ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

第88回アカデミー賞授賞式

2016-02-29 | 映画な話


始まりました!
今年はうちの老犬のお世話が最優先なので、これまでのようなリアルタイムとはいきませんが、とーっても楽しみです!

レオは今年こそ!ですね。
決まりだと思いますが、でもね、何が起きるか判りませんし、いやー、ドキドキします。
もし獲れなかったら、発表の瞬間の表情を見るのが辛いですね。

そして、スタローン!獲ってほしい!

そして、そして!シアーシャ・ローナン!
期待の子役が、期待通り立派な女優さんに成長した姿を観られるだけでも素晴らしいことなのに、ノミニーだなんて!
獲ってほしいけど、でも、どうかなー。

監督賞は、ジョージ・ミラーでしょうか。

作品賞は、私は、『ブルックリン』が観たいと思いました。
でもでも、『マネー・ショート』かなー?

今年は、誰が獲るか?のドキドキ感いっぱいのアカデミー賞です。
なーんて、どれも観ていないのに予想も何もないですけど…(笑)。



レッドカーペットは…、

ケイトとレオの2ショットが素晴らしい!
ケイトの感慨深げな表情はなんなんだろう?
タイタニックなんかに出なきゃよかったのにーっていつも思いますが、この2ショットを見るとなんとも言えないですね。

ガガの衣装、ステキ!

会計士のインタビューが1番面白かった!










作品賞
 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
 『ブリッジ・オブ・スパイ』
 『ブルックリン』
 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 『オデッセイ』
 『レヴェナント:蘇えりし者』
 『ルーム』
★『スポットライト 世紀のスクープ』

 ※なるほど、気になります。




主演男優賞
 ブライアン・クランストン『トランボ(原題)』
 マット・デイモン『オデッセイ』
★レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント:蘇えりし者』
 マイケル・ファスベンダー『スティーブ・ジョブズ』
 エディ・レッドメイン『リリーのすべて』

 ※よかった、本当によかった!嬉しい!ようやく解放されたんじゃないでしょうか。
  俳優としても人としても、タイタニックで沈むことなく立派に成長してくれて嬉しいです。




主演女優賞
 ケイト・ブランシェット『キャロル』
★ブリー・ラーソン『ルーム』
 ジェニファー・ローレンス『ジョイ(原題)』
 シャーロット・ランプリング『さざなみ』
 シアーシャ・ローナン『ブルックリン』

 ※この間観た『ショート・ターム』ともご本人とも、まるで別人。驚きです。スゴイ女優だ!




助演男優賞
 クリスチャン・ベイル『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
 トム・ハーディ『レヴェナント:蘇えりし者』
 マーク・ラファロ『スポットライト 世紀のスクープ』
★マーク・ライランス『ブリッジ・オブ・スパイ』
 シルヴェスター・スタローン『クリード チャンプを継ぐ男』

 ※ざんねーーーん!スタローン、まだまだ頑張れ!ってことですよ。作品に恵まれますように。




助演女優賞
 ジェニファー・ジェイソン・リー『ヘイトフル・エイト』
 ルーニー・マーラ『キャロル』
 レイチェル・マクアダムス『スポットライト 世紀のスクープ』
★アリシア・ヴィカンダー『リリーのすべて』
 ケイト・ウィンスレット『スティーブ・ジョブズ』

  ※黄色のドレスが可愛い♪デザインもステキ。




監督賞
 アダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
 ジョージ・ミラー『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
★アレハンドロ・G・イニャリトゥ『レヴェナント:蘇えりし者』
 レニー・アブラハムソン『ルーム』
 トーマス・マッカーシー『スポットライト 世紀のスクープ』

 ※わーお!スゴイですね。レオは大丈夫か…。ジョージ・ミラー、残念。




脚色賞
★『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
 『ブルックリン』
 『キャロル』
 『オデッセイ』
 『ルーム』




脚本賞
 『ブリッジ・オブ・スパイ』
 『エクス・マキナ(原題)』
 『インサイド・ヘッド』
★『スポットライト 世紀のスクープ』
 『ストレイト・アウタ・コンプトン』




撮影賞
 『キャロル』
 『ヘイトフル・エイト』
 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
★『レヴェナント:蘇えりし者』
 『ボーダーライン』




美術賞
 『ブリッジ・オブ・スパイ』
 『リリーのすべて』
★『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 『オデッセイ』
 『レヴェナント:蘇えりし者』




音響編集賞
★『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 『オデッセイ』
 『レヴェナント:蘇えりし者』
 『ボーダーライン』
 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』




録音賞
 『ブリッジ・オブ・スパイ』
★『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 『オデッセイ』
 『レヴェナント:蘇えりし者』
 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』




編集賞
 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
★『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 『レヴェナント:蘇えりし者』
 『スポットライト 世紀のスクープ』
 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』




作曲賞
 『ブリッジ・オブ・スパイ』
 『キャロル』
★『ヘイトフル・エイト』
 『ボーダーライン』
 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』




歌曲賞
 「Earned It」 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
 「Manta Ray」『レイシング・エクスティンクション(原題)』
 「Simple Song #3」 『ユース(原題)』
 「Til It Happens to You」 『ザ・ハンティング・グラウンド(原題)』
★「Writing's On The Wall」 『007 スペクター』

 ※ガガのパフォーマンスを観てしまったら、サム・スミスなんてね…。




衣装デザイン賞
 『キャロル』
 『シンデレラ』
 『リリーのすべて』
★『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 『レヴェナント:蘇えりし者』




メイク・ヘアスタイリング賞
★『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 『100歳の華麗なる冒険』
 『レヴェナント:蘇えりし者』




視覚効果賞
★『エクス・マキナ(原題)』
 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
 『オデッセイ』
 『レヴェナント:蘇えりし者』
 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』




外国語映画賞
 『大河の抱擁』製作国:コロンビア
 『裸足の季節』製作国:フランス
★『サウルの息子』製作国:ハンガリー
 『ディーブ』製作国:ヨルダン
 『ア・ウォー(原題)』製作国:デンマーク




長編アニメ映画賞
 『アノマリサ(原題)』
 『父を探して』
★『インサイド・ヘッド』
 『映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』
 『思い出のマーニー』

 ※プレゼンターは『トイ・ストーリー』のウッディとバズでした
  これって、当然、先にアニメーションをオーダーしていたはずだから、ディズニー?ピクサー?は結果を知っていた?
  ということが気になりました(笑)。




短編アニメ映画賞
★『ベア・ストーリー(原題)』
 『プロローグ(原題)』
 『サンジャイのスーパーチーム』
 『ウイ・キャント・リヴ・ウィズアウト・コスモス(原題)』
 『ワールド・オブ・トゥモロー(原題)』




短編実写映画賞
 『アヴェ・マリア(原題)』
 『デイ・ワン(原題)』
 『エヴリシング・ウィル・ビー・オーケイ(原題)』
 『ショック(原題)』
★『スタッタラー(原題)』




短編ドキュメンタリー賞
 『ボディ・チーム12(原題)』
 『チャウ、ビヨンド・ザ・ラインズ(原題)』
 『クロード・ランズマン:スペクトルズ・オブ・ショア(原題)』
★『ア・ガール・イン・ザ・リヴァー(原題)』
 『ラスト・デイズ・オブ・フリーダム(原題)』
 



長編ドキュメンタリー賞
★『エイミー(原題)』
 『カルテル・ランド(原題)』
 『ルック・オブ・サイレンス』
 『ニーナ・シモン~魂の歌』
 『ウィンター・オン・ファイヤー:ウクライナ、自由への闘い』




レオが全てを持っていったー!ですね。
授賞式全体が人種差別の話ばかりで、どっちが差別してるんだかワケわかんねーって思ってしまうほどでしたが(すみません…)、
短いスピーチで世界中に伝わった環境問題、レオの賢さを痛感しました。

モーガン・フルーマン、エンディングでクッキーをくわえてサッサと引っ込むのがいい!

ガガのパフォーマンスは、去年も素晴らしかったし、今年も素晴らしかったです。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラブストーリーズ エリナーの... | トップ | 博士と彼女のセオリー »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画な話」カテゴリの最新記事