はちきんizyのアメリカ丼

泣いたのは

土曜はカメ君とけいちゃんのピアノ発表会があり

 

朝アイオワの街に向かった。

 

街の教会で催されたこのリサイタルは3部に分かれ


けいちゃんたちは11時の部で


歌、ギター、ピアノ、ホルン、チェロの演奏があった。


 



発表会の後はアイオワの家の片付け、、、。

 

そうして日曜は

 

朝からイリノイの家の片付けをした。


 

 

今回は大きなゴミ袋5-6個分は処分出来た ぞぉー。

 

片付けをしていると箱一杯のビデオが出て来た。

 

DVDが出る前のVHSだ。

 

ガレージセールでも売れないだろうし


そんなものを寄付されても困るだろうし


殆どのそれらを処分したものの

 

高校時代に観て心を打たれたのでアメリカでビデオを買ったのに


観る事なく箱の中で眠っていた”誰がために鐘は鳴る” 

 

ニコラス スパークス原作の映画で

 

1本だけ涙を誘われた作品 ”メッセージ イン ア ボトル” は残し

 

もう一度観て見る事にした。

 

 

メッセージインアボトルを観たのは20年も前

 

大雑把なストーリーしか覚えていなかったので

 

2度目も新鮮だった。

 

 

 

 

そうして私は同じ個所で又泣いた。

 

数年前に亡くなった奥さんが忘れられない男性キャビンコスナーは

 

奥さんのアトリエを彼女が生きていた時のままに残し


毎日彼女を想い暮らしている。


そんな彼の気持ちに


ただただ 涙がこぼれるのだ。

 

 

ニコラス スパークス原作の映画は数本観たけれど

 

噂程心を動かされるものはなく

 

毎回、冷めた気持ちで映画館を出る私が

 

何故この映画でこんなに泣くのかが


今回  分かった。




 

それは


子供の頃に見た父の姿を思い出すからだ。

 

   (思い出す、、、と言うのとは違うけれど

 

     上手く言葉で説明が出来ないので

 

      そういう事にしておきます)

 

 

 

小学上級の頃だったと思う。

 

外泊をもらい家で数日過ごしていた父が

 

開いたアルバムにじっと目をやり涙をこぼしていた。

 

私の中で

 

怖い印象が強かった父の涙にはっと驚いた私が


父の肩越しにそのページを覗き込んだら


そこには

 

まだ若かった頃の父と母が映った白黒の小さな写真が


数枚貼られていた。

 

母と別れて10年以上は経ったある年の事だ。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

びこ
お母様のことを
https://blog.goo.ne.jp/kaminaribiko
心底愛していられたのですね。

そのお話を聞かせてもらっただけで、私まで涙ぐみそうになりました。

そのイジーさんのご両親のことこそ映画にされたらと思いました。
コメントありがとうございました
今日はちょっと肌寒い日です
*びこさんへ
>心底愛していられたのですね。

うーーん
病もありましたし ね。

忘れる事が出来ない、、と言うのでしょうかね

そう言えば

”俺はずっと恨み続ける性格だ。”  と言っていた事もありました。


私が知っている父は病におかされていたので
どんな人なのか それをしろうと父の行動を観察していた子供時代だったようにも思います
そんな私にとってこの時の父の涙はショッキングでもありましたね


悩めるうさぎ
この映画私も昔映画館で観てとっても感動しました。
ストーリーは大雑把にしか覚えていないので、是非また観たいと思います。
フルの動画を教えてくださってありがとうございます~~~

そして我が家にも捨てられないファミリー動画VHSが沢山あります。汗
コメントありがとうございます
ランチ時間で少なく
*悩めるうさぎさんへ
今はこうしてネットでも観えてしまいますものね

以前一緒に働いて以前た人がディズニーのビデオを2本づつ買ってたんですが
1本は家で観るよう もう1本はコレクトするため、、

場所はとるし 持ってても仕方ないような

コレクターはそれでも集めるでしょうかね

ree
私もこの映画観ましたよ!!
まだ子供が生まれる前だったので映画館で。
内容は忘れました。

結婚記念日、おめでとうございます!!
コメントありがとうございました
ピアノの練習から帰宅しました
*Reeさんへ

結構人気の映画でしたよね

ニコラススパークスの原作映画の中でもいい方のように思います

キャビンコスナーは映画撮影でこの町に滞在した時
私が働いていた中華レストランで食事をしたこともあり 近くに感じるんですよね
それもあり観たように思います


ありがとうございます
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「感情と気づき」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事