ただの映画好き日記

映画や本の感想です。
たまに音楽やドラマも。

オレゴン魂

2019-01-09 | 映画 ア行


大酒飲みで片目の保安官コグバーンは、犯罪者を逮捕せずに殺してしまう事からその任を解かれる。しかし、悪漢ホーク一味によって騎兵隊が皆殺しにされ運搬中のニトログリセリンが盗まれるという事件が発生!その逮捕を条件に再びバッジを受け取る。だが追跡行の中、ホーク一味を仇とみなす宣教師の老婦人ユーラとインディアンの少年と出会い、旅を共にすることとなる。

オレゴン魂 1975年/アメリカ/ スチュアート・ミラー





『勇気ある追跡』の続編のようです。
ジョン・ウェインとキャサリン・ヘプバーンの掛け合いが楽しかったです。
特に、タジタジのジョン・ウェインがサイコーでした。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« マーシャル 法廷を変えた男 | トップ | コレクター 暴かれたナチスの... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 ア行」カテゴリの最新記事