ロレックス・オメガスピードマスター・IWC・ブルガリ・チュードル等ブランドウォッチ オーバーホール修理例 ブログ

東京都東久留米市 街の時計修理屋 ロレックス・オメガスピードマスター・IWC・ブルガリ・チュードル等:Jパーソンズ

IWC シャフハウゼン(cal.852/1957年製)のオーバーホール・リダン(文字盤再生)を致しました

2018-07-24 13:47:43 | 時計修理オーバーホール

IWC シャフハウゼン(cal.852/1957年製)のオーバーホール・リダン(文字盤再生)を致しました。

お客様がネットで買われてオーバーホールとリダンがご希望との事で修理をさせて頂きました。
アンテイークで御座いますので内部部品の劣化で摩耗が有り3番車・4番車・機止めネジを交換させて頂きました。
機械式の時計に致しましては2年~3年に1回メンテナンス(オーバーホールを)しませんと汚れ・油切れ(4年で油が枯れます)・部品の焼付け等々により誤作動または稼動しなくなる場合があり, それが続くと時計の部品に対しても良くありません(故障の原因になります/部品の摩耗・劣化による部品交換等々)。


ブランドウォッチ・アンティークウォッチ・ビンテージウォッチのオーバーホール・修理は
私どもJパーソンズにぜひお任せください。


IWCオーバーホール
Jパーソンズ
〒203-0053 東京都東久留米市本町1-12-15
 TEL:0424-53-7889
 Jパーソンズ  代表 今倉初弥

コメント   この記事についてブログを書く
« ロレックス(ROLEX)オイスタ... | トップ | オメガ(OMEGA)シーマスター... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

時計修理オーバーホール」カテゴリの最新記事