ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

マクリントック

2018-08-28 | 映画 マ行


マクリントックは妻キャサリンに不貞を疑われ、家出されてしまっている。彼は富豪であり、人望もある。ある日、妻が町に帰って来て彼らの一人娘ベッキーの後見人に彼女の方がなること、離婚協諾書にサインをすることを迫った。その上、牧童に雇った男の母親ルイスの美しさに憑かれ、コックとして雇い入れたため、夫人は大憤激。折りも折り、東部の大学に留学中のベッキーが帰って来た。その同じ汽車でマクリントックの敷地で待っていたインディアンたちの指導者たちも降りたったが、州当局は退去を命じ、それに肯じなかったため、マクリントックの尽力にもかかわらず強制収容されてしまった…。

マクリントック 1963年/アメリカ/アンドリュー・V・マクラグレン





2回目の鑑賞です。
ジョン・ウェインのコメディ、好きですねー。
落ち着き払っていても、なぜだか微笑ましくて笑ってしまいます。
モーリン・オハラさんもとても頑張っていました。
あー、面白かったー!サイコー!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 暗幕のゲルニカ / 原田マハ | トップ | ミッション:インポッシブル... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 マ行」カテゴリの最新記事