ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い

2014-03-25 | 映画 ハ行


消防士ジェレミーが図らずも目撃してしまった殺人事件。それは、極悪非道なギャングのボス・ヘイガンによるものだった。刑事セラはジェレミーを守るべく証人保護プログラムを発動させた。が、ヘイガンは強固なセキュリティをものともせず名前と住む場所まで変えたジェレミーを執拗に追いかけ、その魔の手はジェレミーの最愛の女性、かけがえのない友達の命まで脅かし始めた。彼らを守りたい一心で決死の闘いを決意したジェレミーは葛藤しながらも“追われる者”から“追う者”へと劇的な変貌を遂げていく…。

ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い 2011年/アメリカ/デヴィッド・バレット






冒頭から思わず引き込まれてしまい、最後まで全く飽きずに観ました。
お話的には、先が読めてしまうというか、それしかないよね…という展開で、ラストももちろんそれしかないよね…なのですが、ですが、それでも面白く観ることができました。

ブルース・ウィルスですが、刑事役だっ!と思わず喜んだのですが、アクションはなかったですね~。
最近、こういう演技(寡黙?台詞が少ない?)がとても多いように思うのですが、この映画に関しては役柄に合っていたと思いました。

自分でなんとかしようっていう主人公がスゴイぞ!と思ったのですが、素人さんが何人も殺してしまって、その後の人生観は大丈夫なのだろうか?と心配になってしまいましたが、余計なお世話、ですかね.(笑)。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色... | トップ | SAFE/セイフ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 ハ行」カテゴリの最新記事