J’sてんてんてまり

はじまりは黎明期。今は、記憶と記録。

ボランティアに行っている生の声

2004年12月24日 | 新潟県中越地震
新潟県庁では「新潟県中越大震災」と呼称しています。
暁ボランティアネットの11月30日の記事で紹介されています。
活動の様子を是非ご覧ください。
12/12追記
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ついに、新潟に雪。来るまでの移動にも、装備が必要な時期に入るようです。
新潟県中越地震のボランティアblogから、引き続いている活動の情報が寄せられました。
12/9追記
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
雪の時期がやってきます。

師走が幕を開け、今年はこのひと月で幕を閉じます。
あわただしさが、いや増す時期。

新潟をトップに上げ続けている28考の記事より、
ブログ仲間で被災地にとんだ和魂要塞の新着SOSの紹介がありました。
手が足りない状況のようです。
また、現在必要な手についての記載もあります。

■靜岡では、毎年12月の第一日曜が地域防災の日、今年は12月5日です。
これにあわせ、県内限定で現在、災害伝言ダイヤル171体験運用中です。
期間は12月5日まで。

■その他の地域でも、疑似体験ができます。

最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみがあればいいな (ハヤト)
2004-12-01 23:00:54
クリスマスのお祝いとか、ほんのささやかでも
そうねえ。 (本人)
2004-12-01 23:05:26
そういう楽しみが、とても大事なんだそうです。
現地にて (こばやし)
2004-12-12 23:04:12
あかつきボラネットのこばやしと申します。

ある日、現地にて、静岡からやってきた団体さんがいらっしゃいました。その方々の車やジャケットには、

「新潟中越地震復興ボランティア」

と書いてあり、その下に

「次はよろしくお願いします」

と書いてありました。



常に注意喚起されている東海地震。

とても複雑な気分でした・・・
こばやしさん、 (tenten)
2004-12-12 23:58:25
私も当初より、その件に関しては、念頭にあります。

新潟県中越大震災の来る前に、このブログで若干ながら、地震防災のカテゴリーを作り、記事を上げていました。

注意喚起される東海地震に向けての地元での取り組みや、情報を、他の地域の方にも供用していただきたい、心配なのは東海だけではない、という思いでした。

地震が発生したときに、矢も立てもたまらず記事を上げ始めたのも、とても他人事とは思えなかったからです。

ただし、前述したように、東海地震が起こったときにお返ししてもらうためという気持ちではないことを理解していただけるように、注意を払っていたつもりなのですが。

静岡県からのどのボランティ団体かはわかりませんが、彼らもそのつもりはなく、ただ身に詰まる思いで表記していたのだろうと思います。

東海地震発生時における最悪のシナリオは、まさしく、最悪です。大惨事です。県民は、そのシナリオを県から見せられています。それが頭をよぎり、つい、言わずもがなの一言を加えてしまったのかもしれません。意識に水をさすような言葉で、皆さんに気に障ったでしょうことを、どうぞ、お許しください。



このことに関しては、わたしも気になっていたので、県ボ協に提言してみます。

お話ししてくださって、ありがとうございます。

そのお気持ち、心に深く感謝します。



ご活動にとっては厳しい寒さが新たな難題になる季節と聞き及びます。皆さんも、十分にお体に気をつけて、休養もとってくださいね。

どうもありがとうございます。
こばやしさま (tenten)
2004-12-13 15:19:48
本日、県ボ協に話をいたしました。

団体の特定はできませんでしたが、今後、いただいたお話を還元してゆく旨、返答をもらいました。

また気付いたことなどあったら、遠慮なくお話ください。

ありがとうございます。



コメントを投稿