ただの映画好き日記

観た映画と読んだ本の自分用メモ。

【キング・アーサー】

2006-01-07 | 映画 カ行


ローマ帝国の栄華に陰りが見え始めた時代。ローマのために数々の武勲を立ててきたアーサーと円卓の騎士たちは、15年間の兵役を終え、それぞれの故郷に帰ろうとしていた。だが教皇の権威を振りかざす司教は、彼らの兵役解除と引き替えに、ブリテンに住むローマ人貴族を救出せよという予定外の任務を命じる。ブリテン地方は、森に潜むゲリラ軍ウォード、新たな侵略者サクソンの三つ巴の戦乱にさらされた危険な地域だった。それでもアーサーと騎士たちは、今度こそ自由を得られると信じて最後の任務へ出発してゆく…。 (goo映画より)


キング・アーサー 2004年/米・アイルランド/アントワン・フークア



アーサー王ってこんなんだったんだ??ってのが正直な感想。
世界中、血の流れていない場所って、ホントにないんだな~。なんだかな~。

それほど長く感じなかったのと、『トロイ』より良かったかな~と思った。
氷上のシーンはドキドキしたしね。

グィネヴィア役のキーラ・ナイトレイ、最近、顔つきが意地悪っぽいぞ!!だんだん苦手な女優さんになってきた・・・。



コメント (6)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 【2001年宇宙の旅】 | トップ | 【十戒】 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
劇場でみた~ (hiro)
2006-01-08 18:59:31
お邪魔しま~す。

騎馬武者姿のアーサーはカッコよかったです。でも・・・王の為に死んでいった人たちが可愛そうでした。王だけがラブラブで終わるなんて(TT)ノ~
hiroさんへ (izumi)
2006-01-08 22:39:02
こんばんは~~。

そうそう、ナイト~~って感じでカッコ良かったですね。

グゥイネヴィアは寒そうだった・・・。

あ~、うんうん、仲間の騎士の事ですね?

15年一緒に苦しんだ仲間であり、尊敬できるリーダーだったって事なんでしょうね。

ラスト、そうでしたよね~、ラブラブでしたねぇ。うむ。
ちょっぴり辛口 (アスカパパ)
2006-03-06 17:01:27
私は歴史物が好きなので、この種の作品はよく見る方です。

たとえ史実と違っていたとしても、楽しければそれで一応の満足はするのですが、、。

どうしても欲が出てくるのが私の悪い癖。

少しぐらいは、感動するところがあったら、いいなぁ。と、思ってしまいます。
アスカパパさんへ (izumi)
2006-03-06 22:39:45
こんばんは~。

歴史もの、面白いですよね~。

おお~、なるほど~。私は歴史は(も??)弱いので特に違和感なく・・・、でした(笑)。そんなもんかと・・・。

あ~、感動はぜひ欲しいですね~。どうしてもスペクタル~~一色になってしまいがちですかね~。

この『キング・アーサー』は『トロイ』のブラピとは違って、俳優のカリスマ性が薄かったので、逆に『トロイ』よりは良かったと思いました。

あと、もう1作、なんでしたっけ? 他にもありましたよね、去年って。うっ、思い出せない。
あと、もう1作ですけど・・ (アスカパパ)
2006-03-10 21:18:11
もしかしたら『ヴァン・ヘルシング』ではなかったですかね?

でも、これって歴史ものかな?!?

ドラクリアス伯爵の言によれば「1462年に没し1422年に生まれた」らしいから、こじつけの歴史ものとしておきましょうか。

もし、izumiさんが思って居られる映画でなかったら、御免なさい。
アスカパパさんへ (izumi)
2006-03-12 11:32:10
こんにちは~。

あ、調べてみました、コリン・ファレルの『アレキサンダー』でした。

私の中で、この年3本の歴史スペクタクルって印象だったんです。

えへへ、お騒がせしちゃいました。すみません。



『ヴァン・ヘルシング』、観ていないと思うのですが、どうでしたか?

あ、今、自分のブログを調べたら観ていました・・・。

覚えていなかったのも当然で、それなりの感想でしたぁ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 カ行」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

キング・アーサー (いつか深夜特急に乗って)
「キング・アーサー」★★★★(DVD) 2004年アメリカ 
【映画】キング・アーサー ディレクターズ・カット版 (REAL LIFE)
出演:クライヴ・オーウェン、スティーブン・ディレイン、    キーラ・ナイトレイ、ヨアン・グリフィズ、    ステラン・スカルスゲールド、レイ・ウィンストン、    ティル・シュヴァイガー 監督:アントワン・フークア 2004年製作のアメリカ映画です。 また
キング・アーサー (アスカ・スタジアム)
 アーサー王に関する映画は、過去にも『円卓の騎士(1953年)』や『炎と剣(1954年)』等を見ている。さすが伝説的人物である。前者の作品では、イギリスの王アーサーの死後、王妃グウィネヴィアは尼となり、ランスロットがアーサーの意志を継ぐ。  新説を唱えるこの映画は、
キング・アーサー…ジャンル的に好きじゃなければ駄作? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
世間はワールドカップ{/soccer/}熱{/soccer/}ですが、関係無い私です。 今、一応鑑賞中{/tv/}だったりもしますが{/face_ase2/} {/hikari_pink/}{/hikari_blue/}{/hikari_pink/}{/hikari_blue/}{/hikari_pink/}{/hikari_blue/}{/hikari_pink/}{/hikari_blue/}{/hi ...