|狭間|。

生き続ける事で
面白い事が見つけられる
あなたがその花を見つけたように
あたしがあなたを見つけたように

~~挨拶の一言~~

皆さんこんにちは
いずもと申します。
上海出身の中国人で、今大学三年です。
去年(2010年)9月から東京のK大に一年間交換留学しています。
海外もこれが初めてです。
日本でいっぱいいい思い出が作れればいいですね。
日本語が上達できるようGOOのホームとブログを開設させていただきました。日記的なものを書いてます。
ここで友達がたくさんできればうれしいと思います。
どうぞ気軽にメッセージやコメントをください。
もしブログで不自然なところや間違ったところがあったらぜひ遠慮なくご指摘ください。
Mixi: いずも♪
Twitter:izumo325
どうぞ、よろしくお願いします☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雑談:ワールドカップ&慶応からの入学許可書

2010-06-19 17:48:01 | 狭間ノート
皆さん、お久しぶりです!
またまた、落ち着いてブログの更新ですよー。

ちょっと何回の雰囲気の重いブログなので、今回は軽い話をさせてもらいます。

さて、サッカーファンの皆さんは、きっと最近テレビに釘付けるようになってるんでしょう。
私もそうなんです。学校で試合生中継を見るのが大変不便ですが、携帯ネット上の文字生中継を見ることにしています。
授業中でも叫びだしそうになって。。。
週末家に帰ったら自由になりますけどね。
北京時間朝2時30分の試合生中継も時々起きて見ています。
この間北朝鮮とブラジルの試合は、本当にすばらしかった!起きられて良かったと思いましたww。

皆さんは、どのチームを応援していますか
私は、スペインと日本チームが大好きです。
しかしスペインがスイスに負けるなんて。。すごくショックでした。あんなによくやったのに、結局ゴールができなくて実に残念なことだと思います。

まっ。次のラウンド、ファイティングということで。

日本も、今夜オランダとの対戦ですね
オランダは強そうですけど(オランダも好きです)、やっぱサッカーって言うのは、「絶対最強」があるのではなくて、両方の策略とスタイルとは深く関係があって、最後の終わりまで何でも起こるというものだと思います。

だから今夜も楽しみです。

そしておととい慶応からの入学許可書をもらいました。
学籍番号ももうついててちょっとびっくりしました。
ガイドで宿舎応募も完成しました。

なんか、どちらの寮でも、学校から遠い気がします
選択肢は「下田学生寮」「日吉インターナショナルハウス」と「プラムイズ」三つあります。
けどどっちも東京市内にないということは、これから毎日電車で大変時間がかかるということが予想されます><。
前行ってた先輩によって、毎日往復二時間かかるそうです。

初めて外国に行くことになる私にとっては厳しそうですね。
日本語はここ中国で毎日しゃべるんですけど、日本に行ったら人に声をかけるのがたぶん緊張すると思います。
周りの違う雰囲気の人と一緒になれるの?とも思うんです。
出発からあと二ヶ月ほどですけどもうわくわくしていろいろ考え始めたんですね。><

ま。。一応目の前の試験と、いろ~んな手続きを済まして。。
夏休みは準備の時間です!

皆さんからのアドバイスや助言も、大歓迎です。

よしっ!今日はこれで~明日は、日本語専門4級試験なので、勉強に戻りますww。

あっ、日本チーム、ファイティング!
コメント (16)

中沢、闘莉王、長友…魂で守り抜いた!

2010-06-15 14:54:42 | いろいろ
From Sponichi

【W杯1次リーグE組 日本1―0カメルーン】試合終了の瞬間、ピッチ上で誰よりも体を揺らして喜びを表現したのは06年ドイツ大会にも出場したDF中沢だった。カメルーンのパワープレーをクリアするだけの苦しい終盤に耐え、1点のリードを守って悲願の勝利。失点続きで心配された守備陣が、魂で守り抜いた。

 残り15分は苦しかった。得点を狙うカメルーンがパワープレーを仕掛け、ピンチの連続。後半32分には中沢が体を寄せてボールをはじき、39分には闘莉王が頭で大きくクリアした。前回大会の初戦オーストラリア戦では残り9分で3失点を喫し、逆転負けの悪夢。その後、一度は代表引退を決めた中沢がピッチに戻ってきたのは「あのオーストラリア戦のリベンジをしたい」という思いからだった。苦い記憶を思い出させる状況だったが、悪夢を払しょくした。

 4月7日のセルビア戦から4連敗を喫し、失点はオウンゴール3点を含む9。「まずは守備ありき。先に失点はしたくない」(中沢)とまずは失点を避けるため、慎重なプレーから入った。イングランド戦、コートジボワール戦で立て続けにオウンゴールを献上した闘莉王は攻撃参加を自重。セットプレー以外は守備に専念した。試合後にはピッチにひざまずき、神に感謝の祈りをささげた。

 3トップの右に張るカメルーンのFWエトオを止めたのは、左サイドバックの長友。「仕事をさせなかったんじゃないかな。前を向かせないということを意識していた」とエースを完封した。W杯は初出場だが「絶対に負けたくなかった」と気持ちが入っていた。誰もが守備の役割をこなし、日本で初めての初戦勝利に貢献した。

[ 2010年06月15日 ]
コメント (7)

「聖」という名の下の戦い(日本語授業の発表)

2010-06-10 15:35:53 | 狭間ノート
2010年6月9日午後7時、現実世界の人々がいつものようにしているとき、ネットでは戦争が始まりました。それが、皆さんが知っていると思いますけど、「第三次聖戦」というネット戦争なんです。
2010年5月30日、万博会場で万博委員会が6月に公演する予定の韓流スター・スーパージュニアのコンサート入場券を配布しているうち、押し合いによる将棋倒し事故があったため、結局一般市民に配布する予定の5000枚の入場券は、その五分の一しか市民の手に届けなかったんです。それだけでなく、公演も「安全上の原因」で臨時中止されました。そこで、徹夜して並んで待っていたファンたちが大騒ぎを起こし、現場のガードやボランティアをののしったり、殴ったりさえしたそうです。同じファンたちが四川大地震の時「韓国まで行かなかったのはよかった」という言論に引き続き、この事件がまさに「愛国者」と「韓流ファン」との間の衝突を一層激しくする導火線だと見られています。
世論も騒然となりました。反韓の「愛国者」と親韓の「韓流ファン」たちがもう相容れません。そしてあいまいな態度で横に見ている私たちの何もわからないうちに、「国を必死に守る:聖戦!」という戦いを「愛国者」たちが挑んできました。おととい午後7時から、国内のスーパージュニア応援掲示板およびファンクラブ、投票サイト、そしてそれらの管理人のHPまで、残らずに、「聖戦は止まらぬ!」と書いてあったページに切り替えられました。正確に言えば、ハッキングされたのでしょう。それが終わりだと思ったら、韓国のいくつかのネットショッピングのサイトまでもハッキングされ、中国国旗の翻っている画面にされました。一方、国内の各SNSサイトにも、ユーザーがみんな「聖戦生中継」をして、反韓傾向がどんどん強まっていたようです。
昨日の朝おきて、携帯電話でおとといハッキングされた掲示板に登録したら、何もなかったような普通の風景でした。どうやら終わった、と思いました。しかし不安が心を過ぎりました。私たちが始めにイタズラだと思っていたこの「聖戦」は、結果として私たちの想像よりはるかにひどかったのです。こんな大規模なハッキングや反対言論が、政治問題にならないように、と思いました。そして極端な人たちがわめいて自己主張している一方、本当に純粋かつ平和な人たちが逆に誤解され、微妙な立場に立たされたのです。おとといの夜、韓国人留学生の友人から電話があって、「聖戦ってなに?」と聞かれたら、一瞬、切なくなりました。言いづらかったんです。詳しくわからない彼らにとって、きっとショックを受けるんでしょう、いつも親しくしている中国人友達がなんと、ネットで韓国、韓国人を一括してののしっているということに。
「こんなとき考えるのは、相手国のサイトをハッキングして不満をもらすのではなく、負傷者の賠償責任や安全対策を明確にすることだろう」と、その友人が言いました。確かにもっと冷静で客観的に見るのが大事だと思います。アイドルが好き、外国が好き、外国のアイドルが好きだというのは責めるべきことではないと思います。ただ母国が嫌いだといって外国しか愛せないというのはどうでしょう?中国や中国人を軽蔑する外国人は数多くいますけど、すべての外国人を反対するというのはどうでしょう?「聖戦」の原因は、個人の心の狭さなのか、それともわが国の国民性定義のひとつなのでしょうか。「聖」という名の下に、本当はそれほど神聖なことをやっているとは思いません。
砲煙さえ上がらない、対戦する相手の顔さえ見えないこの文字だけの戦争が、今年中国ネットでの最も大きな出来ことになるのでしょう。身近な人に参加した人がひとりもいないことが、よかったと思います。うちのクラスにも韓国人留学生がいて、私がこの文章を書いて悪い思いを残させたら申し訳ない気持ちになります。けどどの国の人も、他人のせいにせずに、自分の両手で自分の国を強くするこそが、正真正銘の聖戦だと、感じています。
コメント (9)