ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影

2014-03-24 | 映画 ア行


偉大なハンターである父親を探す旅を続けていたゴンとキルアの元に、クラピカの眼が何者かによって奪われたという衝撃的な知らせが飛び込む。果たしてこれは「幻影旅団」による仕業なのか?駆け付けたゴンたちは、一命を取り留めたクラピカから、信じられない言葉を聞く。クラピカの"緋の眼"を奪ったのは、クルタ族の一人だったというのだ。幻影旅団に滅ぼされたはずのクルタ族がなぜ?ゴンたちは友のため、残された情報を元に犯人を突き止めようと捜査を開始するがまさにその時、彼らの前に幻影旅団が立ちはだかる。そして思いがけない真実が告げられる。眼を奪った犯人は幻影旅団の元メンバー。その名は、オモカゲ。ヒソカが入団する前のNo.4。なぜ、奴が今、再び?クラピカ、幻影旅団、そして謎のNo.4の男・オモカゲ。絡まり合う復讐は、やがて思いもよらない方向へと展開していく。オモカゲの真の狙いとは?クラピカの隠された過去とは?激闘必至!宿命のバトルロイヤル!

HUNTER×HUNTER 緋色の幻影 2012年/日本/佐藤雄三





ハンターハンター、好きでした。
マンガも読んでいましたし、最初のテレビアニメも見ていました。グッズも集めたり…。
いつの頃からか、連載が休みになったり、画が物凄く雑になったり、話が進まなかったりと、こんなんで、プロとしてお金取れるよな~と憤りを感じた記憶があります。

そんなこんなで、久しぶりのハンターハンター。
昔のように楽しめる要素はあまりなく、対象年齢もあるでしょうが、友情、友情と、もっともなことを押し付け過ぎなのが不愉快に感じる程でした。
昔は、もちろん友情も濃かったけれど、まずは冒険がメインで、そして、ゴンの真っすぐな性格、諦めない気持ちなどがとてもキラキラとしていたと思うのですが、今回はお話の設定もあるとは思いますが、ちょっと方向が違ってしまったんだなと感じました。

ゴンは本当に素敵な男の子で、お父さんのことを知りたくて、ただそれだけでがむしゃらに頑張れる強くて真っすぐないい子なんですよぉ~。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 最高の人生の選び方 | トップ | ファイヤー・ウィズ・ファイ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 ア行」カテゴリの最新記事