おかあの育児奮闘記

子育て・・・じゃなく、子供に育てられていくおかあの私生活を一挙大公開!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お話の結果。

2009年08月30日 22時15分55秒 | 日記
先生からのお話は予想通り、悪いやつが18.3%
まで、増えてきており、1週間待ってもGVHDらしきものは
出ていないので、ここはスパっと切り替えて、
次の移植に向けて動き出しましょうということでした。

先生の説明によると、生着はしたけれど、
お兄ちゃんの細胞と元も悪い細胞の場所の取り合いみたいなもんで、
元の悪い細胞がどんどん増えていき場所を占領していって、
お兄ちゃんの細胞が働けない状態になったみたいです。

移植をすれば・・・って思っていたのにねぇ。

とりあえず、移植までにまた「寛解」の状態(悪い細胞を少ない状態)
にまでしないといけないので、火曜日か水曜日あたりから
抗がん剤治療に入るとのことでした。

また1からのスタートです。

移植の方法は、一番近い金沢の病院の先生と主治医の先生が
相談したところ、「さい帯血移植」が今のおとうに一番ベスト
だということで、今のところこれが濃厚ですが、
名古屋の病院にもセカンドオピニオンを聞きにいこうかと
思っていますが、予約を取るのが時間がかかるようであれば、
金沢だけ聞きにいこうと思っています。
金沢の病院は9月の半ばに予約がとれました。
おとうは治療に入っているため行けないので、おかあ、
がんばって行ってきます
(金沢といえば、まーママさんよろしくです

おとう的には、再移植までに、お兄ちゃんのリンパ球
などを使った治療をしていくなど、なんだかの治療を
はさむと思っていたので、再移植をしなければいけないということに、
かなり動揺して、泣いちゃってました・・・

おかあ的には、すでに切り替え済みなので、
自分でもびっくりするくらい勇ましく、
おとうをなぐさめていました

とにかくまた壁を乗り越えなければいけないんです!家族のために


コメント (6)