伊豆の渓流を考える日々
Fishing club HUSLER 伊豆前戦基地
伊豆の渓流、釣行報告等を書き留める。
渓流オフは海を楽しむ。
 



 5月に入りました。昨年の今頃は釣友の山梨のイカ釣り師さんのところに「伊東イカ情報」としてコメントを書かせて頂いていた。彼の所に寄せたコメントを振り返ってみると昨年はポツポツではあるがアオリイカを獲っていた。今年の状況としては未だ今一つな感じながら「快楽主義的墜落生活」を書かれている釣友のOpen6Eさんが「春合宿2008」と銘打って黄金週間を利用して伊豆に滞在の初日のエギングラウンドにお付き合いさせて頂いた。久々の再会です。

釣行時間 1900~2300

この日の伊東港のタイドグラフです。



 Open6Eさんより早く着いちゃいました。ゆるり仕度をして白堤に向かう。ポイント⑧には泳がせさんで電気浮きが2つ、先端平場は満員の感じ、ポイント④~⑤の間に数名の人影でエギンガーさんとエビンガーさん、ポイント⑤にも先行のエギンガーさんが居られて満員な感じ。未だ釣友は現れずなので様子を見ながら愛竿カラマプロトにラインを通している時にポイント⑤のエギンガーさんが移動で空きました。別に余計なオーラを発した訳では無いのですが、またもやポイント⑤確保。待ち人を待つ間様子を見るが潮加減は良い感じながら当たりは出ず。
 1930頃にOpen6Eさん登場で、足場が良い確保しておいた⑤に入って頂き、私はすぐ左隣に陣取り再開。しかし一向に当たりが出ません。
 ちょっと飽きが来たので先端の様子を見に行く、筒の細長いのを揚げているエギンガーさんが居りましたが入れる余地無しで元に引き返す。幸い⑤は空き家のままだったが、左側に新たなエギンガーさんが入っておられたので、ポイント⑤にOpen6Eさんで私は⑦に入り再開。数投した所で着底寸前に違和感で合わせるもちょっと重たいだけなので海草かと思えばこんな奴が付いてました。

 いつもながら足がウニウニュとしてます。

ポイント⑧の近くに新たに入られたエギンガーさんにも筒の細長いのが出た様です。その直後にOpen6Eさんからメールです。何故にメール?で内容は「隣のエギンガーさん3バイ立て続けにキャッチ、全て抜き揚げしてましたが中の1つはアオリの様」「了解」を送り、私はパターンを変更でHPSJ3回を3セット立て続けでシャクり上げ、エギの向きを整える様にしばしテンションフォールの処で当たりが出て、軽く合わせをくれてフックUpでキャッチしたのはこのイカです。

 昨日のより随分小さい

その後もっと小さいのを1つ追加したものの本日もアオリは獲れずで、翌日はOpen6Eさんさんは早起きで渓流、私は仕事な事もありそこそこにて終了としました。

独り言 他人の釣果ですがアオリが出た模様、そろそろ始まったのかなと思わせるがどうだろう。それにしても海がベタな時は安全で釣りがし易いのだが何となく釣れる気が薄いのだがどんなもんでしょう。

タックル・データー
ロッド :カラマレッティー・プロト GOCPS-862MH
リール :ダイワ TZ-2500SC・ブリーデンWハンドル
ライン :ヤマトヨテグス ファメルSWスーパーPE0.8号
リーダー:グランドマックス 1.2号
エ ギ :エギ王Q3.5寸各色、アオQ3.5寸GT-4、2菱アワビ貼等


伊東市イカ類採捕禁止
参考資料

コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )


« 伊東港エギン... 河津川釣行(20... »
 
コメント
 
 
 
どもです (Open6E)
2008-05-07 11:47:15
お疲れ様です。

いやいや、ほんとにシブかったっすねえ。
その中でも時合いを捕らえてのケンサキ連続ヒット、お見事です。
嫉妬で狂いそうでした(笑)

今回はイカをやる時間があまりありませんでしたが、シーズン中にもう一回行けたらうれしいです。
 
 
 
これから、これから (部隊長)
2008-05-07 15:06:32
Open6Eさん

昨年よりは少し遅れていますが、伊東港のアオリイカはこれからです。

あれから私も行っていないので、もしかすると始まっているかも。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
春合宿2008 まとめ: ソルト編 (快楽主義的堕落生活)
さて、まずはソルトのまとめです。とは言っても初日の午後に2時間と夜に3時間半くら