いやしの里

現代医療や薬や手術に頼らず、リスク無で免疫力と体質改善で
重い病気を根元から回復、さらに病気知らずの体を目指すブログ

市販の発酵食品=生きた乳酸菌ではない?

2018-12-27 23:47:31 | 活性酵素乳酸菌
「ポチ!」してくれたらうれしいです
下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします
どのバナーをクリックしても自動的に分散投票になります
クリックしたジャンルのランキングを表示いたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング


発酵食品が

体に良いことは

多くの人が

知っていることでしょう


ところが市販の発酵食品は

ほとんどが死滅しています


生きていても弱っているので

なかなか腸まで届いても

活躍をしてくれません


つまり市販の発酵食品では

単なるイメージで

あることが多いのです


いやしの里の

乳酸菌が元気よく

生きていることに

こだわっているのは

生きた状態で

腸で活躍して欲しいからです


市販の乳酸菌

実は昔はちゃんと

生きていました


生きた乳酸菌ならば

日にちが経てば

酸っぱくなります


また常温で放置しても

腐らないがその証なのです


でも今市販の発酵食品は

全て冷蔵

さらに置いても

酸っぱくなりません


今のヨーグルト

賞味期限まで来ても

酸っぱくならないと

思います


酸っぱくならない上に

腐ってしまいます


つまり乳酸菌が

生きていないことを

意味します


いやしの里の乳酸菌類は

一応要冷蔵と

書いています


でも実際は常温で

保管できます


冬場なら冷蔵庫に

入れる必要もありません


なぜ「要冷蔵」を

勧めているかと言うと

常温だと発酵して

容器が膨張して爆発するからです


そしてすごく酸っぱく

なるのです


これが本当の発酵食品です


こうなるから

市販の乳酸菌は殺してから

販売している最大の理由です


流通の保管延長が

最大の理由です


もう1つは

生きた乳酸菌は

本当に体をよくするからです


それでは困る人が

多いも理由かも

しれません?


甘酒なども本来

生きていたのですが

生きた甘酒を売っている

ことはほとんどありません


生きたまま売るとしたら

冷凍にしなくては

なりません


これは大変コストが

かかります


このように市販は発酵食品は

基本殺菌されて

販売されています


あるいは生きていても

その数は少なく

つまり減菌されているのです


あるいは仮死状態に

させています


そのことを

良く知って

その味を楽しむことに

しましょう

「ポチ!」してくれたらうれしいです
下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします
どのバナーをクリックしても自動的に分散投票になります
クリックしたジャンルのランキングを表示いたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング

*納豆は本来の納豆菌でないもので
 できているそうです
 そのため本来の納豆菌n効能(抗がん効果など)
 が失われているそうです
 本物の納豆菌で作ると価格は
 1人前で1500~2000円くらいに
 なるようです
*商品によっては
 生きている比率が高いものも
 あります

『うれしい』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 農産物セット(概略) | トップ | 健康の目標を立てよう! »
最近の画像もっと見る

活性酵素乳酸菌」カテゴリの最新記事