ロレックス・オメガスピードマスター・IWC・ブルガリ・チュードル等ブランドウォッチ オーバーホール修理例 ブログ

東京都東久留米市 街の時計修理屋 ロレックス・オメガスピードマスター・IWC・ブルガリ・チュードル等:Jパーソンズ

オメガ(OMEGA) アンティークのオーバーホール(針取り付け)・パッキン交換・歯車調整

2020-09-26 15:09:03 | 時計修理オーバーホール
オメガ(OMEGA) アンティークのオーバーホール(針取り付け)・パッキン交換・歯車調整を承らせて頂きました。

お得意様より、オメガ(OMEGA) アンティーク針が脱落して動かないので修理をして欲しいとのご連絡を頂きました。
検査の結果、油切れ・ショックの為で御座いましたのでオーバーホール(針取り付け)・パッキン交換・歯車調整を承らせて頂きました。
 
交換部品に致しましてはメーカー(OMEGA)より入手が難しく・アンティークに致しましては入手が出来ない為ユーザー様は丁寧にご使用下さい。 

  


オメガ アンティークウォッチ・ビンテージウォッチの
オーバーホール・修理は私ども
Jパーソンズにぜひお任せください。

オメガ アンティーク オーバーホール
Jパーソンズ
〒203-0053 東京都東久留米市本町1-12-15
 TEL:0424-53-7889
 Jパーソンズ  代表 今倉初弥
コメント   この記事についてブログを書く
« ロレックス(ROLEX) オイスタ... | トップ | IWC シャウハウゼン(アンテ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

時計修理オーバーホール」カテゴリの最新記事