はちきんizyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログです。

ラッキーな日だった

2020-07-02 | 食べ物の思い出

キャンピング場から帰宅したバッキーが

持ち帰ったその日の夕飯は

翌日の私のランチとして頂く

 

 

ご飯は職場で使う寿司飯だけど

他3品はジェイク君が作ってくれた。

 

 

 

 

水曜日は仕事を終えてから

その町にあるアジアンマーケットに立ち寄った

 

 

今週末こそ

アジア風コールスローを作ってみたかったから

それに使う味噌を買いに行ったんだ。

 

 

去年だったかにオープンしたその店に入ったのは

今回初めて

東南アジア系の顔立ちをされたオーナーに

出身地を尋ねると

”ビルマ出身です。”

 

言われ

私の伯父がビルマで戦死した事から

途端に親近感を持った。笑

 

 

 

毎年

盆提灯を窓の外につるしていた祖母は

その夜帰って来る亡き伯父の名前を

まず口にしていた。

 

そんな8月の夜が

ビルマ出身と聞くや蘇ったのだ。

 

 

 

 

店に置かれた商品に

日本の物は少なかったけど

味噌もあったし

冷凍だけどタコとかイカもある。

 

あっ それとサツマイモやカボチャもおいてあった。

 

それだけで 幸せ気分

浮かれて来る。

 

 

閉店まじかの時間だったんで

ゆっくり買い物は出来なかったけど

野菜売り場の中に

生のライチを見つけ

思わずお買い上げ

 

 

 

白いプルンとした実が詰められたライチの缶詰しか

食べた事がなかった私が

 

”どうやって食べるんですか?”

 

妙な質問を店のオーナーにすると

 

”指で皮をはがせばいいです。”

 

と、、、。

 

 

 

 

ほんとだ

指先で簡単にペロッとはげる

 

生のライチには

小さな思い出がある。

 

 

 

最後に帰国したのは

次女が高校1年生を終えた年の7月だった。

 

 

 

乳児の時に生き別れた母を訪ね

 

彼女がその時住んでいた京都の家に歩いていく途中

道路に建った小さな野菜屋に

生のライチを見た母が

 

”私これが大好きなのよ。”

 

言い

それを指さした。

 

 

 

 初めて見た生のライチ

 初めて知った母の好物

 

 

そんな想いで

一人じわんと

ダブルの感動をおぼえた時間が蘇る。

 

 

 

一人で全部食べきる前に

ちゃんとお仏壇にお供えしました。笑

 

 

 

こう考えると

昨日は

二つもの思い出に浸れ

ラッキーな日だった。

 

ビルマ出身の店のオーナーが

なにやら 案内人に思えて来る。

 

また 買い物に行こう。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


Comments (6)   この記事についてブログを書く
« 長時間マスク着用は苦しくて | TOP | 学校再開は3通り »
最新の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
キラキラと (ままちゃん)
2020-07-03 01:31:23
Izyさんが日本の御家族についてお描きになると、その部分がキラリと光るような気がします。切なく、懐かしく、掛け替えのない思い出は、新鮮なライチー一つをとっても、浮かんでくるものですね。遠いビルマの地で戦死なさった伯父上を忍んでお盆に提灯を窓外に下げていらした御祖母様も脳裏に浮かべらしたIzyさん。今年も八月はやってきます、戦後随分経ってから生まれた私たちの会ったこともない家族や親戚の霊が、お盆にやってこられるように、仏教徒ではない私も願っています。
Unknown (サニー)
2020-07-03 02:23:39
ビルマは今は名前変わりましたがあの辺の東南アジアの全植民地を解放したのは日本だったという事御存知ですか。その為の戦争だったと最近知ったばかりです。
自虐いっぱいの教育だったなと思います。
日本へ行くことあったら是非靖国に英霊に参拝したいと思います。全部独立して終戦になってます。私の叔父も何処かで戦死しました。英米は植民地殆ど失って特にヨーロッパはEU作ったのはその為だそうです。マレーシアのギャルが
アジア解放の動画をアップすると大勢の反日華僑が脅して
店もクローズになりいまだに動画アップ出来ないとか。日本を当時邪魔した彼らは日本人が悪くないと困るので。昭和天皇が原爆落されたのでこれ以上続けられないと終戦としたそうです。GHQ,共産党のの自虐教育はまだ続いています。もっと日本人はこのことを知った方がよいです。結局アジア解放しないと物資がなかなか自由に買えなかったり大変だったとか。
そりゃ戦争だから綺麗ごとばかりじゃないと思いますが。終戦後また植民地にしたくてヨーロッパの国が攻めてきても残った日本兵が指揮して追い返したそうです。日本は現地の人に教育もさせたり攻められたらどうするかの訓練も行ったという事です。
https://youtu.be/_eMqjy6RqzU
これ見つけました。マレーギャルの動画です。
涙出ます。お母さん美人ですね。
Unknown (ree)
2020-07-03 02:55:45
お母さまとの思い出の・・・よかったですね~。

インスタント麺ですが、中華三昧はおいしいですよね。
中華三昧から出てる冷やし中華もおいしいですよ~。
Unknown (kaminaribiko2)
2020-07-03 04:01:34
イジーさんのお母様は綺麗な方でしたね。京都に住まわれていましたか。

それよりイジーさんのお祖母様はその別の息子さん(イジーさんの伯父様)の戦死まで体験されたのですね。そういう時代であったとは言っても、ご苦労の人生であられましたね。

そのビルマ(ミャンマー)人の経営するお店で日本食材が買えたことも何かのご縁だったのでしょう。

ビルマと言えば、高校時代、プロの劇団による「ビルマの竪琴」を観劇して大泣きしたことを思い出しました。

イジーさんは、あの物語(実話)をご存知ですか?
はちきんイジーさんへ (くりまんじゅう)
2020-07-03 12:24:28
この白い服の方がイジーさんのお母様ですか?
お父様もとてもステキな方でしたので お似合のカップルでしたね。

以前イジーさんが 京都に住んでおられるお母様に
カツオのタタキを送ると言っておられましたが
あれからお母様が亡くなったということですね。
生のライチがお好きだったとは なかなかのハイカラな
お母様でしたね。
快晴の4Thです (コメントありがとうございました)
2020-07-05 05:37:27
*ままちゃんへ

そうですね
今回ライチを口にし
あの時の思い出がよみがえり
実母に会っておいてよかったと思ったことです

家族を失う事の辛さがまだまだ分からない私ですが 
母親という存在へのあこがれだけはひっそりと心に刻んでいたんでしょうね
こうした事を喜ぶのは

いつもそばにいて下さるご先祖様に
せめて1年に1回は心をよせるべきですよね。


*サニーさんへ

私達日本人は今も 様々な面で世界でもレベルの高い国民でしょうし
素晴らしい物を持っているのだから それらを磨きより良き世界へと歩んでいくと良いですね


動画の紹介ありがとうございました
日本語もお上手ですね。

*Reeさんへ

会ったからこそ ある母との想い出ですからね。
良かったです  会っておいて、、。
死に際に会えなかったことへの後悔は全くありませんが、、。


*びこさんへ

明治生まれの祖母は多くの戦争も体験し
長男を戦死で 3男は精神病に 4男を乳児の時に亡くし、、、と、、。母親になってもそんな世を生きていました

祖母が生まれたのは明治後半の31年です

祖母の実母は妊娠後 
その義母に家を追い出され
祖母を産み落とすや実家に帰ったそうですから
実母に抱かれる事もなく 他人の乳を飲んで育ったんですよね。

朝ドラになりそうな人生ですね。

ビルマの竪琴、今度映画を探し出してみましょう

*くりまんじゅうさんへ

鰹のたたきを7月の誕生日に贈っていましたが
あれは高知で母が育った事と私の好物でもあるからなのです
母の好物は後にも先にも このライチしか知りません

生のライチを好きというのはハイカラなんですか?


post a comment

Recent Entries | 食べ物の思い出