泉飛鳥塾

「古(いにしえ)の都・飛鳥」の原風景と共に、小さな旅で出会った風景等を紹介したいと思います!

「第一代神武天皇の御陵と橿原神宮」

2020年03月24日 13時08分27秒 | 歴史

奈良県橿原市にある「神武天皇陵」は第一代の天皇の御陵であり、畝傍山(うねびやま)の北東の麓には「橿原神宮」が所在します。

今回は、「第一代神武天皇の御陵と橿原神宮」について紹介したいと思います。

神武天皇の御陵は、円丘で周囲は約100m、高さ5.5mの広い植え込みがあり、幅約16mの周濠をめぐらせています。
日本書紀、古事記によると、初代天皇とされる「神武天皇」(在位:前660年~前585年)は日向(宮崎)地方から、瀬戸内海を東に進んで難波(大阪)に上陸しましたが、生駒の豪族に阻まれたため、南下して熊野に回りました。そこで出会った3本足の「八咫烏」(やたがらす)というカラスに導かれて、吉野の険しい山を越えて大和に入り、周辺の勢力も従えて、大和地方を平定しました。そして、紀元前660年の1月1日(新暦2月11日)に橿原宮で即位し、初代の天皇になりました。新天皇が即位する際は神武天皇山陵と前四代の天皇山陵に参拝することが通例で、歴代の天皇が橿原を訪れています。

また、「神武天皇陵」の傍には、「日本のはじまりの地」と呼ばれる「橿原神宮」が所在し、橿原の見所の一つになっています。

「神武天皇」と皇后「媛蹈鞴五十鈴媛(ヒメタタライスズヒメ)」を祭神として祀られています。「神武天皇」の皇居である「橿原宮」がこの地にあったとされることから、明治時代に官幣大社として創建されました。

普段、なかなか行かない神武天皇陵。帰りには日本の始まりの地とされる橿原神宮への参拝、厳かな雰囲気が漂っておりました!

                                  

 

コメント

山中にある巨大な横穴式石室を持つ「越塚古墳」

2020年03月02日 08時57分46秒 | 歴史

奈良県桜井市粟原字越にある「越塚古墳」は、粟原川に向かって西北に伸びる尾根上にある県史跡の古墳です。桜井市の地域では「赤坂天王山古墳」(2019年6月6日、崇峻(すしゅん)天皇陵の可能性が指摘されている「赤坂天王山古墳」で紹介させていただきました。)・「ムネサカ古墳」と並ぶ巨大な横穴式石室を持つ古墳で、下り尾集落の東端に位置しています。以前紹介した、「ムネサカ古墳」とは粟原川を挟んで、反対の山中にある古墳です。

今回は、山中にある巨大な横穴式石室を持つ「越塚古墳」を紹介したいと思います。

「越塚古墳」の墳丘は、直径約40m・高さ約6mの2段築成の円墳です。石室は全長約15.4mで棺を納めた玄室は長さ約5.2m、幅約2.5m、高さ約3.8mで、奥壁や前壁を垂直に積み側壁も比較的もち送りが少なくい長方形の箱型が特徴です。玄室内には、組合式石棺の底石と側石の一部が残っています。 羨道部(通路部)は、長さ約10.2m、幅約1.7m、高さ約1.9mで、南西方向に開口部があります。正式な調査が行われていない為、出土品等は知られていませんが、石室の様式からみて6世紀末の古墳と思われます。付近で産出する花崗岩の自然石を巧みに使った石室で、堂々とした風格が漂う古墳といった感じです。石材が花崗岩の自然石に近く、また積み方等から、「赤坂天王山古墳」と同時期かやや新しい6世紀末葉頃の築造かと考えられます。粟原谷を見下す丘陵中腹部に位置しており、「粟原寺」造営(2016年12月16日、「粟原寺・白山神社・十二柱神社・宗像神社・桜井茶臼山古墳」で紹介させていただきました)に関連した人々につながる豪族たちの奥津城であろうと考えられています。

それにしても、「ムネサカ古墳」と同様に山中にこのような巨大な横穴式石室を持つ古墳がつくられたのでしょうかね~・・・

                    

コメント

石室がそっくりな「岩屋山古墳とムネサカ古墳」

2020年02月21日 10時54分18秒 | 歴史

奈良県明日香村に所在する「岩屋山古墳」は、近鉄飛鳥駅から約5分位の所にある古墳です。古墳は開口しており石英閃緑岩(通称、飛鳥石)の切石を使った見事な石室はとても有名です。この石室とそっくりな「ムネサカ古墳」がお隣の桜井市の山の中にあると知り、歴史散策してきました。

今回は、石室がそっくりな「岩屋山古墳とムネサカ古墳」を紹介したいと思います。

〇奈良県明日香村大字越に所在する「岩屋山古墳」は、周辺には牽牛子塚古墳や真弓鑵子塚古墳、マルコ山古墳等、多くの終末期古墳が点在しています。
明治時代にはイギリス人のウイリアム・ゴーランドが来村し、古墳の石室を調査して「舌を巻くほど見事な仕上げと石を完璧に組み合わせてある点で日本中のどれ一つとして及ばない」と『日本のドルメンと埋葬墳』の中で紹介しています。調査の結果、墳丘は1辺約40m、高さ約12mの2段築成の方墳で墳丘は版築で築かれており、下段テラス面には礫敷が施されていることが明らかとなりました。埋葬施設については石英閃緑岩(通称、飛鳥石)の切石を用いた南に開口する両袖式の横穴式石室です。規模は全長17.78m、玄室長4.86m、幅約1.8m、高さ約3mで羨道長約13m、幅約2m、高さ約2mを測ります。7世紀中頃の古墳と思われます。墳形は下段部が明らかに方形であることから、発掘調査では方墳とされていますが、下段部は方形であるが、上段部を八角形に築いた八角墳ではないかという説もあるようです。八角墳と言えば、飛鳥地域では天皇のみ許された古墳の形態です。

石室がそっくりな「ムネサカ1号墳」でも凝灰岩の破片が多く出土していることから、「岩屋山古墳」でも凝灰岩製の家形石棺が安置されていたと推定されます。被葬者については、「斉明天皇」や「吉備姫王」等が候補として挙げられていますが、斉明天皇は「牽牛子塚古墳」(明日香村)・吉備姫王は「カナヅカ古墳」(明日香村)が考えられています。はたして八角墓の可能性がある「岩屋山古墳」は、どなたが眠っておられるのでしょうかね~・・・

         

〇奈良県桜井市に所在する「ムネサカ一号墳」は、山上にある古墳です。「ムネサカ一号墳」の石室は「屋山古墳」と同じ設計図(規格)をもとに同一工人集団が作ったと思われるそうです。見つけにくい古墳のひとつで、私も、実際に行かれた方のブログを参考にようやくたどり着くことが出来ました。こんな山奥に、こんな立派な石室があったとは、誰もが思うような古墳です。しかも、東西にそっくりな2基の古墳が並んでいます。元は4基あったようですが、内2基はすでに消滅しており、通常「ムネサカ古墳」といえばこの1号墳を指します。県史跡で径45m、高さ8mの2段築成の円墳です。石室の全長は16.6m、玄室長4.6m、幅2.7m、奥壁、側壁ともに2段積みの花崗岩の切石を使っており壁の隙間には漆喰が詰められており今も見ることが出来ます。玄室内の床面には、直径40cm前後の石が平坦に敷かれ、石床としていたようです。石室の様式は、明日香村の「岩屋山古墳」とほぼ同スケールですが岩屋山ほど切り石は平坦化されていません。被葬者は、近くにある栗原寺の建立に関係した中臣氏との関連が考えられます。7世紀中頃の飛鳥政権をささえた貴族の墳墓の一つと考えられているようです。残念ながら、真横にあるもう一つの古墳の「ムネサカ二号墳」の入り口は開口しているのですが、土砂が入っており中まで入ることができませんでした。石室は、一号墓と同じような石室だったのでしょうか? 

それにしても、こんな山奥に「岩屋山古墳」と同じ立派な石室を持つ古墳の被葬者とは、一体誰なのでしょうかね~・・・  とてもロマン溢れる、歴史散策となりました!

                    

 

 

 

 

        

コメント

長谷寺 「大黒天祭節分会・2020」

2020年02月08日 10時57分56秒 | 歴史

2月3日に奈良県桜井市「長谷寺」において、季節の節目の邪気を追い払う行事「 節分祭」が行われました。昨年に引き続き、参加してきました。

今回は、長谷寺 「大黒天祭節分会・2020」の様子を紹介したいと思います。

「長谷寺」は、奈良県桜井市初瀬にある真言宗豊山派総本山の寺です。山号を「豊山」、院号を「神楽院」と称します。本尊は十一面観音で、開基(創立者)は僧の道明とされます。西国三十三所観音霊場の第八番札所であり、日本でも有数の観音霊場として知られています。一年を通じ「花の寺」として親しまれています。本尊の十一面観音菩薩は、高さ9.18mを誇る日本最大級の木彫仏です。また、『源氏物語』や『枕草子』などの古典の中でも記される、歴史あるお寺です。明日香村から、車で約20分の所にあります。

2020年の「節分祭」は、春を思わせるような天気でした。

・8:30~ 大黒堂において大黒天祭法要がありました。大黒祭ではリアル大黒様にお加持していただきました。
・9:30~ 豪華景品の当たる福引付福徳豆の授与を開始されました。景品の当たる福引は1回:300円です。楽しみにしていた「くじ付き福豆」を5枚買って引きました。
・10:30~ 節分会法要のあと11時前には、福娘・福男による「豆まき」が行われました。長谷寺では、豆まきの時は、「だだおし」で鬼を払うため、「福は内」しか言わないそうです。今年も、多くの方が来られていました。今回は、「福徳豆」を20個いただきました。そのうち、幸運の5円玉が4個入っていました。大事に財布の中に入れました。
今回で3回目の参加ですが、前回と同様にお接待の甘酒がいい具合のお味でとても美味しかったです。「節分祭」後、牡丹が笠かぶっている風景を撮りに行きました。

今年の「くじ付き福豆」では、「大黒天のお札」をいただきました。何かいいことが待っているかな・・・  今年も、とても楽しい「節分祭」となりました!

                    

コメント

古代の「百済の地を訪ねて(普願寺跡・端山磨崖如来三尊像)」(最終回)

2020年01月19日 09時42分02秒 | 歴史

古代の「百済の地を訪ねて」シリーズも、いよいよ最終回となりました。前回は、古代の「百済の地を訪ねて(弥勒寺跡・王宮里遺跡)」(6)の様子を紹介しました。

ツアー最終日は、午前中は「端山(ソサン)」の普願寺」と「端山磨崖如来三尊像」に行き、午後は、仁川空港まで行き関西空港に戻りました。あっという間の4日間でした。

最終回は、古代の「百済の地を訪ねて(普願寺跡・端山磨崖如来三尊像)」(7)の様子を、紹介したいと思います。

〇「普願寺」は、法印国師宝乗塔および塔碑、文献資料などを通じて非常に繁盛していたことが知られていましたが、創建の時期や廃寺の時期などは明らかではなかったようです。しかし、調査により現在の五重石塔の位置する寺域中心部から最終的な伽藍の範囲や造成の時期が確認されました。また、東側の調査により9~10世紀の青磁をはじめとする高麗時代の遺物が多数出土したので、創建されたあるいは繁盛していた高麗時代の伽藍が存在した可能性が開かれました。また、史跡に指定されたほぼ全域において高麗時代の遺構が確認されており、一部の東側の尾根にまで続いていることから、本来の寺域の規模が非常に大きかったことが分かります。何と、この山の中のお寺には、僧侶1千余名がいたそうです。観光地ではない普願寺」、なかなか興味あるお寺でした!


              

〇瑞山市は忠清南道、西北地域の西海岸近くにあります。384年に、インドのマラナンダという僧が黄海を渡ってこの近くの法聖浦という入江に着き、百済初の仏教の寺「仏甲寺」を開いたといわれ、仏教伝来の地とされています。 

「端山磨崖如来三尊像」は韓国最古の磨崖仏で、600年頃に瑞山郊外の山の中腹の岩壁に、中国へ交易に行く人の安全を願うために彫られたといわれています。その静かな微笑は「百済の微笑」として有名です。

「磨崖三尊仏」は普願寺」から徒歩で約20分位の所にあります。 渓谷から約10分位上っていくと、絶壁に彫られている三尊仏をみることができます。中央には、如来立像。左側は、菩薩立像。右側は、半跏思惟像が彫刻されています。厚い唇・大きな目・頬を膨らませた如来立像は、百済人の典型的な微笑みを表しており、光が当たる角度によって微笑みが様々に変わります。何とも言えない、素晴らしい微笑みの三尊像でした!

今回(2019年11月中旬)、古代史スペシャルということで「百済歴史散策(扶余・公州・益山・端山)」4日間の、とてもマニアックな歴史ツアーでした。

参加の動機は、「古代飛鳥」の歴史を語るには、百済の国の地(歴史)を知らないといけないと思い参加しました。3泊4日と短い時間でしたが、とても充実した内容の歴史散策となりました。飛鳥を紹介するうえにおいて、大変勉強になりました!今までにないツアーでしたので、また機会があればこの歴史ツアーに参加したいと思っています・・・

                

 

       

コメント