ただの映画好き日記

観た映画と読んだ本の自分用メモ。

プリンセスと魔法のキス

2011-11-21 | 映画 ハ行


貧しくても愛情豊かに育ったティアナは、大好きな父と一緒に夢見たレストランを開くため、懸命に働く毎日を送っていました。ある晩、富豪の娘シャーロットが、ナヴィーン王子を招待して開いた舞踏会に、ティアナも出席します。すると、一匹のカエルが現れ、ティアナにキスをして欲しいと言います。自分は魔法で姿を変えられた王子だと言うカエルに戸惑いながらも、キスするティアナ。すると、今度はティアナまで・・・。

プリンセスと魔法のキス 2009年/米/ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ




楽しかったですね~。
ニューオーリンズという設定のお陰でイキイキとしたジャズが感じられたように思いました。
映像も音楽と一緒にイキイキとしていてとても綺麗でした。

お話としては、中盤、急にダレてしまって、この先がちょっと不安……なんて思ってしまったのですが、後半、楽しさ+気になる展開が待ち受けていたと思います。

蛍のレイが踏みつぶされてしまうのってどうなの?と思いましたが、レイの憧れの君・エヴァンジェリーンの隣で輝くというシーンの方が重要だったってことなんでしょうねぇ。

この記事についてブログを書く
« MAD探偵 7人の容疑者 | トップ | タイタンの戦い【1981年版】 »

映画 ハ行」カテゴリの最新記事