元サラリーマン大家!山田里志のリタイア徒然記

元サラリーマン大家の山田里志が、主に海外暮らし中の更新用に新規開設したブログ(徒然記)です。よろしくお願いいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雪の朝

2013年11月27日 | 旅行

ニイハオ!

山田です。

今日の朝、目覚めてみると外はどんよりと曇り、一面の雪景色に変っておりました。

 (7時頃の大連駅南口周辺の様子)

室内はすでに24時間の暖房が入っているので、と国部屋の中が寒くなるということもなく、目を外に向けるまでは気がつきませんでした。

 (交差点付近の様子)

ただし、いつもよりも外からの音が静かだったのが違っておりました。

 (大連駅構内の様子)

室内からその様子をカメラに収めましたが、一夜にして雪景色に変る様は、伊豆半島という常春の地に暮らしていた者としては、大変に珍しくて感動ものでした。

 (天津街付近の様子)

雪ということもあってか、通勤時間帯でも車や歩行者の量はいつもより少なくなっておりました。

 (大連駅越しに見る凱旋広場の様子)

しかし間もなく晴れ間が広がり、4時間後に再び外を眺めた時には、道路の雪も目立って消えていきました。

 (11時頃の天津街の様子)

大連は、確実に冬を迎えたことが実感されました。

 (徐々に雪が消えていく交差点付近)

 


交差点

2013年11月22日 | 旅行

ニイハオ!

山田です。

朝の散歩中に、信号機のある交差点のところで、とてもおとなしくて、ぬいぐるみのようなワンちゃんに出会いました。

 (可愛いワンちゃん)

さてこのワンちゃんですが、耳としっぽがピンクに染められ、足には靴が履かされ、洋服も着せられておりました。

 (何とも愛らしいワンちゃん)

カメラを向けると、それを意識しているのかどうか、じっとしてくれておりました。

 (カメラの前で微動だにしないワンちゃん)

信号が変わり、主であるおばあさんが道を渡って行きましたが、なんとこのワンちゃんはこの姿勢のままじっとこの場所に止まっておりました。

道を渡り終ったおばあさんがそれに気づいて、あわてて犬を連れに戻りましたが、こんなにおとなしくて可愛い犬なら、飼ってもいいかなと思えるワンちゃんでした。

ところでこの交差点では少し腹の立つことがありました。

歩道には相変わらず自動車が駐車していて、歩行者の障害になっておりますが、1年近く過ごしているのでこの状況にもだいぶ免疫が出来てきましたが、さすがに通行人が多い交差点の角の歩道に、車が駐車していたことには呆れてしまいました。

 (交差点の歩道に駐車する車)

これでは歩道を避けて車道を歩かなければなりません。

 (歩行者の迷惑など考えない駐車)

せめて交差点での駐車くらいはしっかりと取り締まってもらいたいものですが、交差点内にいる警察官もこの車については無関心のようです。

 (交差点内に立つ交通整理の警察官)

大連市内を始め、近郊には近代的なビルが軒を連ねておりますが、いくら箱モノが立派で経済的にも日本を追い越したとはいえ、日本人のマナーにはまだまだ追いつけそうもありません。


地デジ、BS、CS三昧

2013年11月16日 | 旅行

ニイハオ!

山田です。

前回『最近インターネット回線を使った日本のTV放送(地デジ、BS、CS)の視聴にも加入いたしましたので、日本のニュースは無論のことドラマや、WOWOW、スターチャンネル(映画専門チャンネル)等々、大連に居ながらにして日本と全く変わらない視聴環境で暮らし始めております。』

と紹介いたしましたが、視聴環境が良くなってからというもの、急に一日が早く過ぎていくようになりました。

 (視聴に必要な機器)

60チャンネル以上の番組が、1週間分まとめて視聴できるので、とにかく胸躍らせて楽しんでいるからです。

その中でもスターチャンネルで放送中の海外ドラマ「スパルタカス」(シリーズⅠ~Ⅱ全20話)は特に面白く、完全に嵌ってしまいました。

 (「スパルタカスⅢ」の一場面)

現在は「スパルタカスⅢ~ザ・ファイナル~」(全10話)を放映中で、毎週楽しみにして視聴しております。

またこれまでネットで日本のニュースを見ておりましたが、加入以降は「ニュースステーション」などを見るようにしております。

 (「ニュースステーション」の一場面)

それ以外にも「相棒」「雲霧仁左衛門」「ミナミの帝王」「項羽と劉邦」「実験刑事トトリ2」「大相撲」等々も楽しんでおります。

 (「新・男はつらいよ」(BS)の一場面)

 (毎週土曜日に放映中)

海外にいてもフルハイビジョンで視聴できるので、綺麗な映像で鑑賞しております。

 (レッドソックスが優勝した時の上原投手)

 (「実験刑事トトリ2」の一場面)

ホームシアター(プロジェクター&スクリーン)での視聴ではありませんが、至近距離から60インチの画面を見ているので、迫力は感じられます。

 (「雲霧仁左衛門」の一場面)

 (日本の時代劇はかなりしびれます!)

視聴費用は月額250元(≒4000円)と少し高めですが、海外にいることを忘れてしまうほどの快適な視聴環境になりました。

 (大相撲九州場所)

 (再放送の「遺留捜査」の一場面)

 (再放送中の「相棒」の一場面)

 (「ミナミの帝王」の一場面)

昨年の9月に海外で暮らし始めてから、途中2か月程の一時帰国を除けば、ほぼ一年が経過しましたが、こうしてTVの視聴環境も良くなり、さらに楽しく暮らせております。(笑)


半沢直樹

2013年11月10日 | 旅行

ニイハオ!

山田です。

最終回の平均視聴率が、関東地区で42.2%と驚異的なドラマ「半沢直樹」を大連の地でも視聴したいと思い、勝利広場の地下にある日本のTVドラマ等のDVDを販売している2軒の店を見て歩きました。

 (天津街から勝利広場へ向かう)

 (勝利広場の地下商店街への出入り口)

 (長いエレベーターで勝利広場の地下へ)

 (地下商店街の出入り口)

勝利広場の地下1階~地下3階には約2000店舗が並んでいて、まるで迷路のように入り組んでおります。

 (通路の両側に並ぶたくさんの店舗)

 (分岐点が多くある通路)

地下1階~地下3階まで全て見て回ったわけではありませんが、地下一階には日本のTVドラマ等のDVDを販売している店舗が2件あるので、そこを見に行きました。

 (日本語で書かれた看板類)

 (店員さんも日本語で応対します)

すると案の定というか、このドラマのブルーレイDVD(10枚組)が早速販売されており、230元のところを値切って180元(≒2900円)で購入しました。

 (もう一軒の方の店舗)

 (DVD10巻が収めてあるケースの表紙)

 (第6話のブルーレイディスク)

自宅で早速視聴してみると、なるほど高視聴率だった理由が分りました。

 (第5話の一場面)

結局10話もあるドラマでしたが、面白くて二日間で全話視聴してしまいました。

 (私がファンになったキャラクター)

 ドラマとはいえ「やはりサラリーマンは精神的にきついな」と改めて思いました。

 (優雅に暮らす元社長)

それに引き替え、逃げ回ってるとはいえ、元社長の優雅な暮らしぶりには共感しておりました。(笑)

このまま見たい日本のドラマ等のDVDを購入していたら、お蔵入りのDVDが増えてしまうし、金銭的にも高くつくので、最近インターネット回線を使った日本のTV放送(地デジ、BS、CS)の視聴にも加入いたしましたので、日本のニュースは無論のことドラマや、WOWOW、スターチャンネル(映画専門チャンネル)等々、大連に居ながらにして日本と全く変わらない視聴環境で暮らし始めております。

ドラマ「半沢直樹」の面白さのおかげで(きっかけで)、大連での暮らしがさらに快適になりました。(笑)


部屋の模様替え(家財道具編)

2013年11月04日 | 旅行

ニイハオ!

山田です。

室内の壁紙を張り替えて綺麗にしてみると、今度はそれに合わせて家具等もお気に入りの物に替えたくなり、この機会に買い換えることにいたしました。

 (リフォーム前の室内)

中国ではいらなくなった家具等は、知人が喜んでもらってくれますし、また古くても業者が無料で(もしくはお金をくれて)引き取りに来てくれるので模様替えも楽にできます。

まずはそれまで使っていた中国製の32インチ液晶TVから、シャープ製の60インチLEDテレビと、それに合わせて新品のTVボードを買い換えました。

 (LEDテレビと幅1m50㎝のTVボード)

TVはちょうどバーゲンセール中でしたので、60インチが8000元(≒13万円)で購入でき、配達から設置&チューナー調節までやってもらえました。

 (ヘッドホン端子付きが決めて)

当初はシャープ製の70インチTVを検討していたのですが、値段が60インチの2倍(16000元)と高く、また必須のヘッドホン端子が付いていなかったので消去法で60インチにしたのですが、部屋に設置してみるとこれでも十分に大きくて非常に満足しております。

ちなみにTVボードは1600元(≒26000円)で購入しましたが、ベッドや他の家具と同じシリーズのものなので、これも統一感があって気に入っております。

 (同じシリーズものの家具類)

日本にいたならば、ヤフオクで高級家具を1円~1000円で購入してくるところですが、送料がこちらの新品家具の数倍も高いので断念いたしました。(笑)

なお中国の家具は大人二人がやっと持ち上げられるほどに重量があって頑丈に造られ、日本の家具よりも安く感じられます。

しかし仏壇&仏具だけはどうしても日本製のものがほしくて、送料が高くても日本から輸送してもらいました。

 (お仏壇の設置スペース)

何しろ購入価格(即決価格15万円)よりも輸送費(約35万円)の方が高いのですから、清水の舞台から飛び降りたつもりでの決断でした。

実は今回のリフォームで壁紙を全て金色のものにしたのも、このお仏壇(高さ約190cm)の設置を考えてのことでした。

 (日本から輸送した鏡面仕上げのお仏壇一式)

これは大連にいながら落札し、出品者には東京の海外引っ越し業者宛てに送ってもらい、ここから約1か月かけて船便で送ってもらったものです。

引っ越し業者とはスカイプ経由での国際電話(通話料は1分間で2~3円)でやり取りをし、費用はネットバンキングを使って支払いましたが、海外暮らしでもこうしたことが可能であり、とても便利なことが分かりました。

 (内部は総金箔貼りで、内外扉は電動開閉式)

ちなみにこれはヤフオクで購入したものですが、新品ならば約310万円するものです。

例えば下記のような仏壇ならば激安で購入出来ますが、今回は金額が高くても一生涯使い続けるものですから、自分が心底気に入っている物を購入いたしました。

日蓮正宗 お仏壇 厨子型仏壇 厨子扉リモコン開閉 創価学会! (最近4999円で落札された高さ約2mのお仏壇&仏具一式)

美品◇創価学会◇仏壇/黒檀◇自動開閉扉◇仏具セット  (1200円で落札された高さ1m83cmのお仏壇&仏具一式)

なお送料が高いとはいっても中国では手に入らない(販売されていない)物ですから、こうして念願の総金箔貼りのお仏壇&仏具一式を、リフォーム済みの部屋に設置できて大変に満足しております。

 (お仏壇一式とテレビ類)

ちなみにお仏壇内部にご安置している御本尊は、日蓮正宗曼荼羅ですが、この御本尊のおかげで異国でも安心して暮らしていけております。

なお薩摩藩の富国強兵に成功した幕末の名君の一人で、 西郷隆盛ら幕末に活躍する人材も育てた第11 代藩主の島津斉彬は、養女・篤姫(後の天璋院)とともに静岡県富士宮市大石寺・遠信坊(日蓮正宗総本山)の檀越でもありました。

 (HDミニコンポはPCの隣に移動)

それからヘッドホン付きのTVを購入したので、コンポはTVから離れた窓際のスペースに移動させ、PCをしながら音楽を楽しんでおります。

 (大連の街並みが見渡せるPCの裏側)

こうしてリフォームから始まった我が家の模様替えですが、気がつけば結構な出費となりました。

しかし物価が安い海外(中国)暮らしですから、こうした費用もいつの間にか貯蓄できておりました。(笑)

 (凛とした冷気が気持ち良い大連)

大連の住まいは日本の自宅よりは狭いですが、家財道具類は使い勝手が良くなりました。