泉区生活支援ネットワーク

仙台市の障がい者支援のための情報です。福祉・特別支援教育・就労など,分野をこえた生活支援のネットワーク・情報交換の場です

障害者用119番導入へ 大崎・新広域消防本部が完成(河北新報)

2019年03月12日 | バリアフリー情報
「河北新報」平成31年3月11日(月)付け記事より引用)
 新しい大崎広域消防本部と古川消防署が完成し、10日、大崎市古川の現地で内覧会があった。26日に仮運用を始め、4月1日に本格運用に移行する。

 古川署の南側の敷地は約1万2000平方メートル。大崎地域広域事務組合も入る一体型の庁舎棟は、免震構造5階で、延べ床面積約4790平方メートル。訓練塔のほか、東日本大震災を教訓に非常用発電設備や自家用給油取扱所も備え、ヘリポートも設けた。

 事前登録した聴覚や言語障害のある人からの119番をインターネットで受け付ける「Net119」を本格導入する。総事業費は44億5400万円。

 内覧会には組合を構成する1市4町の議員ら約60人が参加。組合管理者の伊藤康志大崎市長は「広域消防体制の集大成となる新本部が完成した。圏域住民の安全、安心の確保に努めたい」と述べた。

 新しい通信指令センターはNet119にも対応する
コメント   この記事についてブログを書く
« 平成30年度 障害者スポーツ指... | トップ | 視覚障害者のための職業講習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バリアフリー情報」カテゴリの最新記事