じつふち歯科医院からのお知らせ

歯科治療にまつわるいろんなことを書いてます。

ご存知ですか?一日の歯の接触時間

2009年06月03日 | お知らせ
リラックスしている時、本来上下の歯は接触していません。
専門的にはこの状態を安静位空隙と呼びます。
歯が接触するのは主として、食物、唾液を飲み込む際に瞬間的に起こるだけなのです。従って、1日の歯の接触時間の合計は、わずか20分前後とされています。
ところが、ストレスの多い人の中には、いつも歯を接触させる癖を持っている人が少なくありません。この癖が、顎関節症などの歯科疾患と密接な関連を持っていることがわかっています。