いやしの里

手術、西洋医学医療や薬を使用せず、免疫力と体質改善で
重い病気を根元から回復、病気予防と病気にならない体を目指すブログ

適正なばい菌の役割

2018-03-08 23:59:57 | 根元から病気を何とかしたい人へ

ポッチ! で皆さんにも本物の健康情報を!
お読みいただけましたなら、下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング


体に侵入してくる

ばい菌は多すぎれば

それに負けてしまうことが

ありますが


実は適正なら

体はどんどん丈夫に

なるのです?


そういうと??

と思う人が多い事でしょう


人間は抵抗力を作って行くには

その相手が必要なのです


少数のばい菌や敵と出会う事で

それに対する抗体が

その都度作られる仕組みです


インフルエンザでもほぼすべて

タイプが違うので

予防接種が意味がない理由と

なっています


つまり相手ごとに毎回その都度

免疫力が強化されて

行く仕組みになっています


ですから、ばい菌や病原菌は

種類が豊富で、少量というのが

最も理想的です


近年、衛生的になっているのは

一見悪い事ではないのですが


実は適正なばい菌が

いないと抗体が作れず

人間は体が弱くなります


人間は経験が大事だとも

言えるのです

つまり応用力がつくとでも

いうのでしょうか?


人間は経験豊富な人ほど

生き方もうまくなりますが

病原菌に対しても実は

同じと思いましょう


腸の中は善玉菌(乳酸菌)と

悪玉菌(腐敗菌)が

住んでいますが、悪玉菌が

いなくなると善玉菌の

活動も衰えてしまいます


悪玉菌はたくさんいると

人間は血液が汚れ

病気の引き金になりますが

少しは住んでいないと


善玉菌が戦う相手がいなくなり

結果体が弱くなるのです


少しはいてくれないと

体が強くなれません


また皮膚には

たくさんの種類の防衛細菌が

住んでいます


これがばい菌が皮膚につくと

戦ってくれてばい菌が体内に

入り込むのを防いでくれて

いるのです


清潔が大事だと

あまりにも皮膚を洗いすぎると

この防衛細菌が流されて

あるいは殺されてしまいます


強力な化学洗剤が体に

悪い理由の一つに

この防衛細菌が死んでしまうから

なのです


体は無添加の昔からの石けんで

汚れや汗を軽く洗い流す

程度にしましょう


このようにばい菌は実は

役割があるのです


悪役が世の中にいないと

正義が主張できない

世の中の仕組みと似ています


殺菌に夢中になり

細菌をすべて殺してしまうと

むしろ体は弱くなり

病気になりやすくなって

しまうのです


適度にばい菌と共生して

丈夫な体を作って

行く事も

健康を作る方法の一つなのです


健康を願いながら 一緒にポッチお願いします! 
お読みいただけましたなら、下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (3B/5)アトピー,ネフローゼ,... | トップ | シミ、ソバカスを消す »
最近の画像もっと見る

根元から病気を何とかしたい人へ」カテゴリの最新記事