消えゆく霧のごとく(クンちゃん山荘ほっちゃれ日記)   ほっちゃれ、とは、ほっちゃれ!

きらきら輝く相模湾。はるか東には房総半島の黒い連なり。同じようでいて、毎日変わる景色。きょうも穏やかな日でありますよう。

よそネコ、4匹、留守宅で寛ぐ!  追記あり

2018年10月02日 12時11分48秒 | 困ったのう!
 うわあ、ほんとに困った! ネコ4匹

 うちの半飼い猫ニャが家を長時間空けて、とても困るという話を何回か書きました。
 ところが、きょう、もっと大変な事態が!

 朝出て、夕方帰ったら、家の中でがさごそ音がします。
 電灯をつけると、小型のネコが、いち、にい、…さん、よん。

 白黒のが2匹、キジトラが2匹!
 おらが帰ってきたので、逃げようとしてあっちこっち走り回ったり、物陰にうずくまったり。
 ニャのカリカリ袋は無残にから袋になっておりました。
 いずれも、子ネコのおおきくなったやつで、おとなの半分ぐらいの大きさです。

 出かけるときに、ニャがぐうすか寝ていたので、えさを皿に出し、ベランダのガラス扉の開閉口をOUT専用に設定していったのです。
 これで、ここからいったん出るニャはもちろん、外ネコも入ってこられないはずだったのです、いままでは。
 ところが、この四匹のきょうだいは体が小さいので、なんとかかんとか入り込むことが出来たらしいのです。

 ガラス扉を全開して追い回し、なんとかお引取り願ったのですが、なかには追い払い中にえらい勢いで室内に再度走り込んでくるのもいたりして、勘違いもはなはだしいのでした。

 それで…事態は収拾されなかったのです。
 その後も何度かベランダを見ましたが、その度に四匹が固まってこちらを見ているのです。ほんとに気の毒ですが…。
 追い払っても、追い払っても…。

 この連中は、300メートルほど上の、えさだけやり放題の無責任男が繁殖させてしまった20匹以上の群れの新生児なんですが、もうどうしたらいいものか。
 これまでは、白黒2匹とキジトラ1匹が別々にやってきたことはあるのですが、きょうだい全員でやってきたのは今回が初めて。

 また、なんとかして捕まえて、上の無責任男の家の塀から投げ込んでくるしかありません。
 しっかし、また、来るわな、味をしめてるんだから。

 追記  2018/10/5/18:36

 んで、管理事務所に電話してみましたが、素っ気ない返事。

 それならもうええわ、と次は市役所のペット関係に電話してみると…。

 この関係の窓口は、市役所、保健所、警察の3箇所にある。
 犬と違って、なんの法的根拠もないので野良猫を捕獲できる権限はどこにもない。
 逆にうっかり捕まえたり死傷させてしまうと、動物愛護法にひっかかる。
 結局、どうしようもないという。

 その無責任男のところへ市役所や保健所の職員が出向いて、「えさをやるなら、避妊去勢手術をする責務が生じます」と注意することが出来るだけだという。そいつが、「じゃかましい!おれはえさなどやっておらん!けえれ」と言い返せばそれっきりだともいう。

 はあ、さいですか!

  
  子ネコには、ブルーシートに水を張ったディフェンスラインも役に立たない5
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 蝋燭の光で駄文を書く | トップ | 続7・エロサイトの件  送... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それは大変 (カラマツ)
2018-11-04 08:58:37
 居ついた猫への気遣いが思わぬ展開ですね。
猫は家に付くといいますから、子猫たちには探していた食べ物と住み家が見つかったということなのでしょう。

 前に居ついた猫には可愛そうですが、留守中に家に入れないようにするしかなさそうですね。
もうほんとに弱り果てて (izukun)
2018-11-05 07:08:17
カラマツさま

カラマツブログ新記事で、その後のカラマツ家の居つきネコの様子を拝見しました。大変ですね。
テン、などというネコを襲う野生動物がいるとはまったく知りませんでした。
https://blog.goo.ne.jp/s6190004/e/57c9a04b4b74b1ab9070b1b59dd46970

こちらは悪戦苦闘の日が続いて、ほとんど野良ネコノイローゼ状態です。
きょうだい4匹のうち、キジトラ2匹は自主的に上に帰ったのですが、
白黒2匹は居つく気配で、おとといの朝、上に返してきました。
前に半飼いネコを獣医に連れていく際に作った小さな檻にエサをぱらぱら撒いたらすぐに2匹が入りましたので、
車でその家に乗りつけ、檻の出入り口を開けたら、どーっとその家に走り込んでいきました。
諸般の事情でやむを得ないのです。
ネコの鳴き声が聞こえると身震いがする今日この頃です。(多分、また戻ってくるでしょう。母ネコが連れて来て、何か言い含めて、子ネコだけ置いていってしまうのです。)

カラマツさんの新記事を読むと、胎児も帰ってきたように読めて、えーっ、と思っているのですが、
そうなんでしょうか?ついでのときにちょっとお知らせください。
胎児の件 (カラマツ)
2018-11-05 07:42:26
 母猫の避妊手術をした時、既に体内に5匹の胎児がいたそうです。
手術の際、既にその胎児たちが生まれることができる段階だったかどうかはわかりませんが、花と線香を添えて庭に埋めてやりました。

 ビニール袋に入れられた胎児も一緒に帰っては予想外でしたが、動物病院の先生の思いやりだったように思います。おそらく猫の場合、人間の未熟児のように育てることは難しいのではないかと思われました。
獣医さんの措置、理解できませんが… (izukun)
2018-11-05 12:11:14
カラマツさま

そうなんですか。
せめて土に返してやってください、という意味なのかも知れませんが…。
お返事、ありがとうございました。

昨夜、夜中に「入れろ、入れろ」と帰ってきたうちのニャ、
朝方、足のほうが重いので目が覚めてしまいました。
で、起きて見たら、このざま。

記事の部に画像のっけときました。見てくだされ。

コメントを投稿

困ったのう!」カテゴリの最新記事