消えゆく霧のごとく(クンちゃん山荘ほっちゃれ日記)   ほっちゃれ、とは、ほっちゃれ!

きらきら輝く相模湾。はるか東には房総半島の黒い連なり。同じようでいて、毎日変わる景色。きょうも穏やかな日でありますよう。

すっ転んで泣いたぜ!

2018年09月10日 15時52分37秒 | 困ったのう!
 滑って転んで大分県!

 一昨日の土曜日、出入り口の階段で滑って、腰と言うか背中と言うか、を強打。ほとんど死にかけてしまいました。
 災害でなくても、人は命を失うことがあるなあ。
 まさに「人間到る処 青山あり」でございます。

 土曜日の午後、こんなつまらん原稿を書いていたのです。
 これが悪かったのだろうか!
『「ただし、あなたの腰の怪我ですが、そのなんとかという人が加害行為に及んだという容疑が確定すればですね、
令状をとって現場を検証することはできると本署では言っております。
 杭かなんかで殴られたというような記憶はないんですか? 自傷ではないと証明づけられるといいんですが。
 いずれにしても、本官では対応が難しいので、本署の刑事課、捜査のほうへおいでになってください」
「巡査長さんねえ、自傷ったって、あたしゃ自分でこんなところを傷つけたりしませんよ、
いったい、どういう格好をすれば、ここを傷つけられるんですか」
「いや、与那嶺さんねえ、酔っ払って足を踏み外したり、滑って転ぶとかね、
テーブルとかに腰をぶつけるってのもよくあるんですよ。
いずれにしても、診断書をお取りになったらどうでしょうか」』
 このサツ官、「いずれにしても」が口癖のようである。

 そうして、雨が降ってきたので猫のクッションを取り入れようと外へ出たのです。
 雨で濡れた外階段をスニーカーで下り始めて三段目か、左足のかかとが滑って、その場にドタッと仰向けに倒れてしまいました。
 痛えー!
 雨の中、10分ばかりそのままでおりました。動けない!
 頭を階段の縁に打ちつけたら血みどろになっていたはずで、それが避けられたのがせめてもの幸いでした。

 負傷を検証するに、起き上がれないほどの痛みは背中の下のほうがもろに石階段の縁に当たったことによるものでした。そのほか、左右の小指が切れ、左腕の関節の外側をしたたか打っていました。
 きのうは丸一日、沈没。
 今朝になって、鏡で背中を見ると、切り傷は見当たらないが、内出血でかなりひどい。痛いわけです。
 ガラホで自撮りしてみたら、気の毒なありさまでした。

   
    倒れた際、まず腰ベルトが階段の縁に当たり、
     ワンクッションあって、その後に身体がずり落ちて擦過傷になったか?
     ベルト様々かも!


 というようなわけで、地下原発の記事の返米を失礼しております!

 しかし、かつてラオスの奥地に行ったとき、メコン川の水力発電所の話に付随して、ラオスで発電した電力の相当部分がタイに売電されていると聞いたことを思い出しました。で、大電力長距離送電は別に不可能ではないと思い至った次第です。
 しっかし、ああいう記事を書く人ってのはやっぱ何か意図があってやってるんでしょうね。

 まあ、自分の記事を考えてみても、ブログの記事には嘘っぱちが多いので、みなさんも注意してくださいね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 地下原発! わからん! こ... | トップ | 野良猫の神様、 カラマツ家... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みゃ)
2018-09-10 18:03:10
お大事に!(一行でスマンのう、コメ返はいらないです。)
陰謀です・・・🐵。 (Mobile)
2018-09-10 18:58:59
原発の秘密に近づいたために、東電関係者から破壊工作を受けたのです、きっと。
お大事に (松田まゆみ)
2018-09-10 19:45:46
それは大変な災難で。どうぞお大事に。

ドイツとフランスでも電気の売買をしていますし、そもそも大容量の電力の長距離輸送ができなければ、東京電力が福島や新潟に原発など建てないでしょう。それに電力の長距離輸送ができないのが事実なら、複数の専門家の方がそういう指摘をするはずですが、そんなこと聞いたことがありません。あの記事の数式はよくわかりませんが、妄想というかトンデモの類いだと思います。
どうも! (izukun)
2018-09-11 08:14:47
みゃさま

ほんにのう。2行ぐらいは書かないと、気持ちが伝わらんのno!
よくよく気をつけんとあかん (izukun)
2018-09-11 08:24:38
Mobile さま

ほんにそうかも知れん。何百回も通っている場所で滑るなんてね。
ABの「けちって火炎瓶」の何とかという人が新宿だったかのビルの階段で、まったく不本意に転倒して怪我をしたのと似ている!?

ここは、山向こうの親戚が1か月に1回、まだ生きているかどうか確認に来るか、来ないか、
という程度の来訪しかないので、もっと重篤な怪我だと、
倒れたままになっていて発見は2、3週間後という可能性が高い!
今後は這って階段を下りるようにせんとな。

真に受ける人を見るのが快感? (izukun)
2018-09-11 08:29:38
松田まゆみさま

どういうつもりなんですかね!
あの記事は、なんか数式がやたらに出て来て全体の2パーセント程度しかわからんちんで…。
それでも読者登録しているのがいるんだから、不思議やね。どういう登録メンバーなのか、そのうち見に行ってみますわ。
いまは腰が痛くて…ね。
お見舞い申し上げます (fool1934725 管理人)
2018-09-12 08:23:36
お見舞い申し上げます
ありがとうございます。 (izukun)
2018-09-13 10:10:51
打ったところがかゆくなってきたので、治り加減になってきました。
fool1934725 管理人さまもどうぞお気をつけください。
若い人なら怪我でも、命取りになりかねません。
また、寝つくことにもつながりやすいですから…。自戒を込めて。

コメントを投稿

困ったのう!」カテゴリの最新記事