ロレックス・オメガスピードマスター・IWC・ブルガリ・チュードル等ブランドウォッチ オーバーホール修理例 ブログ

東京都東久留米市 街の時計修理屋 ロレックス・オメガスピードマスター・IWC・ブルガリ・チュードル等:Jパーソンズ

ロレックス(ROLEX)デイト(Rif.1501/アンティーク)のオーバーホール・3番車交換・パッキン交換・歯車調整

2020-10-20 15:42:16 | 時計修理オーバーホール
ロレックス(ROLEX)デイト(Rif.1501/アンティーク)のオーバーホール・3番車交換・パッキン交換・歯車調整を承らせて頂きました。

お得意様より、ロレックス(ROLEX)デイト(Rif.1501/アンティーク)が動かないので修理をお願いしたいとのお問合わせを頂きました。 時計の検査させて頂きました処、油切れ・摩耗・ショックでの部品の損傷の為の部品交換とパッキンの交換・歯車調整を承らせて頂きました。

機械式の時計に致しましてはショックに弱く2年~3年に1回メンテナンス(オーバーホールを)しませんと汚れ・油切れ(4年で油が枯れます)・部品の焼付け等々により誤作動または稼動しなくなる場合があり, それが続くと時計の部品に対しても良くありません(故障の原因になります/部品の摩耗・劣化による部品交換等々)。

ロレックス(ROLEX)デイト・アンティークウォッチ・ビンテージウォッチのオーバーホール・修理は私ども
Jパーソンズにぜひお任せください。


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IWC オールドインター(Ref.1... | トップ | ロレックス(ROLEX) デイトジ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

時計修理オーバーホール」カテゴリの最新記事