禁じえない凝った画面つくりには脱帽だ。虚空に浮かぶステーション(まだ建設途上ぽいところもいい)や月面探査船の窓々にいちいち小さく動く人影であるとか、遠心力による重力が働いている円形の床に下りてくる人の向こうに、さかさまに座ってもぐもぐ食事をしている人が写るとか、こけおどし的であるけれど妙に説得力のあるこの感覚。低予算B級SFも味わいがあるが、こういうお金をかけたSF映画の醍醐味をしっかり体現している。画面の隅々まで小技が効いている快楽はおそらく特撮のダグラス・トレンブルの手によって後に『ブレードランナー』により全開となることだろう。そういう隅々を大画面であますところなく堪能/探検/発見したい!そういう映画だ。

ん?こういう映画がどこかにあったような・・・隅々まで動いているという・・・タチの『プレイタイム』かな?(あれは実は隅々が「止まっている」映画でもあるが(笑))↑これも70mm

*****

にしても、こまごまと、当時の未来像と現実の21世紀のずれが感じられて、それはそれでまた面白いのだ。
たとえば電話。フロイド博士が、ステーションから地球にいる娘(キューブリックの実娘だ!)に電話をするシーンがあるが、その電話ブースのどでかいこと!!
平気に3畳間ほどもありそうなブースにばかでかい機械がでん!と置いてあって、実現するのがたった1台のTV電話だけ・・・(笑)
すごい非効率なかんじがするぞっ!!
その電話の作りとHAL9000との間にあるテクノロジーの大きな差は何?

*****


前半の人類とモノリスの出会いは割りと説明的なのだが、後半のデイブがディスカバリー号を後にするところからの展開は一切の説明を排除し、視覚効果的にも舞台設定的にも謎めいてくる。ここら辺が若き頃のワタシには非常にツボであった。(今でもね)
大宇宙の果てにいきなり出現する部屋のイメージは、時空を越えた果ての静けさ、終焉と誕生の静謐さをよく表現していて、忘れえぬ印象をもたらす。

いいなあ~これぞSF映画の原点といえましょう。


あと昔驚いたのは音楽。リヒャルトやヨハンには驚かなかったが、リゲティには驚いた。こんな音楽があるんだ!と若きワタシはぶっ飛び、即座にリゲティの音盤を求めた。当時リゲティに印税が支払われていないことなど露知らず。それからディスカバリー号が登場する際のハチャトゥリアンによるアダージョ。これもよい。ハチャトゥリアンといえば「剣の舞」だが、まったくイメージの違う「アダージョ」は同じ組曲「ガヤネー」からの作品だ。

サントラが欲しいが、サントラといえば『時計じかけのオレンジ』の1シーンでレコードショップの棚にちらりと「2001年」のサントラ盤が写るのも思い出される。



・・・なんか愚にもつかぬ思いつきばかりになってしまったな。
とにかく、映像と音を楽しむエンタテインメント大作と思って観てるワタシでした。

デイヴ、ストップ。ストップ、デイヴ
で~いじ~ で~いじ~




人気blogランキングへ
↑なにとぞぼちっとオネガイします。


son*imaポップスユニット(ソニマ)やってます。
CD発売中↓
小さな惑星
son*ima

詳しくはson*imaHPまで。試聴もできます。




↑お買い物はこちらで
コメント (5)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« ポール・ニューマン、いやさ... | トップ | 「未成年」ドストエフスキー »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
でいじ~ (めるつばう)
2008-10-02 16:01:11
このセリフは好きです。
『HAL伝説』はお読みになりました?
結構いい味出てます。

この映画の主人公については
よく友人たちと”おHALさん”と呼んで親しんでおりました。
テアトル東京 (jafo)
2008-10-03 01:19:22
懐かしいなぁ、
やっぱりシネマスコープですよね。

私が感慨が深いのはシャトルの運航をパンアメリカンがしている事。
あの頃は世界最大の航空会社でしたが21世紀までもちませんでしたねぇ。

何時見ても色あせないのは凄いと思います。
はる (manimani)
2008-10-03 03:20:33
☆めるつばうさま☆
『HAL伝説』読んでないです。興味あり。
そういえば2001年には分厚いメイキング本が出ていたような気がする・・

おHALさんの「意識」についてはいろいろ考えると面白いですね。


☆jafoさま☆
シャトル、パンナムでしたね~
ほかにもIBMのロゴとか随所に出ていましたね
それもまた感慨深い。。

色あせないところと妙に色あせるところと極端な映画ですねえ

シネラマ上映館は名古屋に80年代まであったという話で、う~む、シネラマで観てみたい!
スゴいよね (OZAKU)
2008-10-08 00:04:03
この映画は実はあんまり意味がわかんなかったりするんですが、大好きな1本です。ひたすら宇宙船が飛んでるシーンが好きです。HALも妙にかわいいし。賢いんだけど、なんか子供みたいでかわいいんですよね~。
クラークの原作も読んだけど、やっぱりあんまりわからなかったです。でも、わからなくても映像と音楽を楽しむだけでも充分大満足できます。いまだ私の中ではこれを越えるSF映画はございません。時々、思い出したようにホームシアターで見てます。ご近所は迷惑だと思います。(笑)
むむ? (manimani)
2008-10-08 21:24:53
☆OZAKUさま☆
ホームシアター?!
いいものもってますね~~~~~~~うらやましい。
うちも欲しいと思いつつも、どおせ見る時間が深夜帯なので大きな音は出せんしなあ//とあきらめモード

で、クラーク、小説のほうはまだ読んでないんですが(持ってはいる)そうですか~わからんですか。
映画もキモのところはムズカシイですが、それ以外の所は逆に妙に説明的でおかしいですよね。
構成がシンプルなので全体を覚えていられる映画です。

コメントを投稿

cinema」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

2001年宇宙の旅 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「2001年宇宙の旅」は、言わずと知れたSF映画の金字塔的作品です。なんだけど、ん~、正直あたしには難解過ぎて、半分も理解出来なかったです~(;・∀・)  40年も前に、こんな映画が作られてたってコトはスゴイと思うのですが、あたしは、おバカさんだから...
HALの自我 (めるつばうのおもうこと)
2001年宇宙の旅でのブレイクスルーについて最近考えたことがある。
2001年宇宙の旅 (ひでの徒然『映画』日記)
Comment: 月面で発見された未知なる物体の謎と木星探査船のクルーの悪夢を描いたSF大作。 素晴らしいの一言ですね。映像美。世界観。そして、衝撃のラスト。久しぶりに観ましたが、まったく色褪せていませんでした。 まずはオープニング。 何も画面に映らず、
Blu-ray 2001年宇宙の旅 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
ワーナーのBlu-rayが安くなっていたので、以前から気になっていたタイトルをいくつか買い漁ったんですが、その中のひとつがこの名作「2001年宇宙の旅 」。スタンリー・キューブリック監督、アーサー・C・クラーク脚本(キューブリックも絡んでいるはず)で、その後のSF作...
「2001年宇宙の旅」 カメラの視点で表現したかったことは・・・ (はらやんの映画徒然草)
「2001年宇宙の旅」を久しぶりに観ました。初めて観たのは中学生の時、もう20年