ロレックス・オメガスピードマスター・IWC・ブルガリ・チュードル等ブランドウォッチ オーバーホール修理例 ブログ

東京都東久留米市 街の時計修理屋 ロレックス・オメガスピードマスター・IWC・ブルガリ・チュードル等:Jパーソンズ

ロレックス デイトジャスト (Ref.69173)のオーバーホール・ガラス交換・全体仕上げ(磨き)をさせて頂きました

2018-07-20 12:49:43 | 時計修理オーバーホール

ロレックス デイトジャスト (Ref.69173)のオーバーホール・ガラス交換・全体仕上げ(磨き)をさせて頂きました。

お客様よりロレックスのガラスが割れたとの事で修理をさせて頂きました。
強いショックの為、ガラスの破損・部品の調整と全体的にキズが御座いましたので全体仕上げ(磨き)を承らせて頂きました。
機械式の時計に致しましてはショックに弱く、また2~3年で油が切れ4年で枯れてしまいますので部品の劣化・摩耗には特に注意が必要です。  
ロレックスは油が切れても10年以上も駆動する事も御座いますが、そのまま使用しますと歯車等々が焼き切れてしまいますのでご注意が必要になります。

ブランドウォッチ・アンティークウォッチ・ビィンテージウォッチの
オーバーホール・修理は私ども
Jパーソンズにぜひお任せください。


ロレックスオーバーホール Jパーソンズ
〒203-0053 東京都東久留米市本町1-12-15
 TEL:0424-53-7889
 Jパーソンズ  代表 今倉初弥

コメント   この記事についてブログを書く
« ロレックス オイスタープレシ... | トップ | オメガ(OMEGA)スピードマス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時計修理オーバーホール」カテゴリの最新記事