ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

第89回アカデミー賞

2017-02-27 | 映画な話


うわー、やっちゃったー!アカデミー賞、初めての大失敗!『ビ・ビ・ビックリ』(笑)。

30年近く毎年見てきましたが、初めて見ました、信じられない大失敗!
いつもの流れできてるなーと思ったので『ラ・ラ・ランド』は意外だなーと思っていたら、
スピーチ中のステージ上でマーシャルがゴソゴソしていて、エマの顔が引きつって…、やっちゃった…の展開でした。
作品賞は『ラ・ラ・ランド』ではなくて『ムーンライト』。
封筒の渡し間違い…だなんて、信じられないですねー。
でも、結果、私が一番観たいと思ったのが『ムーンライト』と『LION/ライオン 25年目のただいま』だったので、満足です(笑)。

結局、前の日まで大騒ぎだったワリに、スピーチで差別問題に触れたのは差別されている側だけでした(プレゼンターと司会はあったけど)。
もっと政権に対して拒絶の意思表示をするのかなと思ったけど、スピーチはいつも通り感謝の言葉でしたし、
衣装はキンキラゴールドが目につきましたし、結局、そんなもんだなー、ということですね。

というワケで、今年は雰囲気悪いだろうなーと思っていましたが、いつも通りだったと思います。
パフォーマンスはオープニングのJTが盛り上げたくらいで、ララランドは地味。
スピーチはマハーシャラ・アリーとヴァイオラ・デイヴィス、短編ドキュメンタリーの『ホワイトヘルメット-シリアの民間防衛隊-』に胸を打たれました。
監督賞、作品賞は妥当と思われるので、あの大騒ぎはなんだったんだ!のいつも通りのオスカーでした。

来年は純粋に映画の力に感動したいのと、楽しいショーを期待したいです。
映画人は映画に全力を注いで下さい…と思いましたし、作品で映画ファンを満足させてこそ、オスカーに繋がるのだろうと思いました。
それにしても、大失敗!に全てを持って行かれました。
案外、これでヨシかもしれません(笑)。
あ!今年はセットが素晴らしかったなーと思いました。





作品賞
 『メッセージ』
 『フェンス』
 『ハクソー・リッジ』
 『最後の追跡』
 『ヒドゥン・フィギュアズ』
 『ラ・ラ・ランド』
 『LION/ライオン 25年目のただいま』 
 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
★『ムーンライト』




監督賞
 ドニ・ヴィルヌーヴ(『メッセージ』)
 メル・ギブソン(『ハクソー・リッジ』)
★デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』)
 ケネス・ロナーガン(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
 バリー・ジェンキンズ(『ムーンライト』)




主演男優賞
★ケイシー・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
 アンドルー・ガーフィールド(『ハクソー・リッジ』)
 ライアン・ゴスリング(『ラ・ラ・ランド』)
 ヴィゴー・モーテンセン(『はじまりへの旅』)
 デンゼル・ワシントン(『フェンス』)




主演女優賞
 イザベル・ユペール(『ELLE』)
 ルース・ネッガ(『ラビング 愛という名前のふたり』)
★ナタリー・ポートマン(『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』)
 エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)
 メリル・ストリープ(『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』)




助演男優賞
★マハーシャラ・アリー(『ムーンライト』)
 ジェフ・ブリッジズ(『最後の追跡』)
 ルーカス・ヘッジズ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
 デーヴ・パテル(『LION/ライオン 25年目のただいま』)
 マイケル・シャノン(『ノクターナル・アニマルズ』)




助演女優賞
★ヴァイオラ・デイヴィス(『フェンス』)
 ナオミ・ハリス(『ムーンライト』)
 ニコール・キッドマン(『LION/ライオン 25年目のただいま』)
 オクタヴィア・スペンサー(『ヒドゥン・フィギュアズ』)
 ミシェール・ウィリアムズ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)




外国語映画賞
 『ヒトラーの忘れもの』(デンマーク)
 『幸せなひとりぼっち』(スウェーデン)
★『セールスマン』(イラン)
 『タンナ』(オーストラリア)
 『トニ・エルドマン』(ドイツ)




脚本賞
 『最後の追跡』
 『ラ・ラ・ランド』
 『ロブスター』
★『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
 『トゥエンティース・センチュリー・ウーメン』




脚色賞
 『メッセージ』
 『フェンス』
 『ヒドゥン・フィギュア』
 『LION/ライオン 25年目のただいま』
★『ムーンライト』




撮影賞
 『メッセージ』
★『ラ・ラ・ランド』
 『LION/ライオン 25年目のただいま』
 『ムーンライト』 
 『沈黙 サイレンス』




編集賞
 『メッセージ』
★『ハクソー・リッジ』
 『最後の追跡』
 『ラ・ラ・ランド』
 『ムーンライト』




美術賞
 『メッセージ』
 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
 『ヘイル、シーザー!』
★『ラ・ラ・ランド』
 『パッセンジャーズ』




衣装デザイン賞
 『マリアンヌ』
★『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
 『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』
 『ラ・ラ・ランド』




メイク&ヘアスタイリング賞
 『幸せなひとりぼっち』
 『スター・トレックBEYOND』
★『スーサイド・スクワッド』




作曲賞
 『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』
★『ラ・ラ・ランド』
 『LION/ライオン 25年目のただいま』
 『ムーンライト』
 『パッセンジャーズ』




歌曲賞
 Audition(『ラ・ラ・ランド』)
 Can’t Stop the Feeling(『トロールズ』)
★City of Stars(『ラ・ラ・ランド』)
 The Empty Chair(『ジム/ジェームズ・フォーリー・ストーリー』)
 How Far I’ll Go(「モアナと伝説の海」)




録音賞
 『メッセージ』
★『ハクソー・リッジ』
 『ラ・ラ・ランド』
 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
 『13時間/ベンガジの秘密の兵士』




音響編集賞
★『メッセージ』 
 『バーニング・オーシャン』
 『ハクソー・リッジ』
 『ラ・ラ・ランド』
 『ハドソン川の奇跡』




視覚効果賞
 『バーニング・オーシャン』
 『ドクター・ストレンジ』
★『ジャングル・ブック』
 『クボ・アンド・トゥーストリングス』
 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』




長編アニメーション映画賞
 『クボ・アンド・ツーストリング』
 『モアナと伝説の海』
 『マイ・ライフ・アズ・ズッキーニ』
 『レッド・タートル ある島の物語』
★『ズートピア』




長編ドキュメンタリー映画賞
 『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』
 『アイ・アム・ノット・ユア・ネグロ』
 『ライフ、アニメイテッド』
★『O・J:メイド・イン・アメリカ』
 『13th 憲法修正第13条』




短編ドキュメンタリー映画賞
 『最期の祈り』
 『4.1マイルズ』
 『ジョーズ・ヴァイオリン』
 『ワタニ・ホームランド』
★『ホワイトヘルメット-シリアの民間防衛隊-』




短編アニメーション賞
 『盲目のヴァイシャ』
 『ボロウド・タイム』
 『ペア・サイダー・アンド・シガレッツ』
 『パール』
★『ひな鳥の冒険』




短編実写映画賞
 『エネミス・アンテリュールズ』
 『彼女とTGV』
 『サイレント・ナイツ』
★『合唱』
 『タイムコード』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« ブラックボード 戦火を生きて | トップ | ミスター・ノーボディ »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ちっぷ)
2017-02-28 00:12:18
まったく同意見です。
政治に口を出すことはそろそろやめましょうよ。
映画人らしい結果を見せて欲しいものです。
それにしても「ラ・ラ・ランド」×で、「ムーンライト」○には驚きました。
おはようございます (ちっぷ)
2017-02-28 05:33:08
ヴィオラ・デイヴィスはとても良かった。
スピーチはいつも通りでしたね。
私は『ラ・・ラ・ランド』が敗れて残念でした。   
ちっぷさんへ (izumi)
2017-02-28 09:12:39
政治思想は個人の自由なので全く問題ないのですが、アカデミー賞を利用するようなことはして欲しくないです。
せっかくの華やかで楽しくて感動的なショーなのに、あの場でトランプを引き合いに出して欲しくなかったです。

『ムーンライト』はどっちの意味でしょうねー?
純粋に作品が素晴らしくて…なのか、差別を意識したからなのか…。
いずれにしても私は観ていないので判りませんが(笑)。
これから観られるのが楽しみです。

ヴァイオラ・デイヴィスもマハーシャラ・アリーも感動的でしたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画な話」カテゴリの最新記事