泉飛鳥塾

「古(いにしえ)の都・飛鳥」の原風景と共に、小さな旅で出会った風景等を紹介したいと思います!

奈良大和路の花の見どころ 「馬見丘陵公園のダリア」

2018年10月16日 20時07分47秒 | 散歩

馬見丘陵は、奈良県香芝市・広陵町・河合町など2市3町に跨る標高70m程度の東西約3km、南北約7kmに及ぶ低い丘陵地です。この丘陵は、馬見古墳群のエリアと一致し古墳の集積地となっています。古墳好きな方には、お薦めのスポットです。

「奈良県営馬見丘陵公園」は、この歴史と文化の遺産やすばらしい自然環境を県民の憩いの空間として、広く活用してもらうことを目的に整備された公園で入園は無料です。

今、「馬見丘陵公園」のダリアが満開を迎えています。

今回は、奈良大和路の花の見どころ「馬見丘陵公園のダリア」を紹介したいと思います。

奈良県は、ダリアの球根生産量が日本一です。北エリアの「ダリア園」では秋になると、約120品種1,000株のダリアが一斉に咲き誇ります。ダリアやコスモスなど約20万株の花々が咲き乱れています。ダリアの開花する場所は、北駐車場近くの花見茶屋エリアです。約120品種、1,000株のダリアを観賞することができます。
花の大きさが30~40cmにもなる「エモリーポール」をはじめ、奈良県内で作出された「奈奈」のほか、草丈が4~5mもの高さになる「皇帝ダリア」など、さまざまな種類を楽しめます。
ダリア園の見頃は例年、10月上旬から11月上旬にかけてです。今丁度見頃で、今年も見事なダリアを見ることが出来ました。また、コスモスなどの花も綺麗でした。

園内では四季折々の自然を満喫でき、春には桜やチューリップ、夏にはバラや花菖蒲、ヒマワリ、秋にはダリアやコスモスなど色とりどりの花が咲き誇ります。

「馬見丘陵公園」は、明日香村からは車で40分位の所です。四季折々の自然を満喫でき、飛鳥とは趣きの違う風景を見ることができ、春と秋には、弁当持参で行く大和の素敵な場所ですよ!

                             

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第10回  「高取かかし祭り・... | トップ | 「古都飛鳥文化祭・2018」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散歩」カテゴリの最新記事