ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

【サウンド・オブ・ミュージック】

2006-01-26 | 映画 サ行


見習い修道女のマリアは、お転婆が過ぎて外の世界へ送り出される。家庭教師となったマリアは、規律を重んじるトラップ大佐と、7人の子供たちに迎えられた。大佐は、亡くなった妻を思い出させることをすべて禁じ、音楽さえ許さない。マリアは、大佐の留守中に子供たちを山に連れ出し、歌う喜びを教える。帰宅した大佐は、子供たちの美しい歌声に胸を打たれ、再び、豊かな心を取り戻していった。やがて、マリアとトラップ大佐は互いへの愛を自覚するが、その頃、戦争が暗い影を落とし始めていた。

サウンド・オブ・ミュージック 1965年/米/ロバート・ワイズ


ぜ~~~んぜん長くなかったです、全く長さを感じませんでした。とても良い映画でした。
オープニングから「始まるぞ~~~!!」という感じが素晴らしいです。
綺麗な歌声に、なかなかチャーミングなストーリー(戦争の背景を除いて)。
あの男爵夫人も良い人でホッとしたし、結婚式ではシスターたちも祝福してくれたし、本当に観て良かったな~~と思いました。

そして、何より思ったのは、子供たちに必要なもの、それって、“笑顔” だな~としみじみ思いました。
もちろん、子供だけじゃなくて大人にも。
本当に笑顔って素敵で、大切なものだな~と実感しました。

あの~、ただ一つだけ気になったのですが、
ナチに追われるシーンは必要ですか? 明るく楽しいミュージカルだけではダメだったんでしょうか?
結婚式の後、オープニングで登場する美しく雄大な山でみんなで楽しく唄って踊って~~ではダメですか?
もちろん、無事に脱出できたので良かったのですが、残されたシスターたちのことを思うと、ちょっぴり切ないっていうか・・・。
あ、でも、戦争の影があったからこそ、音楽祭での『エーデルワイス』の大合唱に繋がるワケだから、やっぱり必要なんですね。
あのシーンは本当に感動的でしたね。いや~、歌のシーンはどれも文句なしですね~~~。
また観たいし、何回も観たくなるかもしれません。
あ~、楽しかった♪

コメント (12)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« ガール / 奥田英郎 | トップ | 【砲艦サンパブロ】 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人により違うので一概には云えませんが (アスカパパ)
2006-01-26 18:04:00
そうですね。「ミュージカルは楽しさが一番」なのは間違いないのですけど、、。



見た目にも豪華で食欲をそそる美味しい料理に、ちょっと隠し味を入れると更に美味しくなりますよね。

そのような隠し味を施したミュージカルを私は好みますもので、、。



この映画の場合は「反戦」です。

「ブリガドーン」というミュージカル映画も、スコットランド・ムードたっぷりの楽しいミュージカルなんです。

しかしラストで、「奇蹟」という隠し味を用意しています。こういうのが堪らないのです。私は。
隠し味が「ナチ」ですね。 (みー)
2006-01-26 21:28:44
去年暮れにやっと観れたこの映画。

観るまでは「3時間やしなぁ。時間に余裕がないとなぁ~」って躊躇してたけど、

観出したら時間のたつのを忘れたね!

ジュリー・アンドリュースの歌声は、

平和のシンボルだな。



そっか~。アスカパパさんのオススメ「ブリガドーン」、次借りてくっぞ!!

ジーン・ケリーも好きなのよ。
だいぶ昔に見た記憶が・・・ (にゃんちゅう)
2006-01-27 16:24:23
10年以上前に見たんですけど

内容は忘れてしまってて

ただ楽しかった記憶しかないんですう!

もう一度みたくなっちゃいました。



ホント見たい映画がたくさんありすぎて

悩む~
アスカパパさんへ (izumi)
2006-01-27 21:28:46
こんばんは~。

オススメ映画、確認させてもらいました~。タイトル、メモさせてもらいました。ありがとうございます!



『サウンド~』、この映画って、ミュージカルが苦手な人にも受け入れられるだろうなって思いました。

アスカパパさんも書いていらっしゃいましたが、ミュージカル特有の不自然さがないし、ストーリー性も高いし(これは隠し味のお陰かな)、何より、あの歌声には文句つけられませんよね~。

本当に綺麗でした~。



『ブリガドーン』、ぜひ観たいです~。WOWOWでは放送してくれないだろうな~。私もレンタルかな~~~。
みーちゃんへ (izumi)
2006-01-27 21:33:26
おお~、みーちゃん、元気かい?

あ、そっか、みーちゃんも最近だったんだね? ごめん、気付かなかった~~、っていうか、読んでると思うけど覚えていられなかった・・・。



楽しかったね~。綺麗だったね~~~。

そうそう、3時間っていうのはかなり迷うよね。でも、いざ観始めると、なんということでしょ~、時間が全く気になりませんでしたぁ~~~(笑)。

ホントだね~、ジュリー・アンドリュースの歌声は平和のシンボルだね。何回も観たくなるね~~~。



『ブリガドーン』、観てみたいよね~。楽しみだね~。
にゃんちゅうさんへ (izumi)
2006-01-27 21:37:39
こんばんは~。

にゃんちゅうさんはご覧になっているんですね~?

私、初めてでした!!

こういう時ってラッキーだな~って思います。こんな素敵な映画を初めて観られるなんて得した気分になったりしてね♪

本当に楽しかったです~。オープニングの空撮からしてワクワクしてきましたよ。

私も何回も観たくなりそうなので、にゃんちゅうさんも観よう!!



映画って、次から次と観たくなりますよね~。悩みますよね!
Unknown (baoh)
2006-02-09 16:12:46
こんにちは。

ホント素晴らしい映画でしたね~。「古い映画」「ミュージカル映画」ってことで今まで敬遠して見なかったことを激しく後悔してしまいました(笑



TBさせていただきますね。
baohさんへ (izumi)
2006-02-09 22:09:26
こんにちは~。

ようこそいらっしゃいました♪

TB&コメントありがとうございます。嬉しいです。



そうそう、そうなんですよね~、昔の映画だし、ミュージカルだし、おまけに長いし・・・って敬遠してました、私も!

後悔したのも、同じくです。

本当に良い映画でしたね~。

また観たくなります。
老若男女、が楽しめるミュージカル (SUKIPIO)
2006-07-01 14:45:15
こんにちわ

今後の励みになりますコメント、そして

T・Bをして頂きましてありがとうございました。最初でしたので躊躇致しておりましたが、是非にと思いT・Bさせて頂きました。



実は私もこの作品でミュージカルの見る観点が変わりました。

物語のメッセージ、音楽、場所、映像どれを取りましても、透明性と温か味が心に活き続けられます。とても素晴らしい作品だと思います。

SUKIPIOさんへ (izumi)
2006-07-02 08:08:22
こんにちは。

いえいえ~、本当に素晴らしい記事だったのでとても感心しました。

私なんて、読んで下さる方のことも考えず、全く自分勝手な感想を書いているだけなので、ちょっと反省してしまいました~。

尊敬です!!



この映画は本当に素敵ですよね~。

観て良かったな~って心から思いました。

何度でも観たくなりますよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 サ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

サウンド・オブ・ミュージック (アスカ・スタジアム)
これで何度目の鑑賞だろう。正月に放映していた「サウンド・オブ・ミュージック」をまた見た。それが何度見ても飽きない。見る度に新たな感動さえ感じる。製作後40年経っているのに、その色彩の美しいこと。冒頭の、白銀のアルプスを背に、緑成すザッツブルグの草原。歌う
サウンド・オブ・ミュージック(1964米) (趣味は映画鑑賞。)
監督:  ロバート・ワイズ キャスト:ジュリー・アンドリュース       クリストファー・プラマー        エリノア・パーカー  1938年のオーストリア、院長の命により厳格なトラップ家へ家庭教師としてやって来た修道女マリア。彼女の温かい人柄と音
何度でも見たくなる映画 ~サウンド・オブ・ミュージック~ (クレイマンのひぐらし日誌)
私が中学生のころ、音楽の授業でレーザーディスク(古い!)を鑑賞することが度々あった。印象に残っているのは「アイーダ」や「蝶々夫人」といったオペラである。クラシックが好きな一部の人間以外は皆良く寝ていたが、一つだけ皆が楽しんで鑑賞したものがある。それが、誰
サウンド・オブ・ミュージック (雑記のーと Ver.2)
「サウンド・オブ・ミュージック」を観た。 修道女見習いのマリアは、修道院では問題児だった。そこで院長は、マリアをトラップ大佐の家に送り、7人の子供たちの家庭教師とした。ト
『サウンド・オブ・ミュージック』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第35回『サウンド・オブ・ミュージック』こんな人にお奨め!「ミュージカル映画大好きな人、音楽を愛する人、明るい気持ちになりたい人」 今回紹介する映画は映画史にお
サウンド・オブ・ミュージック (自由空間)
サウンド・オブ・ミュージック 私が今までみた映画の中で一番といっていいほど好きな映画です。 主人公のマリアの悩む様、進んでいく様子に見ているだけで元気がでます。 そして子供たちとの交流。綺麗な恋のライバルの出現。反ナチの意思を貫く姿。非常に盛りだく
サウンド・オブ・ミュージック 「ザルツブルグを舞台の不朽のミュージカル映画」 (西洋と東洋の狭間)
トラップ一家の足跡 トラップ一家は実在の人物で、1880年にゲオルク・フォン・トラップはオーストリアに生まれる。1905年にはマリア・オーガスタ・クチェラがオーストリア、ウィーンに生まれる。生まれて直ぐに母を亡くしたマリアは父の手で親戚に預けられるが、そ ...
サウンド・オブ・ミュージック (英会話 個人指導します)
★★★★★ 何度でも観たくなる傑作ミュージカルです。 ジュリー・アンドリュースの伸びやかな歌声とおなじみの名曲の数々。 トラップ大佐とその婚約者、そしてマリアが織り成す珠玉のロマンス。 トラップ大佐とマリアの関係もいいのですが、個人的にはエレノア・ ...
サウンド・オブ・ミュージック(レビュー) (PANAの言いたい放題)
{{{ 1965年製作 米国 原題:The Sound of Music 監督:ロバート・ワイズ 出演:ジュリー・アンドリュース、クリストファー・プラマー、エレノア・パーカー WOWOW放送を視聴 }}} [http://blogs.yahoo.co.jp/pana0202/23457301.html サウン ...