元サラリーマン大家!山田里志のリタイア徒然記

元サラリーマン大家の山田里志が、主に海外暮らし中の更新用に新規開設したブログ(徒然記)です。よろしくお願いいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊豆の暮らしを満喫中

2014年12月03日 | 旅行

こんにちは!

山田ですが、今回も随分と御無沙汰しておりました。

草津温泉から伊豆に戻ってからは、この地を拠点にして過ごしております。

 (自宅からの眺望)

この間、箱根や東京見物にも出かけてきましたが、結局は伊東市内で日々平凡に過ごすことが一番安らいで楽しく過ごせるように思えております。

 (天候や時刻ごとに変化する眺望)

ところで東京見物に出かけたおりには、知人の中国人全員が頭痛や吐き気を訴えるなどの体調不良に陥る事態になり、放射能汚染が影響していなければよいがと危惧いたしました。

 (入場前の東京タワー)

 (夕暮れ時の東京タワー)

ですから日本にいる間、一番気を使っているのは食べ物で、購入基準の最優先課題は「価格」ではなく「産地」で、とにかくひたすら外国産または福島から出来るだけ距離のある西日本産のものを購入しております。

 (業務スーパー伊東店)

ですから近くに「業務スーパー」がある伊東は、そういう意味でも大いに助かっております。

 (箱根スカイラインからの眺望)

 (箱根の芦ノ湖)

 (芦ノ湖の遊覧船)

草津温泉滞在中は、一番近い業務スーパーが上田市にあり、車でも1時間以上もかかる場所だったので2回ほどしか利用できませんでした。

 (東京タワー大展望台でのコンサート)

 (東京駅の赤レンガ駅舎の天井付近)

ところで1年以上も空き家になっていた自宅も、伊豆を生活の拠点にしてからは、お気に入りの絵をかざったり、あるいは趣味のホームシアターを居間だけでなく寝室でも見れる様に再度整備したりと、楽しみながら居心地の良い居住作りを行っておりました。

 (お気に入りの絵画を飾った寝室)

 (古いD-VHSを設置して大画面を復活)

 (懐かしい映像を大画面で楽しむ) 

市内にはD2やカインズホーム、ハンディなど3つものホームセンターがあり、居住作りのための買い物も楽しんでおりましたし、その途中では市内を流れる松川で鯉やカモ、カモメ、トンビ、ハトなどへの餌やりも習慣になりました。

 (パンくずに集まるカモや鯉)

 (餌に群がる巨大な鯉たち)

食料の買い出しには、「業務スーパー」「バリュースター」を利用しておりますが、そのすぐ近くには足湯や中古ブランドショップの「タマ」の店があり、今では常連の仲間入りをしております。

 (10羽以上が集まってきたトンビたち)

 (餌を狙うトンビ)

意外に思ったのは、伊豆の紅葉の美しさで、場所によっては草津や箱根に勝るとも劣らない紅葉を見ることができております。

 (奥野ダムのもみじ)

特に奥野ダム周辺の紅葉は見事で、思わず感嘆の声を上げてしまいました。

 (日本の新米を味わう)

さらに12月に入っても草津の地よりも丸一月以上も季節が逆戻りしたかのような、温暖でまだまだ秋の気配が色濃く残る伊豆の地の過ごし易さに、今更ながら良い土地に住んでいることを実感しております。

 (定番の手巻き寿司)

さて日本と言えばお寿司ですが、宮崎の農家から直接買い付けた新米を、名器サンヨー匠純銅 おどり炊き 圧力IH炊飯器(定価約13万円)で炊き、そのつやつやと輝いた新米を有明海産の海苔で包み、西日本産や外国産のネタで手巻き寿司にして頬張ります。

 (大連では入手が難しいマグロ)

「至福のひと時」とは、このような時を言うのでしょう。

日本の味をこの時とばかりに食べまくっております。

 (大室山からの眺望)

なお早いもので、あと10日程で日本を離れますが、知人の中国人たちは「中国には帰りたくない」「このまま日本に住み続けたい」と日本の虜になってしまいました。

 (車窓からの富士の眺め)

 (日蓮正宗大石寺への2度目の参詣)

伊豆、草津、大連と、居心地の良い住まいが増えるにつれて「それもまた一興」かと、これからも楽しんでいきたいと思います。