ロレックス・オメガスピードマスター・IWC・ブルガリ・チュードル等ブランドウォッチ オーバーホール修理例 ブログ

東京都東久留米市 街の時計修理屋 ロレックス・オメガスピードマスター・IWC・ブルガリ・チュードル等:Jパーソンズ

オメガ(OMEGA)スピードマスター(Rif.3519-50)のオーバーホール・プッシュボタン修理・カンヌキ交換・バネ取り付け、併せて全体仕上げ(ケース・ブレス磨き)

2020-07-12 14:46:07 | 時計修理オーバーホール
オメガ(OMEGA)スピードマスター(Rif.3519-50)のオーバーホール・プッシュボタン修理・カンヌキ交換・バネ取り付け、併せて全体仕上げ(ケース・ブレス磨き)を承らせて頂きました。

お得意様よりオメガ スピードマスター (Rif.3519-50)がブレスが外れてボタンを紛失して動かないので修理をして欲しいとのご連絡を頂きました。 時計の検査させて頂きました処、ショック・摩耗によります部品の劣化の為、プッシュボタン修理・カンヌキ交換・バネ取り付けとキズが多いとの事で併せて全体仕上げ(ケース・ブレス磨き)を承らせて頂きました。
機械式の時計に致しましてはショックに弱く2年~3年に1回メンテナンス(オーバーホールを)しませんと汚れ・油切れ(4年で油が枯れます)・部品の焼付け等々により誤作動または稼動しなくなる場合があり, それが続くと時計の部品に対しても良くありません(故障の原因になります/部品の摩耗・劣化による部品交換等々)。

またスピードマスターのストップウオッチ(プッシュボタン)を押す際はゆっくり深く押し込んで下さい,早く押す又は数回連続で押しますとボタン内部のバネが戻らないままひっかかって止まり(折れ・曲り)故障の原因になります、また日常防水時計ですので水(雨・汗・手洗い等々)には十分な注意が必要です。
先般OMEGA社より部品の供給(特に外装部品)が停止された為交換部品の入手が大変難しくなっています為OMEGAユーザー様は大切にご使用お願い致します。

オメガ(OMEGA)スピードマスター (Rif.3510-50)・アンティークウォッチ・ビンテージウォッチのオーバーホール・修理は私ども
Jパーソンズにぜひお任せください。



オメガ スピードマスター オーバーホール
Jパーソンズ
〒203-0053 東京都東久留米市本町1-12-15
 TEL:0424-53-7889
 Jパーソンズ  代表 今倉初弥
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロレックス(ROLEX)オイスタ... | トップ | ロレックス(ROLEX) オイスタ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

時計修理オーバーホール」カテゴリの最新記事