J’sてんてんてまり

はじまりは黎明期。今は、記憶と記録。

お詫びと感謝

2004年10月29日 | 新潟県中越地震
右のバーの下にブックマークの欄があります。
その中のblog peopleをクリックすると、
画面左にウィンドウが表示されます。
下にスクロールしてゆくと、防災情報のリンク集があります。
よろしければ、ご活用ください。
(10月30日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月29日、午後6時10分現在、気象庁によると、
地震の回数は12回と、かなり減ってきています。

■今回のJ'sてんてんてまりの動き
(右のカテゴリー欄の「新潟中越地震」をクリックすると、
 一連の記事があります。)
今回の新潟中越地震では、あまりの大きな地震に、
とにかくすぐにでも心配される、電話回線の混雑と、
安否情報のやりとりのために、
まず、伝言サービスと伝言板サービスの情報をあげました。

続いて、便利帖として、
気象庁の地震データ、国土交通省の防災情報提供センター、
内閣府の防災ページ、総務省の消防庁サイト、
レスキューナウネット、静岡県の防災ブログ、
道路公団と、JRのサイトを紹介しました。

次に、地震関連の話題をいち早く取り上げているサイトや
ブログを探して、失礼ながら、情報の裏づけを確認しながら、
非常事態として、ほとんどコメントもなしにリンクを記事内に載せ、
TBで、上げた記事を、送りました。

先方もこれに答え、相互TBをしてくれました。

その間に得た情報や、有益なサイト、ブログ、
さらに、報道の情報や、官公庁の資料を照らし合わせて、
現状と、次々作成される掲示板をリンクした記事を上げました。

初動として、まずは、
発生した地震の状態、その影響に関連した情報、
安否確認のための連絡方法の確立と、有効利用を鑑み、
情報を上げました。

次に、聞こえてくる被災地からの声を紹介する記事、
外部の私たちに、早速できることを提供してくれる情報を
リンクした記事を上げました。
また、動きの中で起こってくる、犯罪への注意を喚起する
県警のサイトと内容を紹介しました。

続いて、被災地からの声にあわせ、新たに不足する情報や、
変化する状態と気象に対応するための記事、
物資の到着で混乱する被災地への配慮を示す記事のリンク、
義援金の動きの記事、余震の情報を上げました。

ここまでは、記事内に、情報が混在する内容になりました。
必要とされるものにたどり着くまでに要るリンクを
貼っていました。

その後、まとまった情報を整理して一覧できるサイトなどが整い、
次の段階に向かう被災地の皆さんへの情報として、
交通、ライフライン、ボランティアセンター、生活情報、
仮住まい、被災動物に分けて、それぞれの記事を上げました。
また、ボランティアに向かう外部の方のための情報を
留意点などと共に上げました。

■現状、とりあえず、廻り始めているようです。
 今までの緊急事態としての私なりの動きは、ここまでで
 今後は、整備されたサイトにお任せし、
 私は、ある程度、定期的に巡回して、
 折りに感じた必要に応じようと思っています。

■この手段で、役に立ったのかどうかは判りません。
 いいアドバイスを、お願いします。
 私個人は、TBの機能が、非常に有益だと実感しています。
 
■引用や、リンクなどで、
 大勢の方にご迷惑をおかけしたかと思います。
 ご無礼を、どうぞ、お許しください。

■記事内容や、この一連の動きで、ご不快の方もあったかと思います。
 すみませんでした。

■そして、大勢の方が協力してくださり、
 私などへの励ましをしてくださいました。
 共に動いてくださった方、見守ってくださった方、
 心配してくださった方、感謝し切れません。
 ありがとうございます。
 たまたま状況が許し、早くからできることがやれた、
 というだけなのです。
 取り上げてくださった皆さんも本当にありがとうございます。
 重ねて、感謝いたします。
 皆さんのお陰で、被災地のためにやりたいことを、
 やり続けることができました。

■被災地の皆さん、
 これで、終わりだとは思っていません。
 次のできることへ向かって、私たちも動いてゆきます。
 被災地の皆さんも、是非、次に向かって、動いてください。
 皆さんのがんばりに、私たちも励まされます。
 年を越すころには、少しでも、明るい来年に向かって、
 光を見いだし、希望をお持ちになれますように。
 みんなで祈っています。
 月並みな言葉しか出ませんが、どうぞ、どうぞ、生きる力を失わずに。
 笑顔の日々が早くやってきますように。

最新の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
てんてんさんも (wasawasa)
2004-10-29 22:20:34
本当にお疲れ様でした。

気持ちは十分届いたと思いますよ

また綺麗な写真とあったかい言葉で和ませてくださいね!

楽しみにしてます。
わ、ありがと。 (本人)
2004-10-29 22:36:55
wasawasaさん、ありがとう。ちょっとだけ、ブログを休ませて、新規記事の更新は、置いておこうかなと思っています。いや、わからないが。更新も、様子見て、置き換えができるサイトのリンクに変えていったり、整理をもう少ししなきゃね。

あ、写真だけは、上げたいんだけどなあ。

ありがと。嬉しい言葉です。
こちらこそ (bassy)
2004-10-30 02:17:25
TBいただき、さらに暖かいコメント(私のblogへの初コメント!!)までいただきありがとうございました。自分のblogとホームページを立ち上げたのが、地震前日の夜中(厳密には当日午前1時前)で、これからのんびりと作っていこうかな・・・と思ってたら地震発生、何かよく分からないまま、とりあえずできること・自分自身も困ってたことを調べて掲載しただけなんですが・・・てんてんさんのコメントで、本当に救われました。

今週末、親孝行(親不孝?)をするため実家に帰ってきます。そして、新潟から東京へ戻る手段は、自分で作ったサイトを見ながらゆっくり考えたいと思います(笑)。

あと、これもTBいれさせていただきます。

気をつけて (tenten)
2004-10-30 09:36:32
交通網に関しても、新たな復旧状態や、臨時便、代行バスなどが通り、少しずつ、よくなってきているようです。新しい情報をうまく取り入れて、無事に、行ってきてください。ご両親、きっと喜ばれるでしょう。被災地での状況や、声、余裕があったらお知らせいただければ、また掲載します。

本当に、無理しないで、気をつけて行ってきたくださいね。ありがとう。
おつかれさまです。 (Ken)
2004-10-30 11:58:07
j-tentenさんの素早い行動と、冷静な判断が

みなさんをここまで動かすことにつながったのだと思います。

僕も少しペースダウンして、

「次にできること」を考えて行きたいと思っています。

これからも、よろしくお願いします。
すごいね (ハヤト)
2004-10-30 12:03:29
>私個人は、TBの機能が、非常に有益だと実感しています

911で活躍したというのが、なんだか身近に感じられるようになった。これが新しいカタチなのだね~
ああ、ありがとう (tenten)
2004-10-30 12:38:15
Kenさん、機能を使いこなせるというのは、大事なことですね。学びました、ありがとう。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。南無さんのところで、えっけんさんや、agricoさんや、色んな方が知恵を出し、いい判断をしてくれていたことにも、感謝です。その場を設けてくださった南無さんの切り込む姿勢や、生きる姿勢、全部がうまく絡み合ってくれたのだと思います。わどさんたちも、見守って、支えてくれました。

被災地でも、きっと、同様の動きができてきているはずです。そして、気持ちも伝わっていることでしょう。

これから私たちができることの一つは「忘れない」ことだと思います。自らの心に刻んでおこうと思います。

また、ブックマークにあるblog peopleの最下段に、地震関連のリンクを作りましたので、よろしければ、ご活用ください。

お世話になって、本当に感謝しています。ありがとう、Kenさん。
ハヤトさん、ありがとうだもの。 (本人)
2004-10-30 12:41:38
ブログは、役立ちますねエ。ハヤトさんのように、大勢から愛されている人が掲載してくれると、さらに、広まりが早くなるね。色んなことで、助け合えるツールだね。ハヤトさんが、早くから、可能性を模索していた通りですね。ありがとう。ありがとうね。
ご苦労様でした。 (agrico)
2004-10-30 12:50:53
今回のてんてんさんの鬼人のような働きには、驚くとともに敬服しました。

Kenさんの言うとおり、半ばそれに引き摺られるようにして活動を始めた人は多いと思いますよ。

トラックバック、テーマサロン・・・それについて理解し、今回創造的に使いこなしたことの価値は大きいと思います。

私も、テーマサロンなんて、始めなんのことだかわからなかったですから・・・。

てんてんさん始め、みんなのお陰です。

これぞ、トラバコラボの奥義ですね。
ありがとう。 (tenten)
2004-10-30 13:36:44
agricoさん、思いというのは、すごいものですね。みんなの思いだと思います。気にかかるとは、まだまだ多いのですが、ここにいて、日常生活を過ごしながらできることは、まさしく、限られてきました。鬼は、おとなしくなってきてます。被災地には、大勢出ていることでしょう。応援の心、忘れずにいようと思います。私たちにできること、ありましたね。ありがとう。冬がきます。今日は、雨。台風の被災地でも、心配が続いていることでしょう。

声を流通させる、情報を共有する、見えないものが支える時代が始まっているようです。

コメントを投稿